バークレイズの採用大学を公開! 就職難易度の目安も

バークレイズの採用大学は、東大、京大、東工大、一橋大、名大、東京外大、筑波大、横国大、慶應義塾大、早稲田大、上智大、立教大、立命館大、創価大。

出身大学名は極端に難関大学へ偏っているが、大学名そのものが問われるとは考えにくい。ただ、優秀な学生は偏差値が高い大学に所属することがは影響。

就職難易度は「最難関」。日本国内での採用がない年があり、あっても数名のみのため、倍率は相当な規模になる。基本的に100倍程度には到達すると予想。


主な採用大学

バークレイズ

バークレイズの採用大学は下記の通り。

バークレイズの採用大学
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、名古屋大学、東京外国語大学、筑波大学、横浜国立大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、立教大学、立命館大学、創価大学

バークレイズでは新卒採用の募集要項などに採用実績校を掲載していない。代わりに、主な大学のホームページ等で公表されている就職先実績にてバークレイズが確認できた大学を掲載。

上記は過去に最低1人以上の採用例が確認できた大学を示す。

バークレイズではグローバル採用となっているため、日本特融の国内新卒採用という区分がない。新卒採用は基本的にインターンシップからのスタートとなる。

「学歴フィルター」はあると判断

上記の採用実績校を見る限りでは、厳しい学歴フィルターがあると読み取れる。

各大学群ごとの採用の可否をまとめるなら、下記のようになる。

大学群/職種 事務系(文系)
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

採用実績がある大学の特徴は下記の通り。

  • 国公立大学は大都市圏の難関大学
  • 私立大学は早慶、上智、MARCH・関関同立の一部
  • 例外:創価大学

日系企業でも大手を中心に「学歴フィルター」があるといわれているが、バークレイズはさらに条件が厳しいと読み取れる。

大学名そのものは選考には関係ないと見込まれる。完全に人物重視と思われる。創価大学からも採用実績があるのはこのため。

難関大学ばかりが並んでいるのは、人物重視でも優秀と判断される学生は割合的に学力を十分に持つ人達で、すなわち偏差値が高い大学に所属するためだろう。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

難関大学(旧帝大・早慶など)ばかり

旧帝大クラスの難関大学

バークレイズの採用大学は前述の通り、難関大学出身者しか採用されないと判断できるほど。

採用例が確認できた具体的な大学は、国公立であれば東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、神戸大学、東京外国語大学、筑波大学、横浜国立大学、大阪市立大学。私立は慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、青山学院大学、立命館大学。

東京を中心とする首都圏または大阪を中心とする関西圏に立地する難関大学が多め。

日系の金融業界ではバークレイズほど高学歴への偏りが大きい企業はない。

国内採用、海外採用どちらも含む

日本特有の就職活動

ところで、「バークレイズ」では国内採用、海外採用の2通りの採用活動を実施している。

海外採用はさらに大学名はまったく関係ない。「どこの大学に在籍しているか」ではなく「何ができるか」が重要視される。

出身大学が就職に直接影響するのは、日本、韓国、中国が主流で、少なくとも欧米では無関係。

とはいえ、人物面でも優秀な学生は往々にして難関大学の学生たちであるのも確か。結果的には偏差値が高い大学の学生たちが評価される。

部門ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
セールス ★★★★★+ 100倍超、最難関
ストラクチャリング ★★★★★+ 100倍超、最難関
トレーディング ★★★★★+ 100倍超、最難関
リサーチ ★★★★★+ 100倍超、最難関
アセットマネジメント ★★★★★+ 100倍超、最難関
投資銀行本部 ★★★★★+ 100倍超、最難関
資本市場本部 ★★★★★+ 100倍超、最難関
シンジケーション本部 ★★★★★+ 100倍超、最難関

バークレイズにて募集がある職種・部門それぞれの就職難易度はこのような形になる。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

基本的に採用があるのは各部門1人あるかないかという規模。そもそも日本国内での採用がない年度もある。

一方、有名な外資系金融ということで募集がある場合だと応募者数は数百人には達すると予想。就職難易度は「最難関」になるのは確実。倍率も100倍以上には到達すると個人的には考える。

海外採用の方は日本国内の学生で内定を争うわけではないため、どれくらいになるかは想像が付かない。ただ、企業の事業内容や知名度を考えると、数十倍に収まるとは考えにくい。

インターンシップ

インターンシップに参加する大学生たち

バークレイズでは学生を対象としたインターンシップを開催している。

日本企業だと、「インターン」というと複数日に渡る会社説明会と職業体験が合わさったような性質が強い傾向があるが、外資系金融は選考直結型が主流で、バークレイズもその例外ではない。

インターンシップは実際に仕事をして、企業側は学生が実際にどれくらい仕事ができるのかを見ている。インターンでの出来具合が評価されれば内定を獲得できる可能性が上がる。

インターンシップ期間中の評価が高ければ、いきなり本選考の面接に来た学生よりは、「実際にどんな感じで仕事をするのか?」がわかるため、本選考では大幅に有利になるだろう。

インターンシップも難関大学ばかり

なお、インターンシップでも選考が実施される。書類選考から面接が行われ、だれでも仕事を体験できるわけではない。

ここでも人物面が重視され、優秀だと判断されや学生だけが実際に参加できる。

そして、参加者もほとんどが難関大学の学生。具体的には、東大、東工大、一橋大をはじめとする難関国公立大学、早大、慶大、上智大などの最難関私大。

インターンシップの体験記が掲載されたサイトでも、所属大学はこうした大学ばかりで、MARCH・関関同立でさえもかなり少ない。


広告

おすすめ記事

金融業界の就職難易度
業種 会社名
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行新生銀行ゆうちょ銀行
信託銀行 三井住友信託銀行SMBC信託銀行みずほ信託銀行
地銀 横浜銀行千葉銀行関西みらい銀行福岡銀行京都銀行
損害保険 損保ジャパン三井住友海上東京海上日動あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険
生命保険 日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券岡三証券
クレジット JCB三菱UFJニコス三井住友カードオリエントコーポレーションイオンフィナンシャルサービスクレディセゾン
外資系金融 ゴールドマンサックスドイツ銀行モルガンスタンレーUBSJPモルガンシティグループクレディスイスBNPパリババークレイズ
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本政策金融公庫商工中金農林中央金庫日本証券金融日本取引所グループ住宅金融支援機構

上記では金融業界(銀行・保険・証券等)の就職難易度について解説。就職偏差値は「金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化」にて取り上げる。