シティグループの採用大学を公開! 学歴フィルターは本社のみ

シティグループの採用大学は、東大、京大、東工大、一橋大、名学、阪大、神戸大、東北大、慶應義塾大、早稲田大、上智大、明治大、東京理科大、関西学院大、立命館大、筑波大、琉球大、沖縄キリスト教学院大、沖縄国際大。

東京本社採用は出身大学名は極端に難関大学へ偏っている。インターンシップ参加の書類選考でさえも「学歴フィルター」があると考える。

一方の沖縄採用は特に学歴フィルターはない。


主な採用大学

シティグループ

シティグループの採用大学は下記の通り。

シティグループの採用大学
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、東北大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、明治大学、東京理科大学、関西学院大学、立命館大学、筑波大学、琉球大学、沖縄キリスト教学院大学、沖縄国際大学

主な大学のホームページ等で公表されている就職先実績にてシティグループが確認できた大学を掲載。

上記は2018年以降に最低1人以上の採用例がある大学を示す。

屈指の「学歴フィルター」有り

上記の採用実績校を見る限りでは、厳しい学歴フィルターがあると読み取れる。

各大学群ごとの採用の可否をまとめるなら、下記のようになる。

大学群/職種 採用有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学) 無(琉球大除く)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン 無(沖縄除く)

沖縄県での採用を除いては、採用実績がある大学の特徴は下記の通り。

  • 国公立大学は旧帝大クラス
  • 私立大学は早慶、上智、MARCH・関関同立の一部

系日企業でも大手を中心に「学歴フィルター」があるといわれているが、シティグループはさらに条件が厳しいと読み取れる。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

なお、沖縄県での採用では学歴フィルターの傾向はない。偏差値に関係なく、琉球大学、沖縄キリスト教学院大学、沖縄国際大学の3校にて就職実績がある。

旧帝大と早慶、MARCH・関関同立の一部

シティグループへの就職実績がある早稲田大学

シティグループの採用大学は前述の通り、難関大学出身者しか採用されないと判断できるほど。

採用例が確認できたのは旧帝大と早慶、MARCH、関関同立に相当する大学のみ。

旧帝大クラスでも、実際に採用があるのは東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、大阪大学、神戸大学などの東京または大阪に近い所に立地する大学ばかり。そもそも勤務地が東京ということもあって、地方主要都市の立地では乏しい。

一方、私立大学は早稲田大学と慶応義塾大学、上智大学、MARCH・関関同立の一部、東京理科大学のみ。

MARCH・関関同立でもすべての大学がそろっているわけではなく、実際に採用があるのはいくつかのみ。

もちろん、成成名学、日東駒専・産近甲龍クラスの大学からの採用実績は確認できなかった。国公立に関しても、難関国公立に該当するところ以外は確認できなかった。

日系の金融業界ではシティグループほど高学歴への偏りが大きい企業はない。メガバンク3行や大手証券会社でも、基本的には日東駒専・産近甲龍までの採用は必ずある。

インターンシップの学歴フィルター

シティグループでは本選考だけでなく、インターンシップでも難関大学の学生ばかりが参加。選考でも高学歴勢が合格しているとみられる。

インターンシップは直ちに本採用になるわけではなく、実際に入社するにあたっては本選考を通過しなければならない。とはいえ、実際には社員との交流会などもあって、ある程度有利に働くとは考えられる。

ところで、インターンシップでも選考があり、Webテストから部門ごとの面接があり、これに合格できた人だけが参加できる。

そして、インターンシップでも「学歴フィルター」があると思われる。

インターンシップ参加者の具体的な大学

長期インターンシップに参加する学生のイメージ

実際にシティグループのインターンシップに参加している人達は東大、早稲田、慶応といった難関大学の学生ばかり。

個別の大学のウェブサイトや就職関連サイトにて掲載されているインターンレポートを見るとこのような大学が載っている。

全て旧帝大とそれに準ずる偏差値の国立大学、早慶上智、MARCH、関関同立の一部の学生。どんなに低くても明治大や東京理科大辺りのMARCHクラス。

インターンシップの選考もまずは提出されたESによる書類選考が行われるが、ここの時点で偏差値が低い大学ははじかれている可能性が考えられる。

部門と学部学科について

総合大学に設置されている学部学科

シティグループでは学部学科の指定はされていない。とはいえ、一部の部門では指定がある。

各部門で実際に採用ターゲットとされる専攻分野は下記と思われる。

  • 投資銀行/資本市場…文系
  • マーケッツ&セキュリティーズ・サービス…文系
  • リサーチ…文系
  • オペレーション&テクノロジー…文系、一部理系

特に理系関連の分野は完全に特定の学部学科、研究科からしか採用されない。

例えば、インフラストラクチャー・サポート(ネットワーク、サーバー関連)/銀行業務システム開発およびサポート/証券業務システム開発およびサポートの部門。

こちらでは、高度な金融工学に関する知識を持つ金融工学系やプログラミングや情報システムの知識がある情報工学系の学部学科・研究科を卒業する学生が対象。

グローバルファンクションテクノロジー(コンプライアンス・リスク、財務経理)システムサービスは。法律や条約等に関する知識を持っていることが求められる。こちらは、実質的に法学部の学生が対象になると見込まれる。


広告

おすすめ記事

業界別の各企業の採用大学(学歴事情)
業種 会社名
自動車 トヨタ自動車本田技研工業日産自動車マツダSUBARU三菱自動車工業スズキダイハツいすゞ自動車デンソーアイシン精機豊田自動織機ボッシュブリヂストン日立Astemo
電機、重機、工作機械 日立製作所ソニーパナソニック三菱電機ファナック安川電機三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタ富士通東芝シャープ京セラリコー日本電産村田製作所東京エレクトロンオムロンキーエンスロームコニカミノルタミネベアミツミシマノ
鉄道 JR東日本JR東海JR西日本JR九州JR北海道西武鉄道東武鉄道東急京王電鉄小田急電鉄京浜急行電鉄東京メトロ近鉄大阪メトロ、<鉄道車両メーカー>、<信号機メーカー
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
電力ガス 東京電力中部電力関西電力東京ガス大阪ガス
石油(資源エネルギー) ENEOS(旧JXTG)、出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石
製薬 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬
化学 三菱ケミカル住友化学旭化成積水化学三井化学富士フイルム信越化学工業東レ東ソーDIC帝人日東電工花王日本ペイント昭和電工マテリアルズ宇部興産関西ペイントJSR三菱ガス化学住友ベークライト東洋インキクラレ日亜化学資生堂コーセーカネカダイセルユニ・チャームデンカアース製薬
IT ヤフーLINEZOZO
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンク日立ソリューションズ日本電信電話NTT東日本NTTデータ大塚商会TIS伊藤忠テクノソリューションズ日立システムズNTTコミュニケーションズNTTコムウェアNTTファシリティーズ
コンサル・シンクタンク 野村総合研究所三菱総合研究所みずほ総合研究所日本総研大和総研三菱UFJリサーチ&コンサルティングみずほ情報総研富士通総研帝国データバンク東京商工リサーチ
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行ゆうちょ銀行三井住友信託銀行新生銀行三菱UFJ信託銀行横浜銀行千葉銀行福岡銀行静岡銀行京都銀行
保険 損保ジャパン東京海上日動三井住友海上あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券
信販 JCB三菱UFJニコス三井住友カード
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本取引所グループ日本証券金融農林中央金庫商工中金日本政策金融公庫住宅金融支援機構

上記では業界別に各企業の採用大学または出身者が多い大学について解説。学歴フィルターの傾向は濃いところと薄いところがある。