自動車業界への就職で「学歴フィルター」はどのくらい潜在する!?

自動車業界において、大卒及び大学院卒向けの新卒採用で大学名はどれくらい重要なのか。ESによる書類選考で自分が所属する学校名は大きく考慮されるのか、それともまったく関係ないのか。




大学の偏差値やネームバリューだけで合否が決まるシステムを「学歴フィルター」と一般的に呼ぶ。

特に大手企業では大量の応募を効率的に振るいにかける手段として使われているケースがかなり多いようだ。

学歴フィルターの有無に関しては、業種による違いはあまり見られない。製造業でも大きいところだと存在するだろう。そして、自動車会社もその例外では決してない。

トヨタ・日産・ホンダは?

学歴フィルターがあるトヨタと日産

自動車会社の中でも特に大手に分類されるのが、トヨタ自動車・日産自動車・本田技研工業の3社である。

いずれも就活をしている学生の間ではかなり人気が高い会社である。毎年欠かさず新卒採用を実施しているが、例外なく倍率が高い。

応募者数は1社で数千人にも及ぶ。そのため、選考を効率的に実施するために大学名が考慮されている可能性がある。

中でもトヨタ自動車に関しては、社内でも学閥のような存在があるといわれている。明確な派閥ではないものの、簡易的な集まりはある。

また、正規の選考ルートとは別にリクルーター制度もある。特定の人に電話が裏ルートでかかってきて、個別に面談を何回か行われる。

リクルーターがつくのは難関大学に所属する学生が中心のようだ。旧帝大や上位私大の大学生及び院生をターゲットとして別のルートへ招待される。

これも一種の学歴フィルターのような存在といえるだろう。

日産自動車の新卒採用の倍率、就職難易度はどれくらい?

【トヨタ自動車】新卒の採用の倍率は!? 50倍以上にはなる!

【ホンダ】本田技研工業の新卒採用の倍率は100倍超か!?




SUBARU・スズキ・三菱自動車は?

準大手に分類されるSUBARUやスズキ、三菱自動車においても、多少は大学名が見られることがあるだろう。しかし、トヨタや日産のように強い学閥があるわけではない。

人物重視のスズキとスバル、三菱自動車

書類選考ではESの内容が重視される傾向が見られる。あからさまに学校名だけが採用担当者から見られるわけではない。

学歴フィルターの一般的な基準として、国公立大学だと地方レベル以上、私立大だとMARCHや関関同立クラス以上が対象内に入るケースが多い。

少なくともSUBARUやスズキ、三菱自動車クラスの規模の自動車会社では、中堅大学やそれ以下の偏差値の学生も数多く採用している。

したがって、学歴フィルターの存在は薄いと判断できる。なお、リクルーター面談などの制度もあまり知られてないため、正規ルートがメインと考えられる。




文系・理系ではそれぞれ事情は違う?

同じ自動車会社でも、採用は文系と理系ではコースが別々になっているところがほとんどである。そのため、内定までの難易度も違う。

ただ、大学名に関する事情は大差ないだろう。学歴社会の要素が強いところでは、文系でも理系でも学校名が見られる。

学歴フィルターと文系・理系

逆に完全な人物重視の会社では、文系でも理系でも提出したESの内容や面接を通じた人物面で選考の合否が決まる。

ただし、自動車会社をはじめとする製造業では理系の採用人数が圧倒的に多い。それに伴って、就職難易度も文系が高くて理系が低い構図となる。

そんな事情から、どうしても文系の方が競争が激しくなり、学歴フィルターの存在が文系では特に重視されているのではないかと疑われることがよくある。

おすすめ記事