富士通の新卒採用の倍率=約30倍!? 難易度はやはり高いか?

富士通の新卒採用の倍率は毎年約30倍程度となっている。理系・文系ともに募集を行っているが、難易度はやはり高い。内定は決して簡単に獲得できるものではないのは確かではないか。




新卒での採用人数はすべての職種を合わせて500名ほどで毎年推移している。そして、職種は「営業」、「システムエンジニア」、「開発」、「研究」、「事業スタッフ」の5つに分かれている。

どちらも募集要項では全学科全学科となっている。ただ、専門職となるとどうしても理系がメインとなっている。

やはり理系が強い

富士通

富士通は総合エレクトロニクスメーカーということで、情報や工学系の学部学科に所属する学生が有利になる。

中でもシステムエンジニアや開発、研究といった職種では、これらの分野に携わってきた人を採用したいと企業側も考えている。

表面的には全学部全学科となっているものの、実際には圧倒的に理系を対象とした採用になる。

そのため、約30倍という倍率という中でも理系なら実質的な難易度はそれより低くなるだろう。

一方で文系だと、どうしても理系よりも不利になりやすい。営業や事業スタッフという職種ではメインだが、採用人数が技術系よりも少ないことから、難易度は理系より高い。

それに伴って、文系の学部学科に所属する学生にとっては高い競争となる。




なぜ倍率が高くて人気なのか?

富士通は総合エレクトロニクスメーカーのみならず製造業としてもトップクラスの企業に分類されている。IT関係のメーカーでもあることから、業界としても経営が安定している。

最近は国内では事業が良いというわけではないものの、新興国への事業展開を活発的に行っていることから、企業全体として成長し続けている。

そんな事情から、就活中の学生からも人気企業という形となっている。大手企業で誰もが知っている会社でもあり、応募者が殺到する要因が多いのは確か。

倍率が高い新卒の就活市場

全学部全学科を対象としているため、不特定多数の応募が集まりやすい環境となっているのも、倍率が高い根拠となっている。

また、待遇の面でも充実している。完全週休二日制であり、土日はほぼ休みである。年間休日も124日ということで、ホワイト企業の基準を満たしている。

休みがない会社が今の時代でも少なくない中で、完全週休二日制・年間休日120日以上という条件が整っている点は、学生が重視する内容の1つだろう。

おすすめ記事