文系で営業以外の転職とは!? どんな職種や業種がある?

文系の営業以外の転職

文系出身で転職をする際に営業以外の職種に就くことはできるのか。モノを売る仕事が多い世の中、社会人採用でこのような条件に当てはまる募集は決して多くはない。

リクナビネクストやマイナビ転職などの転職サイトを見ても、文系向けの中途採用では大半が営業職での募集となっている。

そんな中で文系であっても営業以外の仕事は存在するのかというと、答えはYESである。すべての求人=営業では決してない。




文系かつ営業以外の職種とは?

文系出身者でも営業以外で就ける職種として代表的なものは以下のようなものになる。

  • 事務(営業事務・一般事務)
  • 総務、経理、人事、法務
  • 生産管理、品質管理
  • Webクリエイター、システムエンジニア

特徴として、いずれも顧客とは直接接しない仕事内容になる。

文系出身であっても理系出身であっても人と話すのが苦手という人は少なくない。営業ではどうしてもコミュニケーション能力がかなり重要になる。

人と接したり話したりすることに苦手意識があると、営業職はかなり精神的にきついかもしれない。

転職先では営業ではない仕事をしたいという人は結構多い。そんな時に応募先の候補になるのがこれらの職種を満たすところではないか。




営業職が圧倒的多数

ただし、文系を対象とした転職市場では圧倒的に営業職での募集が多いのも事実ではある。これは新卒での採用の場合も同じである。

  • 理系=技術職として入社・配属
  • 文系=営業総合職として入社・配属

理系出身者の場合は、主に技術職として採用されて配属される例が多い。製造業では製品の開発や研究に携わる。サービス業などでもシステム関係に携わる部署に回されることが多い。

転職の職種

一方で文系の場合は理系のような専門的な知識を持たないため、さまざまな職種に就けるチャンスがある。

ただ、やはり多くの人材が求められるのは営業である。これにより、文系出身者の多くは営業として配属されているのが現状だろう。

転職の世界でも営業での募集が多いのはこのためである。営業以外の中途採用は少ないことはまったく否定できない。

営業以外の募集が多い業種とは?

営業以外の中途採用

営業職以外の募集が多い業種とは何かというと、製造業・IT関連・卸売業が多い。

転職サイトでもこれらの業界において事務や総務に関する中途採用の求人が多く見られる。また、WebクリエイターやシステムエンジニアはIT関連の企業に多い。

いずれも文理不問となっていることが多い。専門職に当たるWebクリエイターやシステムエンジニアでさえも未経験者でもOKと記載されている例が多い。

逆に経験を必要とするのが技術職と呼ばれるところだろう。主に理系出身者が多い分野がこれに当たる。

はじめから専門的な知識や技能を必要とされるため、文系の人だと採用が難しい。