ソニーの新卒採用の倍率、全体では50倍くらいが目安か!?

ソニーの新卒採用の倍率に関して、大卒・院卒向けの就職では50倍程度の競争となるのではないか。製造業の中でも経営が安定している会社のため、人気が高い。




近年は、日本国内のメーカーはアジア系の新興企業の躍進で苦戦を強いられているところが多い。しかし、ソニーに限ってはそのような状況がまったくといっていいほど見えない。

順調に利益を上げられていることから、新卒の採用でもソニーへの入社を希望する学生が多い。

ソニー

文系向けと理系向けの採用があり、倍率も実際には両者で違ってくる。ただ、全体的に見れば50倍が1つの目安となると考える。

なお、ソニーをはじめ製造業ではどうしても理系の採用人数が多い一方で、文系向けの職種は少ない。それに伴って、事務職の難易度が高い傾向にある。

理系の倍率は30倍くらいか

理系の学生であれば、基本的には技術系の職種に応募することとなる。そして、採用人数が多いのもこの技術系のコースである。

ソニーでは全体で約300人ほどの人数を採用している。内定者もそれとほぼ同じくらいの数になるだろう。

理系の倍率

技術系はその中の200人程度である。3分の2は理系向けの募集というわけだ。製品の開発や設計に携わる人が必要になるため、このように技術職が中心となっている。

その一方で、技術系の職種へ応募するのは工学部などの学部学科に所属する学生が大半である。仕事内容に関連する分野に携わってきた人が求められているためだ。

ソニーでは技術系も事務系も全学部全学科を対象としているが、実際には理系の中でも工学系の勉強をしてきた人が内定の根拠となりやすい。

特定の学部に所属する学生同士で内定を競うこととなるため、倍率も比較的低い水準に収まる。




事務系は70~100倍に達するか

事務系の募集では、主に文系学生が応募者の中心となる。事務職では、専門的な知識を必要とはされないことから、学部学科はまったくといっていいほど問われない。

誰でも応募できる条件となっている一方、倍率は大きくなる。事務職に限定すれば、70~100倍くらいが倍率の目安となるのではないか。

文系の就職の難易度

公式なデータは発表されていないものの、知らない人はいないほど大手企業であり、経営状況も良好で安定していることから、競争もこれくらいになると考える。

倍率はかなりの高い数値となることには変わりない。内定を獲得できるのは、ソニーにエントリーシートを提出した応募者の中のほんのわずかな学生のみだ。

なお、文系も理系も製造業界においては、ソニーは倍率のトップクラスに入る。最人気クラスの会社であるからこそ、入社したいと考える学生が多い。

おすすめ記事