【就職難易度】あいおいニッセイ同和損保の新卒採用は10~20倍

あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保の新卒採用の倍率は、全域型が約20倍、地域型(ワイドエリア)、地域型(エリア)が約10倍と予想。就職難易度はそれぞれ「ふつう」「やや易」に相当。

採用人数に関しては、全域型が100~250人、地域型が300~500人ほどでここ数年は推移。

保険業界の中でも大手企業であり、当然ながら応募者数もかなりの数に上る。その一方、募集人数が数百人単位という大量採用でもある。そのため、倍率自体はそれほど高いものにはならない。

とはいえ、それでも応募する人の数が圧倒的に多いため、決して入社が簡単であるとは言えない。内定獲得をめぐる争いはかなり激しいものとなることが確実だ。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
全域型 ★★★ 20倍、ふつう
地域型(ワイドエリア) ★★ 10倍、やや易
地域型(エリア) ★★ 10倍、やや易

全域型、地域型(ワイドエリア)、地域型(エリア)の就職難易度はこのような形になる。

最も人気度が高いのは全国転勤のある全域型。給料水準が最も高いことから、採用人数に対して多くの学生がエントリーする。

倍率および就職難易度は損保会社の三井住友海上火災保険や損保ジャパン、東京海上日動火災保険などと類似。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

全域型の倍率は20倍、難易度は「ふつう」

全域型

全域型の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍と推定。

全国転勤があって海外への赴任もあり、他社では「総合職」という名称が付く職種。あいおいニッセイ同和損保の看板的な存在と言える。

全域型は転勤の有無だけでなく、将来的な幹部候補の筆頭でもある。

保険会社に就職したいと考えている学生だけでなく、銀行、証券といった金融業界全般を志望している学生も受けてくる。

給料が最も高い職種であることも影響。40歳前後では1,000万円に達する。

こうした事情から、あいおいニッセイ同和損保の全域型の倍率は20倍と推定。就職難易度は「ふつう」との表現が妥当と判断。

参考:あいおいニッセイ同和損保の平均年収は600万円、賞与は5ヶ月分

なお、あいおいニッセイ同和損保は同じグループの三井住友海上火災保険、あるいは同業他社の損保ジャパンや東京海上日動火災保険に比べると就職難易度は若干下がる。

大学生の間では会社名の知名度が低いことが影響しているのかもしれない。

地域型(エリア)も倍率10倍、難易度は「やや易」

転勤が少ない地域型の社員

地域型(エリア)の就職難易度も「やや易」。倍率は約10倍程度と推定。

「地域型」にも2つのコースがある。ブロック内での引っ越しが必要な異動があある「ワイドエリア」、完全に自宅から通える範囲内のみで異動がある「エリア」の2つ。

あいおいニッセイ同和損保の場合、それぞれの倍率及び就職難易度はほぼ同じと推定。

ワイドエリア

特定の地域内での引っ越しが必要な転勤がある一方、地域外への転勤はない職種。

例えば、首都圏でブロック限定で入社した社員は、県外への転勤はあっても、中部・関西・九州などへの転勤はない。

全国的な転勤は敬遠するが、同一地域内への転勤であれば許容できるという学生が応募。

各ブロックごとに一定の採用人数があるため、全国的に見ると全域型よりは採用枠が多く、その分倍率が下がる。

エリア

前述の2つはいずれも引っ越しが必要な転勤が存在する一方、は完全に転居を伴う異動はない。

自宅から通勤することが前提に考えられている職種。(勤務地は自宅からの通勤時間が片道1時間30分以内)

ゆえに、自宅から通勤することを前提に就職したいと考えている学生がこれに応募。

採用人数も少なめのため、結果的に就職難易度はそれほど下がらないものの、各都道府県ごとに採用計画がある。

特に地方部を中心に倍率は下がる。学生数が少ない地方部ではエントリー数そのものは少ないことが影響。

こうした背景から、全体での就職難易度は「やや易」、倍率は10倍と判断。

なお、地域型(エリア)は女性社員の割合は大きい。男性はかなり少ない。

まとめ~他の損保会社と類似

他の損保会社

あいおいニッセイ同和損保では「全域型」と「地域型(ワイドエリア)」「地域型(エリア)」の3コースに分かれるが、これは他の損保会社と類似。

全域型とは、転居を伴う異動があるコースである。国内・海外を問わず広域にわたって転勤があるのが特徴。その分給料水準は高く、出世のスピードも速い。

地域型とは、異動があっても原則として特定の地域内でのみに限られる職種である。

自宅から通勤できるというメリットがある一方で、給料水準は全国転勤ありの社員よりは低い。

全域型だけは人気が高い。男子学生が多く応募する一方で、採用人数が地域限定のコースよりも少ない。

難しい職種~全域型

あいおいニッセイ同和損保では、全域型も地域型も「総合職」という形になっている。

とはいえ、一般的な企業では、前者が総合職であるのに対して、引っ越しが必要となる転勤がない地域限定型の職種は「エリア限定職」や「一般職」と呼ばれる。

社内ではどちらかというと出世や給料面で優遇されやすい全国転勤ありの総合職の方が、新卒採用では難易度が高い。

書類選考や面接で求められる人材の質も、将来的な幹部候補となる国内・海外転勤ありの職種の社員の方が高い水準のレベルが求められる。

比較的簡単~地域型

一般職に当たる地域型は、比較的就職の難易度が高くはない。採用人数が300人以上にのぼることで、内定がもらえる人数そのものが多いことが影響。

ただし、給料の水準は全域型よりも少ない。初任給からその差が見られる。

自宅から通勤できる範囲内での異動が基本ということで、それに見合った手当がもらえるのが総合職とも受け取れる。

とはいえ、大手企業でしかも金融業界ということもあり、標準的な会社と比べると地域型でも給料は高い方に入る。大手の総合職の中でも高い年収という点では確かである。

なお、地域型の場合は女性社員が多い。男性社員が多い全域型とは対照的な男女比となっている。

おすすめ記事

金融業界の就職難易度
業種 会社名
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行新生銀行ゆうちょ銀行
信託銀行 三井住友信託銀行SMBC信託銀行みずほ信託銀行
地銀 横浜銀行千葉銀行関西みらい銀行福岡銀行京都銀行
損害保険 損保ジャパン三井住友海上東京海上日動あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険
生命保険 日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券岡三証券
クレジット JCB三菱UFJニコス三井住友カードオリエントコーポレーションイオンフィナンシャルサービスクレディセゾン
外資系金融 ゴールドマンサックスドイツ銀行モルガンスタンレーUBSJPモルガンシティグループクレディスイスBNPパリババークレイズ
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本政策金融公庫商工中金農林中央金庫日本証券金融日本取引所グループ住宅金融支援機構

上記では金融業界(銀行・保険・証券等)の就職難易度について解説。就職偏差値は「金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化」にて取り上げる。