文系の転職は難しい!? 理系よりも大変になる理由とは?

転職が難しい文系

文系の転職は理系よりも難しいといわれている。中途採用の需要においてはエンジニアなどの技術職の募集が多い。

最も転職の求人数が少ないのは事務職である。常に供給過剰の状態となっている。営業職はまだまだ需要があるものの、転職の世界ではノルマがあるといった悪いイメージが強くて不人気の職種といえる。

なぜそれほど転職において文系は不利になりやすいのか。そんな疑問を今回は解決していきたい。




転職で不利になる文系

<文系を対象とした職種と実態>
営業職 法人営業、販売、コンサルなど 不人気
事務職 企画、管理、購買、総務など 求人数が少ない

文系を対象とした転職市場では、職種は大きく分けて2つに分けられる。営業系と事務系だ。

「営業=外回り」だとすると、「事務=内勤」と言える。始業時刻から終業時刻までほとんど社内で働くの事務職全般ではないか。

文系出身者向けの中途採用

求人数においては、営業職の募集は結構多い。業界を問わずあらゆる企業にて営業担当者の中途採用を実施している。反対に事務職の求人は少ない。

企画、管理、購買、総務などに関連する職種はあまり多くの人員を必要とはしない会社が多い。

文系出身者で転職を希望する場合、どうしても事務職を希望する人が多い。営業職でよくある売り上げのノルマなどがある印象が薄く、働きやすいと感じるためだ。

そんな背景から事務職の倍率は高くなりやすい。結果的に文系出身者の転職が難しくなる。

参照:文系で営業以外の転職とは!? どんな職種や業種がある?




なぜ理系は転職でも需要があるのか?

理系の中途採用と難易度

一方の理系の場合、転職市場で多く募集されている職種は技術職。機械、電気に関する仕事内容が多く募集されている。

これらの職種はもともと多くの人手と知識を必要とするところである一方、これに携わったことがある経験者の絶対数が少ない。

大卒の場合は7割近くが文系出身者ということで、理系の人口そのものが少ない。そして、理系の中でも機械、電気の知識を持っているのは一部に過ぎない。

需要に対して供給力が不足している社会的な背景が、理系の方が転職に有利になる理由と判断できる。

おすすめ記事