中央発條の採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

中央発條の生産ラインのイメージ

中央発條の採用大学は、名大、名工大、豊橋技科大、豊田工業大、東北大、富山大、福井大、金沢大、信州大、岐阜大、三重大、九工大、名城大、南山大、中部大、秋田大、名市大、愛知県立大、静岡大、静岡県立大、滋賀大、立命館大、APU、同志社大、中京大、愛知大、愛知淑徳大、金城学院大
など。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」が少なからず存在すると思われる。

新卒採用の倍率は事務系・技術系どちらも約20倍になると予想。就職難易度は数ある企業の中でも「ふつう」に該当。親会社のトヨタ自動車よりは低いが、内定獲得は依然として難しい。


主な採用大学

中央発條の採用大学は下記の通り。

中央発條の採用大学院(院卒-修士了)
名古屋大学、名古屋工業大学、豊橋技術科学大学、豊田工業大学、東北大学、富山大学、福井大学、金沢大学、信州大学、岐阜大学、三重大学、九州工業大学、名城大学、南山大学、中部大学
中央発條の採用大学(学部卒)
名古屋大学、名古屋工業大学、岐阜大学、三重大学、豊橋技術科学大学、富山大学、東北大学、福井大学、秋田大学、名古屋市立大学、信州大学、愛知県立大学、静岡大学、静岡県立大学、豊田工業大学、滋賀大学、名城大学、南山大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、同志社大学、中部大学、中京大学、愛知大学、愛知淑徳大学、金城学院大学

中央発條ではマイナビにて採用実績校を掲載。実際の新入社員の出身大学は院卒・大卒それぞれ上記の通り。

採用人数は毎年20名くらいにも上るが、全体的には難関大学ばかり。例外もいくつかあるとはいえ、主流派はある程度学力がないと入れないところばかり。

《参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターは若干ある?

学歴フィルターの下限

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」が若干ながらあると読み取れる。

主流層に関して、国公立・私立それぞれ以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:特に制限なし
  • 私立大学:日東駒専、産近甲龍、南愛名中以上

国公立大学は地方立地のところからも採用例があり、特に制限はない。

一方の私立大学は「中堅私大」に相当する日東駒専、産近甲龍、南愛名中以上。偏差値50に満たない大学からの採用例に乏しい。

大手企業でよく見られる学歴フィルターならではの特徴が見られる。

《参考:〈学歴調査〉トヨタグループの採用実績校、大学名を一覧化

学歴フィルターの対象範囲

中央発條における大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

偏差値ランクを目安に採用大学の範囲を言うならば、愛知県をベースにすると「南愛名中まで」と言える。

偏差値の傾向で例外的なのは愛知淑徳大学、金城学院大学、中部大学くらい。それ以外は偏差値55前後かそれ以上の大学ばかりが入社。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系 ★★★ 20倍、ふつう
事務系 ★★★ 20倍、ふつう

中央発條の技術系(理系)、事務系(文系)の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも大卒・院卒向けの「総合職」に該当する。

採用人数は例年20名となっているが、正式なデータこそ公表されていないものの、20倍程度が1つの目安ではないかと考える。

応募者数は約500人前後と思われる。それでも、採用人数が少ないこともあって、倍率はまだまだ高い水準なのは間違いない。

《参考:自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

事務系

事務系の採用倍率は約20倍と予想。就職難易度は高くも低くもない「ふつう」という表現が妥当だろう。

主に文系の学部学科の大学生を募集の対象とする職種。

不特定多数の学生たちが応募してくる傾向のあるコースだが、「中央発條」という会社名を知っている学生がそもそも少ないこともあって、応募者数が過剰状態とまではいかない模様。

自動車メーカーに就職したいと考えている学生も、多くは社名に「豊田」「トヨタ」などと付くところを目指すため、中央発條は簡単に言うと「盲点」になりやすい。

こうした事情から、事務系の倍率は約20倍、就職難易度は「ふつう」と判断。

技術系

技術系の採用倍率は約20倍と予想。就職難易度は高くも低くもない「ふつう」という表現が妥当だろう。

理学部、工学部を中心とする理系の学部学科の大学生を募集の対象とする職種。機械系の専攻分野に携わる学生だけが実質的に応募できるコース。

「中央発條」という会社名を知っている学生がそもそも少ないこともあって、応募者数が過剰状態とまではいかないが、自動車関連メーカーを志望する学生は目をつけるところではある。

とはいえ、文系と同じように自動車メーカーを目指す学生の多くは社名に「豊田」「トヨタ」などと付くところをまずは目指す。

ただ、採用人数がトヨタグループの上位企業と比較して大幅に少ないため、技術系の倍率は約20倍、就職難易度は「ふつう」と判断。

おすすめ記事

製造業の就職難易度と倍率の傾向
業種 会社名
自動車メーカー トヨタ自動車ホンダ日産自動車マツダスバルスズキいすゞ自動車三菱自動車ダイハツ工業
自動車関連サプライヤー トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織豊田中央研究所トヨタシステムズデンソーアイシン精機ヤマハ発動機住友電装ボッシュブリヂストン住友ゴム工業横浜ゴム豊田合成ジェイテクト大同メタル工業プライムアースEVエナジートヨタ九州愛知製鋼日立Astemo
電機 日立製作所三菱電機パナソニックソニーキャノンキーエンス富士通オリンパスNECシャープ京セラ日本電産村田製作所東京エレクトロンセイコーエプソン富士電機オムロン芝浦機械キオクシア
重機・工作機械 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHIファナック安川電機DMG森精機SMC川崎重工業ミネベアミツミコニカミノルタロームシマノ
鉄鋼・非鉄金属 日本製鉄JFEスチール神戸製鋼所日立金属大同特殊鋼三菱製鋼住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ
(業界全体) 自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

上記では自動車・電機・工作機械などの製造業およびそれに関連する企業の就職難易度(新卒採用)と倍率の目安について解説。 《新卒3年以内の離職率》《学歴フィルター》に関して、各々のページにて取り上げる。