日産自動車に学歴フィルターはあるか!? 就職に大学名は重要?

日産自動車の就職事情に関して、採用の選考で学歴フィルターは存在するのか。大学名だけでES審査や面接で有利になったり不利になったりする傾向はみられるのか。




新卒採用の世界では、大手い企業を中心に出身大学によってランク付けされることはあるようだ。かつては強い学歴社会だったが、近年は人物重視に変わりつつある。

日産自動車も自動車業界大手3社の1つということで、そのような傾向が見られていた。

昔からの人気企業のため、倍率が高くて内定をめぐる戦いが激しいのは今も昔も変わらない。

直接的な学歴フィルターはない

日産自動車

日産自動車では、新卒の採用の分野でも最近はグローバル化が進んでいる。日本国内の大学生や大学院生を狙っているだけでなく、海外の人材獲得にも力を入れている。留学生にも目を向けている。

かつてのような偏差値の高い有名な難関大学にだけ視点を向けていた傾向はもう見られない。

そのため、東大・京大のような旧帝大や最難関私立の早慶上智に所属する学生だからといって有利になるわけではない。

出身校に高いネームバリューがあっても、日産で内定をもらえるとは限らない。書類選考や面接で不採用になる確率は小さくは決してない。

学歴フィルターは文系でも理系でもともにあてにならない。この点で、難関大学の学生にとってはメリットがないかもしれない。




内定者は高学歴が多い

ただし、内定者の大学を見ると有名なところが多い。偏差値が高くて入試で合格するのが難しい学校が大きな割合を占めている。

中堅以下の大学からの人もゼロではない。Fランクと言われる私立大学を出ている例もあるのは否定できない。

学歴フィルター

しかし、各大学に所属する学生数から考えると、どうしても日産自動車へ入社した人の出身大学別だと入るのが難しいところが多く目に入る。

無名な大学を出ている人は少数派であることは否定できない。間接的には学歴フィルターと受け止めることもできなくはない。

大手企業で経営が安定した会社だと、どこでも見られる傾向だが、採用のグローバル化を推進している日産自動車に関しても例外ではない。




なぜ学歴フィルターの結果に?

なぜ大学名でふるいにかけていないはずなのに、実際に内定をもらっているのは有名校出身者ばかりなのか。

その理由は選考での実力にあると考えられる。学力の高い人はそうではない人よりも、ESの内容や面接での受け答え、持っておる能力やスキルの質が高い。

偏差値が低い大学に所属する人でも、高い実力を持っている人は存在する。しかし、割合的には少ない。

統計的に見れば、難関大学の学生の方が全体的なレベルが高い。そのため、就職倍率が高い日産自動車へ入社できる人も高学歴の人が多くなっているのだろう。

おすすめ記事