アストラゼネカの新卒採用の倍率は約50倍! 就職難易度を考察

アストラゼネカ

アストラゼネカの新卒採用の倍率は約50倍(MR職)と予想。就職難易度は「かなり難」に相当。

製薬会社では最も入社が難しい企業で、外資系製薬として一般的な水準。

採用人数は毎年約20~30人。製薬会社の中ではやや少ない人数。理系向けの職種(研究・開発・生産技術職など)の募集は新卒ではない。すべて中途採用のみとなっている。


職種・部門ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
MR職 ★★★★★ 50倍、かなり難

アストラゼネカにて新卒採用を実施している職種・部門それぞれの就職難易度はこのような形になる。

アストラゼネカでは研究・開発職は基本的にキャリア採用(中途採用)での募集が中心。新卒一括採用はMR職のみが原則。

製薬会社の中では、少し前までは無名で、特定の人しか知らない会社だったものの、近年は「コロナワクチン」でニュースで報道される機会が増えたことで、一躍注目される。

今の就職市場では、世間一般の企業の中では人気で、それに伴って倍率および就職難易度は上場企業の平均よりは大幅に高い。

《参考:製薬業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

MR職の倍率は10倍、難易度は「やや易」

MR職

一方の文系を対象とするMR職の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍と推定。

採用人数は毎年20~30名ほどで推移。一方の応募者数は1,000~1,500人近くになるのではないかと推定。

正式なデータは公表されていないものの、会社規模や業界の性質、ニュース等で「アストラゼネカ」の社名が数多く登場していることによる高い知名度を考慮すると、これくらいになると推測。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。専攻分野は一切問われず、採用ターゲットとなる学部学科はない。

募集要項でも「全学部・全学科(文理不問)」と明記。率直にいえば「誰でも応募できる」職種。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部などの4年制学部卒だが、これらだけでもかなりの数になる。

参考:アストラゼネカの採用大学を公開! 学歴フィルターは無しか?

こうした事情から、アストラゼネカのMRの倍率は50倍と推定。就職難易度は「かなり難」との表現が妥当と判断。

研究・開発職について

アストラゼネカで勤務する研究・開発職(中途採用)

前述の通り、アストラゼネカの研究職や開発職、あるいは生産技術職などの理系向けの職種はキャリア採用(中途採用)での募集がメイン。

例えば、メディカル本部ー免疫疾患部の採用では、募集要項では下記のように記載。

【Experience】

<Must>

1. At least 5 or more year of experiences in clinical practice, drug development, medical affairs, or basic research in immunology/autoimmune diseases or related therapeutic areas

(中略)

As Science Lead for Autoimmune (or Autoimmune Science Lead), the applicant must be a medical doctor (MD) and rheumatologist with experience working in the field of autoimmune diseases in a pharmaceutical company. Some rheumatologists have a background in internal medicine and general expertise in connective tissue diseases including SLE, while others are trained in orthopedics. We are looking for candidates with a background in internal medicine.

1. Pharmaceautical industry experience preferred

【Qualification】

<Must>

1. Basically Doctorate degree in life sciences or related areas
2. Qualitified medical doctor needs to have at least 5 year of clinical experience in the related TA

【Capability】

<Must>

1. Advanced knowledge in medical/scientific area, especially in the related TA.
2. Strong scientific research capability
3. Strong logical thinking capability based on solid scientific insight

<Nice to have>

1. Team management and people development
2. Project management

【Language】

<Must>

Japanese:Good business communication, writing capability
English:Good business communication, writing capability (debate in English, write medical documents)

勤務地/Location:Osaka or Tokyo

引用:astrazeneca.com

上記の例では、臨床医療業務に最低5年以上携わった経験を必須としている。

新卒は経験ゼロということで、このような研究・開発職での募集はない。

おすすめ記事

製薬・化学の就職難易度/倍率について
業種 会社名
製薬会社 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬日本新薬持田製薬小林製薬杏林製薬東和薬品大鵬薬品あすか製薬ゼリア新薬シミック
〃(外資) ファイザーアストラゼネカジョンソンエンドジョンソンノバルティスファーマ
化学・素材 三菱ケミカル住友化学旭化成積水化学工業三井化学富士フイルム信越化学工業東レ東ソー大陽日酸DIC帝人日東電工花王日本ペイント昭和電工マテリアルズ宇部興産昭和電工関西ペイントJSR日亜化学三菱ガス化学クラレエア・ウォーターADEKAアイカ工業日油アース製薬
化粧品 コーセー資生堂マンダムノエビア

上記では製薬会社、化学・素材メーカー各社の新卒採用の倍率と就職難易度について解説。