イオンフィナンシャルサービスの採用大学と就職難易度(倍率)を考察

イオンフィナンシャルサービス

イオンフィナンシャルサービスの採用大学は、阪大、京都府立大、慶應義塾大、神戸大、国際基督教大、上智大、千葉大、東大、名大、横浜国立大、横浜市立大、早稲田大、青山学院大、関西大、学習院大、中央大、東京理科大、同志社大、法政大、明治大、立教大、立命館大、愛知県立大、青森公立大、茨城大、小樽商科大、香川大、鹿児島大、関西学院大、滋賀県立大、富山大、奈良県立大、奈良女子大、兵庫県立大、亜細亜大、神奈川大、近畿大、甲南大、駒澤大、成蹊大、成城大、専修大、中京大、東京女子大、東京農業大、東北学院大、東洋大、獨協大、南山大、日本大、日本女子大、武蔵大、明治学院大、龍谷大、拓殖大、玉川大、大東文化大、東海大、東洋英和女学院大
等。

新卒採用の倍率は総合職(グローバル社員)で約5倍、総合職(リージョナル社員)が約3倍と予想。就職難易度は大手企業としては「易」に相当し、入社は決して難しくはない。


主な採用大学

出身大学を紹介する大学生たち

「イオンカード」で知られるイオンフィナンシャルサービスの採用大学は下記の通り。

イオンフィナンシャルサービスの主な採用大学
愛知県立大学、青森公立大学、青山学院大学、亜細亜大学、跡見学園女子大学、茨城大学、大阪大学、大阪商業大学、小樽商科大学、香川大学、鹿児島大学、神奈川大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、関東学院大学、学習院大学、京都産業大学、京都女子大学、京都府立大学、共立女子大学、近畿大学、久留米大学、慶應義塾大学、甲南大学、神戸大学、國學院大學、国際基督教大学、国士舘大学、駒澤大学、産業能率大学、滋賀県立大学、実践女子大学、上智大学、椙山女学園大学、成蹊大学、成城大学、摂南大学、専修大学、拓殖大学、玉川大学、大東文化大学、千葉大学、千葉工業大学、中央大学、中京大学、帝京大学、東海大学、東京大学、東京女子大学、東京農業大学、東京理科大学、東北学院大学、東洋大学、東洋英和女学院大学、富山大学、同志社大学、獨協大学、名古屋大学、奈良県立大学、奈良女子大学、南山大学、二松学舎大学、日本大学、日本女子大学、兵庫県立大学、びわこ成蹊スポーツ大学、法政大学、北星学園大学、武庫川女子大学、武蔵大学、武蔵野大学、明治大学、明治学院大学、明星大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立正大学、立命館大学、龍谷大学、早稲田大学

上記はマイナビの採用実績校に記載されている大学一覧。

採用人数が毎年200名前後があるが、その多くは確かに大学名そのものはある程度有名。

とはいえ、偏差値ランク帯は様々。大手金融機関のように難関大学出身者ばかりというわけではない。

>>どこからが「高学歴」に該当する!? 具体的な基準を分析

学歴フィルターは「無し」と判断

学歴フィルター無し

イオンフィナンシャルサービスの出身大学のボリュームゾーン日東駒専・産近甲龍をはじめとする偏差値45~55の中堅私立大学。

したがって、俗に言う「学歴フィルター」は存在しないと判断。

トップ勢こそは東大、京大、阪大、名大などの旧帝大から早稲田大、慶応義塾大、上智大などの最難関大学と呼ばれるところだが、人数面では少ない。

国公立大学でも全国から全般的に採用されているが、人数面で多いのはやはり中堅私大。

クレジットカード業界では、高学歴勢ばかりになるのは三菱UFJニコスや三井住友カード、あるいはJCBのような業界トップかつ超有名なところばかり。

イオンモール

大学生なら「イオン」と聞くと想像するだろうイオンモール。

イオンフィナンシャルサービスは社名に「イオン」という名称が付くため、何となくイメージが付く企業ではるものの、「スーパー付随するクレジットカード会社」といった想像に過ぎず、エントリー数は限られる。

超大手の人気企業のように、学歴フィルターを使った効率的な選考を行うほどではない。

就職難易度と倍率(職種別)

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職(グローバル社員) 5倍、易
総合職(リージョナル社員) 3倍、かなり易

総合職(グローバル社員)、総合職(リージョナル社員)それぞれの就職難易度はこのような形になる。

倍率および就職難易度はどちらも金融業界の中ではかなり低めの水準。全国展開する銀行、保険、証券との比較では最低水準ではないか。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

ただし、クレジットカード会社または信販業界という分類そのものが就職先としては不人気。

さらに、イオンフィナンシャルサービスはスーパー(GMS)大手の「イオン」系列の子会社。

小売業もまた不人気の業種であり、就職難易度が上がる要素はない。

総合職(グローバル社員)の倍率は5倍、難易度は「易」

グローバル社員

イオンフィナンシャルサービスの総合職(グローバル社員)の倍率は約5倍と予測。就職難易度は「易」と判断。

全国転勤があって海外への赴任もあるこの職種で、社内では看板的なポジションではある。

とはいえ、ただ、イオンフィナンシャルサービスそのものの人気度は低めで、合同企業説明会でも周囲の企業と比較して空席が目立つ。

「イオンカード」というクレジットカードを聞くと、スーパーのイオンで使用できるものというイメージが沸くが、それに関する会社で働きたいという考えにはなかなか至りにくいのかもしれない。

クレジットカード業界にて就職先として人気度が高いのは、JCBとメガバンク系列の企業(三菱UFJニコス、三井住友カード)で、これらと比較すると大幅に難易度は下がるだろう。

したがって、倍率は推定5倍、就職難易度は「易」と判断。

総合職(リージョナル社員)の倍率は2,3倍、難易度は「易」

リージョナル社員は電車等で自宅から通勤することが前提

総合職(リージョナル社員)の倍率は2,3倍と予測。就職難易度は「かなり易」と判断。

また、自宅から通勤することが前提となっている職種のため、勤務地は近くであるという条件に当てはまる学生だけが応募。全国各地から応募者が集まるところではない。

こうした事情から、総合職(地域型)の倍率は2,3倍になると推測。就職難易度は大手企業でも「易」と言える。

なお、これはエントリーシートを提出した段階の書類選考の時点での倍率。1次面接ではさらに低下して、1.5~2倍程度になるのではないかと仮定。

最終面接は倍率1倍程度と予想し、選抜というよりも適性の有無の判断の場となると考える。

おすすめ記事

金融業界の就職難易度
業種 会社名
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行新生銀行ゆうちょ銀行
信託銀行 三井住友信託銀行SMBC信託銀行みずほ信託銀行
地銀 横浜銀行千葉銀行関西みらい銀行福岡銀行京都銀行
損害保険 損保ジャパン三井住友海上東京海上日動あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険
生命保険 日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券岡三証券
クレジット JCB三菱UFJニコス三井住友カードオリエントコーポレーションイオンフィナンシャルサービスクレディセゾン
外資系金融 ゴールドマンサックスドイツ銀行モルガンスタンレーUBSJPモルガンシティグループクレディスイスBNPパリババークレイズ
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本政策金融公庫商工中金農林中央金庫日本証券金融日本取引所グループ住宅金融支援機構

上記では金融業界(銀行・保険・証券等)の就職難易度について解説。就職偏差値は「金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化」にて取り上げる。