アクセンチュアの新卒採用の倍率は約20倍!? 就職難易度は高レベル

倍率が高いアクセンチュアの採用

アクセンチュアの新卒採用の倍率はどれくらいになるのか。有名な外資系コンサルタントの会社ということで知名度が高く、就職難易度もその分かなり高いと予想される。

結論を言うと、大卒および大学院卒の採用の倍率は約20倍程度になると考える。採用人数は200~400人ほどでここ最近は推移している。応募者が数千人になると思われるので、これくらいの競争率になるだろう。

内定獲得と入社の難易度もこれにより高い。書類選考や面接ですべてクリアするのはかなり難しいのは確か。




職種ごとの難易度

職種 難易度 概要
ビジネスコンサルタント職 ★★★★★ 営業職

最も倍率が高い

デジタルコンサルタント職 ★★★★ 技術系営業職

理系向け

ソリューション・エンジニア職 ★★★★ 技術職

理系向け

アクセンチュアでの職種は大きく分けて3つ用意されているが、就職難易度はそれぞれでやや異なる。

倍率は全体では約20倍程度と考えられるが、職種ごとで違ってくるだろう。ビジネスコンサルタント職は50倍以上になる可能性も否定できない。

一方のデジタルコンサルタント職とソリューション・エンジニア職は10倍程度にまで下がることも考えられる。




ビジネスコンサルタント職

アクセンチュアのビジネスコンサルタント職

最も難易度が高いのがビジネスコンサルタント職である。日本国内のふつうの会社だと、文系向けの「事務系総合職」と呼ばれる職種に当たる。

文系向けで特に専門的な知識は問われないことから、不特定多数の学生がこの職種に応募する。

倍率もその分高い数値になる。アクセンチュアでは約20倍と考えるものの、ビジネスコンサルタント職に限るとさらに高い数値になるかもしれない。

採用人数によって大きく違ってくるのは避けられないものの、採用人数が少ない年になると50倍以上になる可能性も否定できない。

ほとんどの応募した学生が書類選考の段階で落とされてしまい、知名度の高い大手企業と事情は同じと考えてよい。

デジタルコンサルタント職は若干難易度が下がる

デジタルコンサルタント職

デジタルコンサルタント職は日本国内の会社で言うと、「技術営業職」に当たる職種といえるだろう。

営業という点ではビジネスコンサルタント職と似ているものの、提案する内容が異なる。より技術的な内容を持ち出すのがデジタルコンサルタント職である。

技術営業職は通常の会社では理系出身者が大きな割合を占めているが、アクセンチュアもまた同じ傾向が見られる。

ただし、文系でも応募できないかというとそうではない。対象としているのは全学部全学科と書かれてあり、理系だけを対象とした新卒採用の職種ではない。

技術職の中でも、営業を行う職種は文系・理系ともに比較的人気が低いことから、就職難易度も若干下がる。

ソリューション・エンジニア職

ソリューションエンジニア職

ソリューション・エンジニア職は、技術職のことを指す。「エンジニア」という名前がついている通り、高度な専門的な知識を活用して提案するサービスや商品を開発したり、統計データを解析する職種になる。

応募する学生のほとんどは理系出身者であり、工学部や理学部に所属する大学生・大学院生である。

デジタルコンサルタント職と同じように全学部全学科を募集対象と記載されているものの、実際には文系出身者だと不利になる可能性が考えられる。

アクセンチュア側としても、おそらく専門的な知識を既に持っている学生を採用したいという思いも持っているだろう。

就職難易度は理系のみの中での競争ということになり、ビジネスコンサルタント職よりも下がる可能性が大きい。

国内の大学生の文理の比率を見ても、理系の割合そのものが文系よりも大きく低いため、倍率も下がって入社までのレベルとそれほど高くはなりにくい。

アクセンチュアへの就職はやはり難しい

アクセンチュアの就職難易度

職種ごとに倍率と就職難易度が異なるのは確かだろうが、内定獲得が簡単なところはなく、採用人数が多くても少なくても人気企業であることで、やはり入社が難しいといえる。

コンサルタント業界の中でも、外資系ではあるが日本国内でも就職先として非常に人気の会社であるのがアクセンチュアである。

大学名に関しても、偏差値が高くて有名な難関大学が有利になることも考えられる。書類選考で所属する学校で合否が決まる「学歴フィルター」と呼ばれる制度があるかもしれない。

直接的な学歴フィルターでなくても、難関大学に所属する学生が多く応募するため、選考でのレベルが全体的に高くなるのは避けられない。

当然ながら、知識や能力が高い人が多く集まる難関大学の学生が優勢になりやすい。

総合商社やインフラ、海運会社などのように多くの学生が憧れる企業の1つであり、アクセンチュアへの就職の難易度は「難」レベルと判断できる。

おすすめ記事