化学メーカー業界への就職の難易度とは!? 偏差値をランキング化

化学メーカーの就職難易度

化学メーカーへの就職の難易度について取り上げる。内定までの偏差値を代表的な企業をランキング化してみた。

業界としては製造業に分類されるものの、機械製品メーカーとは違う特徴がいくつかある。新卒採用でも転職者向けの中途採用でも倍率が高い傾向が見られる。

採用人数の面でも機械系の製造業各社と比べると少ない。理系を対象とした技術職、文系が主流の事務職ともに入社が難しい。




化学メーカーの偏差値の目安

偏差値 企業
75 花王、旭化成、富士フィルム
70 三菱ケミカル、住友化学、東レ、P&G
65 三井化学、ライオン、TOTO
60 積水化学工業、コーセー、ユニ・チャーム
55 三菱瓦斯化学、日本ペイント、大陽日酸、関西ペイント、日本ガイシ

化学メーカー業界への就職の難易度の順位は上のような形になるだろう。誰もが知っている会社になるほど偏差値は高い。

知名度が高い=応募する学生数が多くなると考えてよい。さらに、テレビCMを放映している企業もまた倍率が高くなりやすい。理系も文系も内定獲得の難易度が上がる。

偏差値75:超難関企業

難易度が高い化学業界

化学メーカーの中でも偏差値75にランクインするのは花王・旭化成グループ・富士フィルムの3社である。このクラスになると超難関といっても過言ではない。

最終選考まで生き残って内定を獲得するためには運の要素も必要となる。いい大学出身かつ人物面でも非常に優秀だと見られることが多くても、不採用となって落とされる可能性が大いにある。

採用の倍率についても100倍を超えることもあるだろう。採用人数は技術職の方が多いため、理系の方がやや難易度は下がり、文系はさらに難しくなる。

ただ、どちらにせよ超難関というレベルになるのは間違いない。化学メーカーの中でも有名な大手企業のため、応募者は毎年例外なく殺到する。

出身大学で選考に有利不利になる学歴フィルターも存在する可能性がかなり高い。化学メーカー、あるいは製造業全体もこの例外ではない。




偏差値70:難関企業

偏差値70といえるのが、三菱ケミカル、住友化学、東レ、P&Gの4社が代表的な例になる。

同じくいずれも業界を代表するような大手企業に入る。社名は日本に住んでいる人であればだれもが知っているような会社である。

事業分野こそは各社によって違うものの、化学メーカーという業種に入る。化学・素材メーカーに就職したいと考えている学生であれば、これらの会社は必ず受けるところともいえる。

年収の面でも業界の中でも上位クラスということで高いことには変わりない。給料が良い会社ということも人気の理由の1つとなっている。

偏差値65:やや難関

偏差値65に入ってくるのが三井化学、ライオン、TOTOである。偏差値が70~75の化学メーカーと同じく誰もが聞いたことがある会社である。

業界の中でのシェアや年収の面では最上位クラスの会社と比べると劣ってしまうものの、それでも大手企業であることには変わりなく、年収も平均よりは大幅に高い。

知名度や会社の安定性から就活中の学生からの人気度は決して低くはない。化学メーカーを目指している人なら文系・理系問わず誰もが知っている会社となる。

製造業の中でも上位クラスといえるのはこの辺りが1つの目安となる。学歴フィルターが強い基準も偏差値65辺りまでとなることが少なくない。

偏差値55~60:知名度が低いが大手企業

化学メーカーの学歴フィルター

偏差値60に入るのは積水化学工業、コーセー、ユニ・チャームの3社、偏差値55に入るのは三菱瓦斯化学、日本ペイント、大陽日酸、関西ペイント、日本ガイシの5社をピックアップ。

この辺りまでくると企業名を知っている人は一部に限られてくる。業界を代表するような超大手ではないため、知らない人も少なくないだろう。

化学業界に詳しい人しか知らない会社が多いものの、それでも大きな利益を上げている企業であることには変わりない。

会社の規模も海外に進出していたり、企業所が全国展開しているところが多い。就活中の学生もこれらの会社の選考を受ける人が多く、倍率は決して低くはない。

なお、有名企業に多い学歴フィルターについては問われないことが多くなる。中堅大学以下の学生も多く採用されている。