九州新幹線の自由席の混雑レベルとは!? 空席はどれくらい?

九州新幹線の自由席はどのくらい混雑するのか。博多~鹿児島中央間のみずほ・さくら・つばめでは、それぞれ空席は途中駅でもあるのか。平日と休日それぞれの状況について取り上げる。




九州新幹線といっても、みずほ・さくらの2種類は、博多駅から山陽新幹線へ直通している。通しだと、新大阪~鹿児島中央間で運転されていることになるため、博多駅も途中駅ということになる。

つばめは各駅停車型の種別で、九州新幹線内だけで運転される。山陽新幹線へはまったく乗り入れない。博多駅は常に始発駅である。

九州新幹線の自由席の混雑レベル

自由席はどの種別でも1~3号車が割り当てられている。混雑する時間帯になると、指定席よりも自由席が真っ先に満席となる。

みずほ・さくらはすぐ満席になる

同じ九州新幹線でも、通過駅が設定されているみずほ・さくらでは、自由席が混雑しやすい。満席となって空席がゼロになることが頻繁にある。

下りの場合、博多駅を出発する時点で自由席が一杯になる。土日祝日の休日では、1日を通して自由席が満席またはそれに近い状態となる。

平日は、自由席でもそれほど混雑はしない。ただし、A席とE席は必ずといっていいほど埋まると考えてよい。途中駅だと、B・C・D席のいずれかしか空いていないケースが少なくない。

人が移動する朝と夕方では、平日としては混雑する。みずほ・さくらでは、新大阪方面と行き来する人が多い以上、自由席で窓側の席を見つけるのは難しい。

山陽新幹線

上りの場合、みずほ・さくらのいずれも始発駅の鹿児島中央の時点では、発車しても自由席に空席が残っていることが多い。行楽地へ行く人が多い土日祝日の休日でも、上りは途中駅で混雑していく。

ただし、鹿児島中央の次の大きな主要駅である熊本駅に到着すると、自由席へ多くの乗客が乗ってくる。休日はここでほぼ満席となる。閑散としている平日も、多くの座席が埋まる。

混雑する時間帯に九州新幹線に乗る場合、速達型のみずほ・さくらに乗るのであれば、自由席は避けたい。指定席を取ることをおすすめしたい。




つばめは自由席でも空いている

一方の各駅停車の種別であるつばめでは、自由席でも空席が空いていることが多い。全体的に混雑しやすい土日祝日であってもつばめだけは空いていることがほとんど。

自由席も空席がある列車が多い。上りも下りも、始発駅なら並ぶことなく座れるだろう。途中駅であっても、自由席の空席がゼロとなることはそれほど多くない。

つばめの自由席

満席となるのは、行楽シーズンの中でもピークの時間帯に限られる。本当に乗車率100%を超えるのは、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆の時期くらいではないか。

なお、つばめ号に割り当てられる800系という車両は6両編成となっている。そのうち、自由席は1~3号車となっているため、半分は自由席というわけだ。

8両編成で運転されるみずほ・さくらと比べると自由席の比率が大きいのがつばめの特徴である。

おすすめ記事