新幹線に赤ちゃんを連れて乗ることのOK/NGの判断基準を考察

赤ちゃん連れの親子

新幹線に赤ちゃんを連れて乗ることのOK・NGについて。その判断基準を考察する。

乳児を連れて乗車することは、JRの旅客営業規則上では全く問題ない。何かの規約に引っかかることは決してない。

しかし実際問題として、新幹線に一緒に乗ることは赤ちゃんの体力、親の負担の大きさ、さらには周囲の乗客への迷惑度で難点がある。


状況ごとのOK/NG

車内の混雑状況 赤ちゃんの乗車可否 詳細な内容
自由席・指定席ともに満席 × 混雑した新幹線では、赤ちゃんが泣いたり、授乳を必要とした場合の行動が上手く取れないため難易度は厳しい。
空席が若干残る状態 泣き叫んだ時などはデッキに連れていくことができるため大きな支障はないが、トイレが混み合う可能性がある。
空席が多い閑散期 泣き声が周囲に迷惑になる可能性があるが、泣き叫んだ時は客室からデッキへ移動することで柔軟に対応可。
※上記はあくまでも目安。強制的なルールではない。

参考:電車に赤ちゃんを連れて乗ることのOK/NGの判断基準を考察(通勤電車での是非について)

基本的に新幹線の場合も在来線普通列車と同じ。

ただし、新幹線の場合は乗車時間が長時間になりやすいこともあり、赤ちゃんを連れての乗車の際の負担の大きさは異なる。

自由席・指定席ともに満席の場合は乗車不可

混雑する新幹線

赤ちゃんを連れて新幹線に乗る場合でも、自由席・指定席とも満席のような状況下では、まず不可能と考えてよい。

指定席にて座席が予約できたとしても、赤ちゃんを連れて新幹線に乗ると思わぬトラブルに見舞われる。

>><路線別>新幹線の自由席の混雑状況の調査結果

>>【路線別】新幹線の「普通車指定席」の混雑状況の調査結果

デッキ・トイレに行けないかも

座席には座れるのは確かだが、泣き叫んだ時、授乳を必要とした時などに座席からデッキやトイレに移動することが難しい。

自由席・指定席いずれも満席の時期になると、指定席であってもデッキに立ち客が大量にいることがよくある。

そんな場合は、トイレやデッキに移動することが困難。

泣き叫んだからデッキに行けたとしても、今度はデッキにいる乗客たちに迷惑になってしまって白い目で見られる可能性が出てくる。

トイレに行く必要が生じた場合も、混雑のためにトイレの待ち時間が長くなることが想定される。

したがって、混雑した時期の新幹線に赤ちゃんを連れて乗るのは不可能と考えてよい。

ベビーカーの持ち込み難しい

満席の新幹線では、ベビーカーの持ち込みも難しいことがほとんど。

折り畳んで乗ったとしても、それを置く場所がない可能性が残る。

頭上の棚の上に載せることができたとしても、すでに多数の人たちがキャリーバッグなどを載せているためにベビーカーを載せられないかもしれない。

ひざ元に置くという方法もあるが、赤ちゃんを抱えてベビーカーを保持するとなると、今度は親の負担が大きくなる。

何かと不都合があることで、自由席・指定席が満席になるほど混んでいる状態で新幹線に赤ちゃんとベビーカーとともに乗車するのは無理がある。

>>新幹線・特急へのベビーカーの持ち込み方法とマナー上の注意点

空席が多少は残っている場合

空席が多い新幹線

空席が多少なりとも残っている場合であれば、赤ちゃんを連れて新幹線に乗ることは不可能まではいかない。

デッキに立ち客がいることは考えにくい。泣き叫んだからデッキに行くという手段、オムツ交換や授乳などのためにトイレに行くという手段が取れる。

トイレの待ち時間もそれほど長いことは想定しにくい。

できるだけ空いている時間帯を狙いたいところではあるものの、空席があるならまだ問題はそれほど大きくはない。

ただし、座席の種類は可能な限り指定席が好ましい。

自由席の場合だと座れない可能性が残る。指定席には空席があっても自由席は満席で立ち客が発生している場面もよくある。

さらに、座席を離れた時に他の乗客に取られてしまう可能性もある。乗客間のトラブルに原因にも発展しやすいため、指定席が好ましい。

空席が多い閑散期

空席が多い閑散期であれば、新幹線に赤ちゃんを連れて乗車することはOKだろう。

客室内で泣き叫んだとしても、乗車率が低い状態では他の乗客のストレス度が全体的に低いため、許容してもらえることが多い。

配慮のためにデッキに行こうとする場合でも、通路などに人がいないことでより移動しやすい環境ができる。

授乳やオムツ交換のためにトイレに行く際も、空席が多くて空いているほど混雑度が低い。

多目的トイレには誰も利用者がいないことが多く、速やかに用事を済ませられる。

親自身の負担も最も少ないため、赤ちゃんを連れて新幹線に乗る場合は空席が多数残る閑散期を狙いたい。

絶対に忘れてはいけない持ち物

赤ちゃんを連れて新幹線に乗る場合、持ち物にも注意が必要。

途中での不測の事態のため、以下のものを持参することを強く推奨。

持ち物 必要な理由と詳細
オムツ 3枚以上は必須。交換が必要な時はすぐにトイレへ。
タオル 子供の手や口を拭くためのタオル。
ビニール袋(レジ袋) 使用済のオムツなどを入れるため。
抱っこ紐 新幹線内での移動にて、自力で歩けない赤ちゃんには必須。
ミルク、哺乳瓶、お湯 ミルク使用者のみだが、途中での補給のために必須。
おやつ、飲み物 赤ちゃんが喉乾いた時のために。
着替え 何かをこぼした時のための代わりの服。

上記のものは、新幹線に乗車中に必要になることは多い。

乗車時間にもよるが、特に1時間30分以上乗るとなるとかなり必要になる。

上記のものは「飲み物」以外は車内販売でも販売されていない。乗車中に入手できないため、自分自身で持ち込む必要がある。

おすすめ記事