【受験科目】文系でも数学は本当に必要? それともいらない?

文系の数学とその必要性

文系でも大学受験では数学は必要になるのか。高校の先生や予備校の講師はこのように言う人が多数派を占めるが、数学はいらないという例もある。

実際に数学を勉強しなければならない人と必要がない人ではどのような違いがあるのか。

文系の大学入試では英語と国語は必須になるが、社会(地歴公民)でも代用できる大学も少なくない。




国公立 私立
数学の必要性 絶対必須 いらない例も
理由 センター試験があるから 英語・国語・社会で対応可

同じ文系の学部学科であっても、国公立大学と私立大学では受験科目の種類に違うがみられる。

国公立大学の場合は絶対にセンター試験を使う。すべての科目が総合的にできなければ、志望校への合格は難しい。

私立大学の場合は個別試験のみとなっている例が多い。センター利用という制度もあるが、個別試験のみという例が多数派である。

文系でも数学が必要になるかそうではないかは、この制度によって左右される。

国公立大を目指すなら必須

数学が必須の国公立大学

文系でも国公立大学を目指す人なら数学は確かに必要になる。理由はセンター試験で受験必須となっているからだ。

国立2次試験(個別試験)では英語と国語のみとなっている学校があり、地方の国公立になるとこのような傾向が強い。

数学を2次試験でも使うのは旧帝大レベルや上位国立大学の一部に限られる。英・国・数の3科目を求められるが、中堅レベルに下がるとそうではない。

しかし、地方の国公立大になるとセンター試験の点数配分が大きい。難関大学では2次試験のウエイトが大きいが、中位レベルだと2次試験の配分は少ない。

センター試験の重要度が増すと、当然数学ができないと合格点に達しない。センター試験の重要度に文系・理系の違いはない。




私立大ならいらないかも

一方の私立大学を目指す場合には、文系は数学がいらないことも多い。一般入試でもセンター試験を使わないコースで、さらに英・国・社の3科目またはいずれか2科目で受けられるところが多いからだ。

数学を選択することもできるが、数学が苦手な人が多い文系の大学入試では地歴公民を選ぶ人が多い。

センター試験を使わずに私立大学へ行くことを志望しているのなら、高校生の時から数学をあまり勉強しなくてもよいだろう。

公務員試験とSPIの数的処理

ただし、数学は後々役に立つことも考えられる。公務員試験では数学に該当する「数的処理」という項目がある。民間企業でもSPIなどで数的処理がある。

このように就職の試験の際に高校時代に学んだ数学が活かせる。受験で数学を使わなかった場合、後々苦労する可能性は決して小さくはない。

おすすめ記事