住友商事と学歴フィルター、大学名は選考に影響するのか!?

住友商事において、「学歴フィルター」は新卒採用に存在するのか。総合商社だと、難関大学を出身校としている社員が多いイメージが強いが、大学名は選考で有利・不利になることは多いのだろうか。




大学別の実績を掲載しているウェブサイトを見てみると、住友商事では東大・京大をはじめとする旧帝大、私立だと慶應・早稲田・上智といった難関大学が多い。上位レベルの大学の学生に重点的に内定を与えているような感覚が出てくる。

大手企業では、難関大学の学生に対して多くの内定を出している一方、偏差値が低い大学に所属する学生は避ける例が多い。総合商社は特にこの傾向が見られる。

住友商事においても、大学別の採用実績と人数のデータが公式に発表されていないものの、学歴フィルターの傾向があると否定することはできない。

学歴フィルターの基準とは?

学歴フィルター

住友商事の採用実績校を見ると、国公立大では東大・京大・北大・東北大・名大・阪大・九大の旧帝大、東工大・一橋大・神戸大・筑波大のような難関大学の名前が挙げられる。私立では、早稲田・慶應・上智が目立つ。

それ以外にも、地方の国公立大、MARCH、関関同立クラスの私立大が見られる。こちらも、少なからず採用しているようだ。

しかし、学生の総数から考えるとそう多くはないように感じる。都市部であれば、ほとんどの人が知っている私立大学だが、以外と少ない印象が強い。

中堅大学といわれる日東駒専や産近甲龍クラスの大学になると、一気に少数派になるようだ。この辺りは、最も学生数が多いところに入るが、住友商事をはじめとする総合商社では少ない。

したがって、住友商事の選考で有利になる可能性が高いのは、地方の国公立大とMARCH、関関同立クラスの私立大学がボーダーラインと考えられる。

これら以上の偏差値の大学に所属しているのであれば、書類選考の段階で大学名が不利に働く可能性が薄い。



面接からは人物重視

ただし、学歴フィルターの条件があると考えられるのは書類選考の時に限られるだろう。面接に進むと、今度は人物面が重視されると考えた方が良い。

面接に行けた時点で、もうそこからは高学歴の学生の中での内定を争う戦いとなる。東大・京大であっても地方の国公立大であっても、学力の部分は関係なくなる。

いくら所属する大学名のネームバリューが強く、偏差値が高いといっても、人物面で住友商事にとって好ましいものでなければ、あっという間に不採用となる。

1次面接に進んでも、その時点では内定がもらえる人よりも不採用となって落とされる人の方が多い状態である。学習能力があり、なおかつ社会性が高くて、会社側が雇いたいと思われる学生だけが入社できるほど難易度は高い。

学歴フィルターが不利に働くことは、書類選考ではあるかもしれないが、面接では少なくとも有利になることはない。

おすすめ記事