【要注意】自転車にも制限速度は適用される! ロードバイク含む

道路交通法上、自転車にも制限速度(指定最高速度)が適用される。時速40キロメートルの道路であれば、それを超えての走行はスピード違反に該当する。

罰則規定も一応はある。(信号無視などとは違って実際に刑罰に問われることは事例がない)

ただし、指定速度が記載されていない道路では、自転車は実質的に無制限。自動車であれば「法定速度=時速60キロメートル」が適用されるが、軽車両に関する規定はないため。


各事例ごとの自転車の制限速度

指定最高速度 普通乗用車/トラック 原付 自転車
30km/h 30km/h 30km/h 30km/h
40km/h 40km/h 30km/h 40km/h
50km/h 50km/h 30km/h 50km/h
60km/h 60km/h 30km/h 60km/h
表記なし 60km/h(法定) 30km/h 無制限

上記は道路標識にて記載されている最高速度別の各車種ごとの制限速度を示したグラフ。

道路交通法では以下のように記載されている。

道路交通法施行令

(最高速度)

第十一条 法第二十二条第一項の政令で定める最高速度(以下この条、次条及び第二十七条において「最高速度」という。)のうち、自動車及び原動機付自転車が高速自動車国道の本線車道(第二十七条の二に規定する本線車道を除く。次条第三項において同じ。)以外の道路を通行する場合の最高速度は、自動車にあつては六十キロメートル毎時、原動機付自転車にあつては三十キロメートル毎時とする。

引用:e-Gov「道路交通法施行令

ここでの「最高速度」とは何も標識で記載されていない場合の話。ここで適用されるのが「法定速度」。

一方、標識で指定されている場合に適用されるのが以下の道路交通法(第22条)

(最高速度)
第二十二条 車両は、道路標識等によりその最高速度が指定されている道路においてはその最高速度を、その他の道路においては政令で定める最高速度をこえる速度で進行してはならない。

引用:e-Gov「道路交通法

最初の道路交通法施行令の方では「自動車及び原動機付自転車」と記載されているのに対して、後の道路交通法では「車両」と記載。

自転車も軽車両ということでここで言う「車両」に該当する。故に、自転車も指定速度がある場合はそれに従わないといけない。

最高速度の指定がある道路

時速40キロ規制の自転車の制限速度

「40km/h」と記載されている道路なら、普通乗用車、トラック、オートバイは40km/hまでしか出してはいけない。

原付はさらに30km/hまでしか出してはいけないと道路交通法で定められているため、30km/hが上限。

一方の自転車は、原付ではないため一般車と同じく40km/hが制限速度。

40km/hを超えて走るのは「速度超過」に該当。つまりスピード違反ということになる。

<自動車の場合>スピード違反は何キロから捕まるのか調査! 具体的な速度の基準と目安

何も記載されていない道路

自転車の法定速度(指定速度なしの場合)

指定速度が何も記載されていない道路の場合は、自動車は60km/hと道路交通法施行令で定められている。

このように何も記載がない場合の最高速度が「法定速度」と呼ばれるもの。一般道路は60km/h、高速道路は100km/hと自動車教習所で習うのがこのルール。

しかし、ここで適用されるのはあくまでも「自動車及び原付」のみ。

自転車はどちらにも該当しない人力車。つまり、道路交通法施行令では自転車に関する記載がない。

特に法律で規定されていないということで、自転車は指定速度がない道路では実質的に無制限ということになる。

極端な話だが、自転車なら一般道路で80km/hでも100km/hで走ってもOK。

「30km/h制限」はあくまでも原付だけ

法定速度適用の幹線道路

ところで、原付は30km/hまでしか出してはいけないということは何となく知っていることだろう。

指定速度が50km/hの道路でも、原付は30km/hまでしか出してはいけない。

自転車に関しては原付ではないため、この法律は適用されない。

指定速度が30km/hならそれが上限であるが、50km/hなら自転車でも50km/hまで出してよいという決まり。

実際問題、自転車の安全速度は20km/h

スピードを出す自転車

ただし、実際問題として自動車と同じスピードで自転車が走行するのは非常に危険と言わざるを得ない。

最近ではロードバイクをはじめとするスポーツタイプの自転車が人気だが、自転車としての常識を超えて道路上を飛ばすことは反社会的とも捉えられる。

そもそも、道路交通法で自転車に関する速度規定があやふやになっているのは、自転車が高速走行することが前提となっていないためでもある。

ママチャリなら20km/h程度が巡航速度になる。あえて法律で厳しく規定する必要はこれまでなかったから、法定速度に関する規定がないと考えてよい。

交通事故を起こすと過失を問われる可能性あり

さらに、交通事故に遭った場合、自転車で過度にスピードを出して走行していると「危険行為」として過失を問われる可能性がある。

相手が車であっても、自転車ではせいぜい30km/h程度が常識的な限度として、「安全運転義務違反」と見なされることもあり得る。

ロードバイクで車道を走っていたとしても同じ。

常識的に考えれば、自転車で公道を走る際の限度は30km/hが1つの目安ではないか。

20km/hを推奨する例も

荒川の自転車道

自転車の安全速度として20km/hを推奨しているところもある。

一般道路ではないものの、サイクリングロードとして有名な荒川河川敷道路では、20km/h以下をお願いしている。

ここではロードバイクがタイムアタックするなど、かなりの高速走行をしていることでマナー問題にも発展している。

付近で遊ぶ人達、あるいは河川敷道路を歩く歩行者の安全から、自転車にも最高速度20km/hという要請が行われているのは無視できない。


広告

おすすめ記事