千葉銀行の採用大学を一覧化、学歴フィルターは無し

千葉銀行の採用大学は、東大、一橋大、早稲田大、慶応大、千葉大、筑波大、横浜国立大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大、東京理科大学、成蹊大、日本女子大、日本大、東洋大、駒澤大、専修大、学習院女子大、千葉工大、神田外大、麗澤大、共立女子大、千葉経大、流通科学大など。

出身大学名によって就職選考で有利不利となる「学歴フィルター」はほとんどない。

総合職、エリア総合職の2種類のコースが新卒向けでは用意されているが、いずれも偏差値が高い大学でないと面接まで進めないことはない。特に後者は完全に学歴不問と判断。


主な採用大学

千葉銀行

千葉銀行では、マイナビやリクナビにて採用実績校を公開。主な採用大学は以下の通り。

千葉銀行の採用大学
青山学院大学、神田外語大学、学習院大学、学習院女子大学、共立女子大学、慶應義塾大学、駒澤大学、成蹊大学、専修大学、千葉大学、千葉経済大学、千葉工業大学、中央大学、筑波大学、東京大学、東京女子大学、東京理科大学、東洋大学、日本大学、日本女子大学、一橋大学、法政大学、明治大学、横浜国立大学、立教大学、流通科学大学、麗澤大学、早稲田大学

出典:マイナビ2021「(株)千葉銀行」

上記の採用実績校は総合職、エリア総合職いずれも含む。

>>千葉銀行の新卒採用の倍率は10~20倍、就職難易度はやや易

偏差値ランク別の採用実績校

大学ランク別の採用実績校とするならば、以下のようになる。

大学ランク帯 採用実績校
S 東京大学、一橋大学、早稲田大学、慶応義塾大学
A 千葉大学、筑波大学、横浜国立大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学
B 成蹊大学、日本女子大学
C 日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、学習院女子大学
D 千葉工業大学、神田外語大学、麗澤大学、共立女子大学
F 千葉経済大学、流通科学大学

採用実績校として公開されている大学の偏差値は様々なのがわかる。

偏差値が低い大学からも多数採用

学歴フィルター無し

千葉銀行では毎年150人の採用人数があるが、学歴フィルターはそれほど存在しない。

メガバンクの総合職や政府系金融機関のように、難関校に偏った採用ターゲット校はないと見込まれる。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

採用実績校では、GMARCH・関関同立以上の大学が揃っているものの、日東駒専のような中堅私大からも多数の採用があり、これら未満の偏差値ランク帯からの採用もある。

千葉県が営業エリアということもあって、千葉工業大学、千葉経済大学などからも採用人数が多め。

中堅私大は、メガバンクでは採用人数がかなり絞られている。これとは対照的。

メガバンクでは「旧帝大+早慶上智+GMARCH限定」といったような学歴フィルターが取り入れられているが、千葉銀行はこのようなことはない。

人数が少ないものの「Fランク大学」と呼ばれるところからの採用例もある。

職種ごとの学歴

千葉銀行では総合職、エリア総合職に分かれて採用が新卒採用の職種として存在。

比較した場合の学歴の傾向は、総合職はやや難関大学出身者が多い印象。

給料体系が高いからといった理由よりも、業務内容が高度なことや、幹部候補という性質があるため、高い学歴が好まれるのかもしれない。

>>千葉銀行の平均年収は750万円、賞与はおよそ5ヶ月分

総合職は高学歴が多め

旧帝大、早慶上智が主流の全国コース

前述の通り、総合職はやや高学歴に集中しやすい。

仕事内容が高度であることや、応募者数がエリア総合職に比べて多く、激しい競争となる。

競争が激しくなれば、より優秀さが求められ、実際に内定がもらえるのも偏差値が高い大学に所属する学生が中心となる。

主流層は、早慶上智、GMARCH、そして国公立大学全般と予想。

東大、一橋大、千葉大、横国大、あるいは早稲田大、慶応義塾大は少なくともこの「総合職」での採用ではないかと考える。

エリア総合職は学歴不問

学歴フィルターが薄い地域限定コース

エリア総合職はGMARCH以上がほとんどというほどではなく、むしろ半数にも満たないと予想。

学歴不問の傾向で、中堅私大以下からの採用が多め。千葉経大、千葉工大、あるいは日本女子大、共立女子大、学習院女子大などの「〇〇女子大」もエリア総合職と推定。

偏差値が低い大学に所属しているからという理由で、千葉銀行のエリア総合職の書類選考で落とされる可能性は低い。

志望動機、学生時代に頑張ったこと、そして住所(自宅の場所)が重要視されるのではないかと考える。

おすすめ記事