キャノンの新卒採用の倍率は!? 職種ごとの就職難易度

キャノンの新卒採用の就職難易度

キャノン株式会社(Canon)の新卒採用の倍率は職種によって違うものの、30~50倍前後になると予想される。採用人数は全体では500人ほどで多い。それに対して応募者数は10,000人くらいの規模になると思われる。

就職難易度に関しては一言で言うと「難関」というレベルだろう。内定獲得できる人は完全に優秀な学生に限られる。評価が少しでも下がる学生はすぐに不採用になってしまう。

電機メーカー、あるいは機械系製造業としてもCanonというブランドは広く名前が知られているため、多くの大学生・大学院生が新卒採用にエントリーする。

最近は製造業はそれほど人気業種ではなくなってきているが、それでも超大手ということでキャノンが大人気であることには変わりない。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) レベルの目安
事務系 ★★★★★ 最難関
技術系 ★★★★ 難関
※キャノンでは職種ごとに分かれて採用活動は行っていないものの、事務職・技術職の2つに大きく分けられる。

キャノンの新卒採用においては職種ごとの採用は行っていなく、全体でまとめて募集を実施している。総合職のような形である。

ただし人材確保は事務系と技術系で分かれて計画しているため、倍率も実質的には2つに分かれる。

就職難易度は、事務系「最難関」、技術系は一歩下がって「難」に該当する。

私見であくまでも目安であるが、倍率がかなり高くて競争が激しいのは確か。特に文系学生が多く応募して、しかも採用人数が少ない事務系コースは難易度が上がる。

技術系コース

キャノンの技術系の倍率

同じキャノンの新卒採用でも技術系コースに関しては、倍率は30倍前後と予想。就職難易度は若干下がって「難」というレベルが妥当だと判断。

事務系は文系学部の学生が多く応募し、特に専門的な知識は問われない。一方の技術系コースは募集対象者が理系学部に所属する学生である。工学部、理学部、情報学部の学部生・院生がターゲットになる。

日本国内の大学生を見ると、割合的には理系の方が圧倒的に少ない。技術系コースに応募する人が特定の学部学科の人だけに限定されるため、応募者数が相対的に少ない。

不特定多数の人たちが応募するわけではないため、キャノンの技術系コースの倍率は事務系コースより下がる。

さらに、採用人数も技術系コースの方が多く、100~300人くらいで毎年推移している。製造業ということで研究・開発・設計などに重点が置かれ、技術職を多く求めている背景もある。

事務系コース

キャノンの事務系の倍率

事務系コースについては、倍率は50倍前後になると予想。就職難易度は「最難関」レベルという表現になる。

対象としている学部学科は「全学部・全学科」となっている。理系のみならず文系の学生であっても自由に応募できる。

誰でも簡単に応募できる一方で、倍率も技術系コースよりもさらに高い。不特定多数の学生が募集対象になる職種のため、競争がかなり激しい。

日本の大学を見ると、理系よりも圧倒的に文系の学部学科の方が、学生数では多い。理系が全体の2~3割程度に限られることもあり、文系学生でも応募できる事務系にはたくさんの応募が集まる。

採用人数も技術系よりも少なく100人以下になる年が多い。それに対して応募者数は数千人規模になるだろう。こうなると、倍率はおよそ50倍が1つの目安になる。

事務系コースの主な仕事内容は企画・調達・営業・経理などの総務関係であるが、仕事の内容というよりはキャノンという会社そのものを目指してエントリーする学生が多いように感じる。

正解的に有名なブランドの中で働きたいからこそ、文系理系を問わず応募ができる事務系コースの競争が激しくなる理由とも言える。

出身大学はどこが多い?

キャノンの内定者の出身大学

「学歴フィルター」とは、出身大学で選考での有利・不利が決まる制度を指す。膨大なESを効率よく振るいにかける手段として使われる。

キャノンではそれほど出身大学が大きく影響するとは言われていない。それでも、書類選考では少しはインパクトが出てくるため、無関係であるとは到底言い難い。

<内定者の出身大学>
社員数の大小 主な大学
多い 旧帝大:東京大、京都大、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大、東工・一橋・神戸など

早慶上智:早稲田・慶應・上智

ふつう MARCH:明治大・青学大・立教大・中央大・法政大

関関同立:関西大・関西学院大・同志社大・立命館大

上位ランクの国公立大

少ない 日東駒専・産近甲龍クラスの私立大学

地方の公立大学

かなり少ない 上記以外の私立大学

事務系・技術系はいずれの職種においても所属する大学名が多少は影響する。中でも事務系は厳しい競争のため、より難関大学出身者が多いイメージが強い。

割合的に採用者数が多いのはやはり偏差値が上位の難関大学になる。国公立大なら旧帝大クラス、私立なら早慶上智クラス。誰もが知っていて、しかも学力が高い大学と評価されているところばかりだ。

MARCH、地方の国公立大もいるが割合的にはあまり多くはない。複数の人が内定を獲得するものの、ボリュームゾーンからは外れる。

>>就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

中堅以下の偏差値の学校に所属する学生にとってはよりハードルが上がると考える。ボリュームゾーンからは大きく外れる。

学生総数が多い日東駒専・産近甲龍を参考にしても、その規模の大きさの割にはキャノンから内定を獲得できる人が少ない。

出身大学だけで有利・不利が決まる「学歴フィルター」が完全に使われるわけではないものの、選考に少しは影響してしまうのが現状ではないか。

他の機械系製造業の就職難易度

業種 会社名
電機・機械 三菱電機パナソニックソニーNECキーエンス富士通オリンパス住友電気工業
重工業 日立製作所川崎重工業三菱重工業IHI新日鉄住金
自動車メーカー トヨタ自動車本田技研工業日産スバルいすゞ自動車
自動車関連メーカー トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織デンソー

アイシン精機


広告

おすすめ記事