東武アーバンパークラインの柏~船橋複線化で急行も延伸か!?

東武野田線(アーバンパークライン)では、現在単線の部分の複線化を進めている。六実~逆井間の工事が2019年を目途に完成する予定となっている。これができると、柏~船橋間は完全な複線となる。




複線となると、今よりもさらに列車を増発できる。そうなると、急行の運転が始まるかもしれない。

現時点では、急行が通過駅の設定を設けている区間は大宮~春日部間に限られている。

東武野田線の急行

春日部以東は各駅停車と同じ状態になっている。その理由とは、単線区間が混在しているからだといわれている。

単線だと、上下線のどちらかの方向へ進む列車しか一度に走れない。各駅停車だけで線路容量が限界に達している。通過駅のある急行を運転できるほどの余裕はまったくない。

複線化が完了すれば、線路容量に空きが出る。そうなると、今の各駅停車の本数を維持しながら、さらに急行の運転もできるようになる。



柏~船橋間は急行なしかも?

ただし、大宮~春日部間のような積極的な急行運転が行われるかどうかはわからない。複線化で余裕が出た分はすべて各駅停車の増発に留まる可能性も高い。

柏~船橋間では、同じ東武アーバンパークラインであっても大宮側とは違って近距離利用者は大きな割合を占めている。

大宮~春日部の場合、2都市間を通しで乗る人は一定数いる。途中駅を乗り降りする人もいるが、通過する人もかなり多い。大宮駅から春日部駅で東武スカイツリーラインへ乗り継ぐという人も多い。

一方、船橋側ではそうではない。船橋駅から柏駅まで行って常磐線へ乗り換えるという人はそう多くはない。逆に柏駅から船橋駅まで行き、そこでJR総武線や京成線へ乗り換えるという人も多くはない。

沿線の小さな駅から船橋駅まで行き、JR線へ乗り換えて都心方面または千葉方面へ向かうという人が圧倒的に多い。

東武アーバンパークラインの中で、朝ラッシュの時間帯で最も混雑するのは新船橋→船橋間である。乗客の数自体は多いのだが、あまり長い距離は乗らない人が多い部分なのも間違いない。

おすすめ記事