千葉銀行の新卒採用の倍率は10~20倍、就職難易度はやや易

千葉銀行

千葉銀行の新卒採用の倍率は総合職は約20倍、エリア総合職は約10倍と予想。就職難易度は各々「ふつう」「やや易」。

営業エリアが行名の通り千葉県で、大学生が多く集まる首都圏が管轄である事情から、エントリー数は地銀の中では多くなりやすい。

ただし、近年は銀行そのものの就職人気度が低下しているのは確か。以前と比較すれば易化していると感じる。

地銀はその時代の就職トレンドの影響を受けやすい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職 ★★★ 20倍、ふつう
エリア総合職 ★★ 10倍、やや易

千葉銀行の総合職、エリア総合職の就職難易度はこのような形になる。

若干「売り手市場」で、企業の規模の割にはハイレベルでは決してない。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

総合職の倍率は20倍、難易度は「ふつう」

総合職

総合職に該当する総合職の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍と推定。

遠隔地への転勤があるコースで、引っ越しが必要な異動がある。千葉県外の店舗への転勤もあり得る。

地方銀行とはいえ、規模では地銀上位なこと、大学生が多く集まる首都圏の銀行のため、高倍率になりやすい。

近年は低金利政策で銀行そのものの経営状況が低迷していること、仕事が激務である傾向があることから、銀行全般の人気度が低下とはいえ、千葉銀行はまだまだ入行を希望する学生が多い。

こうした事情を考慮すると、倍率は約20倍ほどと予想。就職難易度は大手企業と比較して「やや易」に該当。

>>千葉銀行の平均年収は750万円、賞与は3~6ヶ月分

エリア総合職も倍率は10倍、難易度は「やや易」

エリア総合職

エリア総合職はエリア限定職。

総合職に比べるとポジション的にワンランク下という印象が大きいこともあって、就職難易度は「やや易」、倍率は約10倍程度と推定。

前述の総合職は自宅からの通勤は困難な地域への転勤が存在する一方、エリア総合職は勤務地限定という条件が付いている。転居を伴う異動はない。

したがって、自宅から通勤することを前提に就職したいと考えている学生がこれに応募。女性の割合は大きく、男性はかなり少ない。

通常の総合職との違いは、上級管理職への登用の有無と給料体系、そして男女比。

自宅から通勤することが前提ということで、実際に千葉銀行のエリア総合職として入行する人たちも、千葉県出身者がほとんど。

総合職と比べてもさらに全国から学生が集まるわけではなく、その分競争が和らぐ。

こうした背景から、就職難易度は「やや易」、倍率は約10倍と判断。

他行と比較して

千葉銀行はメガバンクのような全国展開する都銀ではないものの、地銀の中では預金量は上位勢に入る。

一般的な上場企業と比較しても知名度が高い。特に千葉県をはじめとする首都圏では多くの人が知っているはず。

メガバンクよりは入るのは簡単

メガバンク(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行)

地銀の中で首位の千葉銀行でも、メガバンクほどは就職難易度は高くない。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行は銀行では就職難易度もトップ。銀行への就職を希望する大学生たちは、特別な理由がない限りはこれらのメガバンクを希望するはず。

これらの次に人気なのは、りそな銀行、新生銀行、ゆうちょ銀行、三井住友信託銀行など。メガバンク傘下の信託銀行もここに該当するだろう。

その次は首都圏の地銀になるだろうが、千葉銀行よりも人気なところとしては、横浜銀行があげられる。預かり資産では千葉銀行を上回るため、その分就職先としての人気度は上がる。

おすすめ記事