電車に赤ちゃんを連れて乗ることのOK/NGの判断基準を考察

赤ちゃんを連れた電車への乗車

電車に赤ちゃんを連れて乗ることのOK・NGについて。その判断基準を考察する。

在来線普通列車も乳児を連れて乗車することは、JRの旅客営業規則上では全く問題ない。「何歳以上」といった制限は一切ない。

それでも実際問題として、鉄道をはじめとする公共交通機関に一緒に乗ることは赤ちゃんの体力、親の負担の大きさ、さらには周囲の乗客への迷惑度で厳しいところがある。


状況ごとのOK/NG

車内の混雑状況 赤ちゃんの乗車可否 詳細な内容
朝夕の通勤ラッシュ × 混雑した電車では赤ちゃんが乗れるような環境ではない。満員電車で誰もがストレス感じるためちょっとしたことで大きなトラブルにも。
若干混雑した電車 泣き叫んだ時などに難点あり。座れずに立っている人がいる状態もできれば避けたい。
空席が多い閑散期 泣き声が周囲に迷惑になることを除いては大きな支障はない。座席に座れるため親の身体的な負担も少ない。
※上記はあくまでも目安。都市部の鉄道全般を基準に解説。

赤ちゃんを連れて電車に乗ること自体はOK。

鉄道事業者においてもベビーカーの優先スペースの利用を推奨していたり、他の乗客に対して子連れの乗客に配慮を求めるアナウンスがされるなどしている。

ただし、実際にところは朝夕の通勤ラッシュに限っては厳しいと言わざるを得ない。

参照:満員電車へのベビーカーの持ち込みの是非! マナー的にOK・NG?

鉄道事業者による違いはない。どの路線にも共通する。

朝夕の通勤ラッシュは論外

朝ラッシュの電車

赤ちゃんを連れて電車に乗る場合でも、平日の朝夕の通勤ラッシュの時間帯ではもはや論外といえるレベル。

赤ちゃんを連れて電車に乗るのは不可能に近い。ベビーカーでも、抱っこした状態でも厳しい。

ベビーカーのスペースの問題は有名だが、そもそも赤ちゃん自身が押しつぶされてしまう危険性がある。安全な状態ではまったくない。

>>通勤ラッシュの時間帯のピークとは何時から何時まで!?

泣き叫んだ時にも対処不能

閑散とした時間帯であれば、もし赤ちゃんが電車内で泣き叫んでしまった場合は、途中駅で一旦降りて泣き止むまで様子をみるという行動が取れる。

しかし、満員電車ではそもそも途中駅で降りられないほどの混み具合であることが多い。

乗客の間を無理矢理切り分けて進路を進もうとしても、大人が問題なくても赤ちゃんが押しつぶされてしまうかもしれない。

このようなリスクを考えるとまず避けなければならない。

ベビーカーの持ち込み難しい

満席の電車では、ベビーカーの持ち込みも難しいことがほとんど。

最近では電車内に「優先スペース」が設置されているケースが増えていて、ベビーカーを乗せられる場所がある。

しかし、朝夕の通勤ラッシュではそんなスペースも人で埋まっている。

折り畳んで乗ったとしても、それを置く場所がない可能性が残る。

ドア付近にて乗客同士が押し合うような場面では、大人自身は電車に乗り切れたとしても、赤ちゃんとベビーカーは積み残しになってしまうこともあり得る。

こうした点から、朝夕の通勤ラッシュの電車に赤ちゃんとベビーカーとともに乗車するのは無理がある。

乗客同士のトラブルの元

閑散期であれば電車内マナーに関しても多数の乗客は比較的寛容的。

電車内にて赤ちゃんが泣き叫んでいたとしても、それを責めるケースは少ない。

少なくとも、それを必死に止めようとする親を見ると、それに対して不平不満を口にしたり罵声を浴びさせる人など皆無。

一方の朝夕の通勤ラッシュだと不寛容な世界が充満。

赤ちゃんが泣き叫んでいたり、便を漏らしてしまったりした場合には、周囲の乗客が怒りの言葉を口にしたり、激しく罵声を浴びせることがよくある話。

満員電車ではどうしても誰もがストレスを感じる場面になる。これによって、乗客たちが不寛容になる。

思いやりに欠けやすいところに変化するため、赤ちゃんを連れて朝夕の通勤ラッシュの電車に乗るのは現実的に難しいと言わざるを得ない。

昼間の空いている時間帯なら可

昼間の閑散期の電車なら

  • 空席が多くて座れる
  • ベビーカーを乗せられるスペースが豊富
  • 他の乗客たちも子連れに寛容

空席が多少なりとも残っている場合であれば、赤ちゃんを連れて新幹線に乗ることは不可能まではいかない。

さらに、電車内の乗客全員が座れるほど空いている昼間であれば、赤ちゃんを連れて電車に乗ることは特に支障はない。

途中で泣き叫んだり、便を漏らしてしまったりした場合には途中駅で一旦電車を降りて処置を講じることができる。

電車内にて赤ちゃんが泣き叫んでいたとしても、周囲の乗客とトラブルになる可能性はかなり小さい。

他の乗客たちが寛容

寛容な乗客たち

赤ちゃんを連れて電車に乗る場合は「優先席」に座る権利があるものの、実際に満員電車に乗るとそもそも優先席のある場所にさえ移動できないことが多い。

さらに、赤ちゃんを連れて乗ることに不寛容な人が多くなりやすい。満員電車は誰もが大きなストレスを感じるところのため、ちょっとした泣き声がトラブルにつながることが目立つ。

日本は特に朝夕の通勤ラッシュの鉄道は「通勤通学客が優先」という考えが根強い。

実際に赤ちゃんを連れて電車に乗ると、他の乗客とトラブルになるまでには至らなくても、「舌打ちをされた」とか「鋭い目でにらまれた」という事例はよくあること。

一方の昼間の時間帯は多くが寛容。

電車内で泣き叫んだとしても、乗車率が低い状態では他の乗客のストレス度が全体的に低いため、許容してもらえることが多い。

鉄道利用という点では同じでも、時間帯ごとの違うは全く別物と考えてよい。

満員電車での子連れに関するトラブルの例

ところで、赤ちゃんを連れて電車へ乗車した際のよくあるトラブルの事例については以下が多い。

主な内容 詳細 重症度
泣き声 赤ちゃんの泣き叫んだために、周囲の乗客から舌打ちをされたり、強く睨まれた。「うるさい」と怒鳴られることも。 ★★★
ベビーカー ベビーカーは面積を取るため、周囲から邪魔がられることがある。舌打ちや「邪魔くさい」と言われることも。 ★★★
咳やくしゃみ 咳やくしゃみによって唾液が周囲の乗客にかかることでトラブルに。服が汚れたなどで損害賠償の話もあり得る。 ★★★★★

泣き声やベビーカーの問題は全国的に公共交通機関でよくあるケースだが、まだ社会的には容認はされている。

一方の咳やくしゃみによって唾液がほかの乗客にかかることは内容としては少し厄介になりやすい。

「服が汚れたから弁償しろ」といった損害賠償の問題に発展することもある。

満員電車ではこのようなトラブルのリスクがあるため、赤ちゃんを連れて電車に乗るのは可能な限り避けたい。

もしどうしても通勤通学の時間帯に赤ちゃんを連れて電車に乗らなければならない場合は、このような点にはかなり敏感にならざるを得ないのは今の現状と言える。


広告

おすすめ記事