中外製薬の新卒採用の倍率は30~50倍、職種別の就職難易度も

中外製薬

中外製薬の新卒採用の倍率はMR職が約50倍、研究職、開発職が約30倍と推定。就職難易度それぞれ「かなり難」「やや難」に該当。

採用人数はここ数年は100人前後。製薬会社の中ではやや多めの数値であるものの、募集人員に対する応募人員が大幅に超過するのは毎年変わらない。

国内製薬会社では武田薬品工業、大塚製薬、アステラス製薬など程大手ではないものの、製薬業界自体では比較的上位のポジション。少なくとも、この業界へ就職を希望するする学生なら知っている企業のはず。

大手企業ということで、書類選考でほとんどの応募者が落とされる。1次面接から最終面接まで進んで内定を獲得するのは相当難しい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
MR職 ★★★★★ 50倍、かなり難
研究職 ★★★★ 30倍、やや難
開発職 ★★★★ 30倍、やや難

中外製薬のMR職、研究職、開発職の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも大卒・院卒向け。

製薬会社では基本的に理系の職種よりも文系向けのMRの方が倍率こそは高くなりやすい。理由は単純で、専攻分野の指定がなく、誰でも応募可能なためである。

理系の研究職、開発職は専攻分野の指定があるため、中外製薬の中では相対的に難易度は下がる。

とはいえ、全職種いずれもエントリーシートによる書類選考から最終面接まで残ることはまったく容易ではない。研究職、開発職でも応募者過剰という点ではMRと違いはない。

《参考:製薬業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

研究職、開発職は倍率30倍、難易度は「やや難」

M&D

中外製薬の理系を対象とする研究職、開発職の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

薬品の研究・開発とその生産設備の設立・管理等が業務内容。応募人員は推定1,000人程度と考える。

詳細の仕事内容は下記の通り。

  • 研究職:創薬研究職、製薬研究職、エンジニアリング職
  • 開発職:臨床開発職、臨床薬理職、安全性職、信頼性保証職、品質保証職、薬事職、領域サイエンス職

募集対象の学部学科に関しては基本的に薬学部、農学部、理工系学部。専攻分野の指定が職種ごとに設けられている。募集の範囲が狭いほど、原則として応募者数は下がり、その分就職難易度は下がる。

書類選考から面接まで、理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

中外製薬は大学生にとっては比較的華やかな印象が大きい会社であるものの、入社時点で高い専門性を求められる分野であるため、応募できる学生は限られる。

MR職の倍率は50倍、難易度は「かなり難」

医薬品の営業を行うMR

一方の文系を対象とするMR職の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍と推定。

他の製薬会社と同じ内容になるが、理系の研究職、開発職とは対照的に内定獲得が難しい。

総合職だけでも応募者数は1,000人近くになるのではないかと推定。正式なデータは公表されていないものの、会社規模や知名度、業界の性質を考慮すると、これくらいになると推測。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。専攻分野は一切問われず、採用ターゲットとなる学部学科はない。

製品を問わず製造業全体と同じく、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部などだが、これらだけでもかなりの数になる。

こうした事情から、中外製薬のMR職の倍率は50倍と推定。就職難易度は「かなり難」との表現が妥当と判断。

他社と比較して

他社との比較

中外製薬の就職難易度を他社と比較すると、以下のようにまとめられる。

  • 製薬会社の中では「ふつう」
  • 化学業界、食品業界と類似

参考:中外製薬の採用大学を公開! 学歴フィルターは厳しめ

国内製薬会社の中で業界第5,6位。製薬会社以外の一般的な業界であれば、この辺りのポジションだとやや不人気の企業となりやすいものの、製薬会社は別。

業界全体が大人気の就職先であることから、まだまだ高倍率になりやすく、内定獲得はかなり難しい。

採用人数は毎年100名程度はあるが、それでも圧倒的に応募者数が多いことから、常に「買い手市場」となっているのは揺るぎない事実。

おすすめ記事