アイシン高丘の平均年収は約550万円と推定、賞与は5.91ヶ月分

アイシン高丘

アイシン高丘の平均年収は約550万円。賞与は年間5.1ヶ月分が支給(2019年度実績)。

全体的な給料水準は、自動車部品メーカーの中では高くも低くもない「ふつう」に相当。賞与は自動車関連メーカーでもやや高い方。「基本給の〇ヶ月分」という固定制。

最終学歴別の平均年収では、院卒が650万円、大卒が600万円、高専卒が550万円、高卒が500万円と推定。


推定平均年収は550万円

平均年収550万円の目安

アイシン高丘の平均年収は非公開。非上場のため有価証券報告書にて公表されていないのが理由。

主要取引先のトヨタ自動車とその取引先である部品メーカー各社などを参考にすると、2019年度もこれに近い金額になると推定。

上場する製造業、あるいは製鋼業、重機メーカーと比べると若干低い金額。

公式の平均給与が公開されていないため、若干低めに見積もっているが、少なくともアイシン精機、愛知製鋼、デンソーなどよりは低いのは確実。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外手当、通勤手当、家族手当、資格手当)などすべてが含まれている。

ボーナスは年間5.91ヶ月分

ボーナス年間5.91ヶ月分(アイシン高丘)

2019年度のアイシン高丘の年間賞与は5.91ヶ月

アイシン高丘では組合員平均で年間5.91ヶ月分が支給された(2019年度実績)。

例年は5.5ヶ月分前後で推移し、業績によって変動するとはいえ、この付近にほぼ固定化されている様子。中小企業を含めた製造業全体ではやや高めだが、上場企業に限れば「やや高い」範囲。

自動車関連メーカーでは、上場企業だと年間4~6ヶ月分が支給されるため、平均よりは高い基準。完成車メーカー各社に迫るほど。

参考までに、自動車メーカーの賞与実績は以下の通り。

  • トヨタ自動車:6.7か月分
  • 日産自動車:5.7か月分
  • 本田技研工業:6.3か月分
  • マツダ:5.2か月分
  • SUBARU:5.6か月分
  • スズキ:5.8か月分
  • ダイハツ工業:5.7か月分
  • 三菱自動車工業:5.0か月分
  • アイシン:167.1万円(5.0か月分+α)
  • デンソー:202万円(5.0か月分+α)

上記は2019年度の完成車メーカー各社の年間賞与の実績。

親会社の「アイシン」とほぼ同じ水準。

なお、社員個人の勤務態度や成績などあまり考慮されず、基本給をベースに一律支給が基本。

年齢別の年収の目安

アイシン高丘では「総合職」と「製造現場」の2つの採用区分がある。

総合職は大卒・院卒・高専卒を対象とする。生産管理は主に高卒を採用対象とする。

総合職(大卒・院卒・高専卒)

年収偏差値55

アイシン高丘の大卒・院卒・高専卒を対象とした総合職の年齢ごとの推定年収は平均で600万円と推定。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 700-1,000万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 700-1,000万円 40-65万円 120-250万円

年齢別では、20代のうちは年収が300~700万円、30代は500~900万円、40代と50代は700~1,000万円が相場。

40代以降は最高で1,000万円に達する社員もいるが、これはあくまでも管理職になれた人の話。平均すると1,000万円には遠く及ばない。

新卒採用の時点では、文系が主流の事務系と理系限定の技術系があるが、給料体系はいずれも同じ。

残業時間、家族手当の有無によっても異なるものの、給料体系には違いはない。

生産管理(高卒)

年収偏差値50

高卒が主流の製造現場(生産管理職)の平均年収は500万円と推定。

年齢別の給料の目安は下記の通り。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 18-22万円 60-90万円
25-29歳 350-450万円 20-25万円 80-100万円
30-34歳 400-600万円 25-30万円 100-120万円
35-39歳 500-700万円 25-40万円 100-160万円
40-44歳 600-750万円 30-45万円 120-180万円
45-49歳 650-800万円 35-50万円 150-200万円
50-54歳 650-900万円 35-50万円 150-200万円
55-59歳 650-850万円 35-50万円 120-200万円

総合職との違いは基本的に現場系の仕事内容が多い点。昇進のスピードは比較すると遅い。ゆえに同じ正社員という形でも平均年収は低め。

20代で300~450万円、30代で450~700万円、40代で600~800万円台、50代で650~900万円が平均的な社員の年収。

最終学歴ごとの年収の差

大卒と高卒

アイシン高丘の初任給は最終学歴によって差が見られる。

アイシン高丘の初任給

  • 大学院卒(修士了):223,000円
  • 大卒:206,000円
  • 高専卒(専攻科):205,000円
  • 高専卒(本科):188,000円
  • 専門卒(3年課程):189,000円
  • 専門卒(2年課程):185,000円

出典:マイナビ2021「(株)アイシン高丘」

全体的には年収水準は「院卒>大卒(学部卒)>高専卒」の構造。

ただし、年齢が上がれば上がるほど役職や評価での給料の差が出てくる。

自動車業界の年収/給料水準の事情
業種 会社名
完成車メーカー トヨタ自動車本田技研工業日産自動車マツダSUBARUスズキダイハツ工業いすゞ自動車三菱自動車工業三菱ふそうトラック・バスUDトラックス日野自動車
トヨタ関連 トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織豊田合成豊田鉄工デンソージェイテクトアイシン精機愛知製鋼大豊工業シロキ工業愛三工業曙ブレーキ工業アイシンAWトヨタ自動車東日本トヨタ自動車九州ヤマハ発動機
日産関連 日産車体ヨロズ河西工業マレリ(旧カルソニックカンセイ)、ユニプレスタチエス
ホンダ関連 ユタカ技研ショーワ八千代工業ジーテクトケーヒン日信工業エイチワンテイ・エステックミツバ武蔵精密工業
関連メーカー(独立系) ユニバンスダイキョーニシカワデルタ工業大同メタル工業日本発条日本特殊陶業NTN小糸製作所エクセディスタンレー電気市光工業東プレプレス工業三井ハイテック
タイヤメーカー TOYO TIRE
その他の製造業  
業界全体 <早見表>自動車業界の平均年収を各社ごとに一覧化
ボーナス <一覧表>自動車メーカーのボーナスの支給額の実績

上記では自動車業界およびそれに関連する企業の年収および給料水準の目安について解説。