【第一生命]新卒採用の倍率は10~20倍、就職難易度を公開

第一生命

第一生命の新卒採用の倍率は、基幹総合職(G型)と基幹業務職(A型)が約20倍、基幹総合職(R型)が約10倍と予想。就職難易度はそれぞれ「ふつう」から「やや易」に相当。

採用人数は全体では200人前後。保険会社としてはやや少なめ。その一方、保険業界の中でも大手企業であり、当然ながら応募者数は確かに多い。

とはいえ、募集人数が数百人単位という大量採用でもある。そのため、倍率自体はそれほど高いものにはならない。

最近では「生命保険会社=キツイ」というイメージが定着していることもあって、人気度はやや低めでもある。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
基幹総合職(G型) ★★★ 20倍、ふつう
基幹総合職(R型) ★★ 10倍、やや易
基幹業務職(A型) ★★★ 20倍、ふつう

基幹総合職(G型)、基幹総合職(R型)、基幹業務職(A型)の就職難易度はこのような形になる。

最も人気度が高いのは全国転勤のある基幹総合職(G型)。給料水準が最も高いことから、採用人数に対して多くの学生がエントリーする。

逆に勤務エリアが特定される基幹総合職(R型)は人気度が低め。給料水準はG型よりも低いことが影響。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

基幹総合職(G型)の倍率は20倍、難易度は「ふつう」

基幹総合職(G型)

基幹総合職(G型)の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍と推定。

全国転勤があって海外への赴任もあり、他社では「総合職」に該当する職種。第一生命の看板的な存在と言える。

G型は転勤の有無だけでなく、将来的な幹部候補の筆頭でもある。

保険会社に就職したいと考えている学生だけでなく、銀行、証券、あるいは損害保険会社などの金融業界全般を志望している学生も受けてくる。

給料が最も高い職種である。特に欠陥のある社員でない限り、35~40歳前後では1,000万円に達する。

その上、「第一生命」と聞けば誰もが知っている会社。大学生でも聞いたことがない人はほぼゼロのはず。

このような状況もあって、第一生命の基幹総合職(G型)の倍率は20倍程度と推定。就職難易度は大手企業の中では「ふつう」。

>>第一生命の平均年収は約700万円と推定、賞与は4ヶ月分

基幹総合職(R型)は倍率10倍、難易度は「やや易」

基幹総合職(R型)

基幹総合職(R型)の就職難易度は「やや易」。倍率は約10倍程度と推定。

通常の「基幹総合職(G型)」との違いは引っ越しが必要な異動がない点。仕事内容そのものでは大きな違いはない。

自宅から通勤することが前提に考えられている職種。(勤務地は自宅からの通勤時間が片道1時間30分以内)

営業がすべてではないため、第一生命の中ではやや人気のある職種とはいえ、給料水準が全国的な転勤がある職種に比べて低いことで人気度が低い。

各地域によって採用計画とエントリー者数が異なるものの、就職難易度は「やや易」、倍率は10倍が目安。

基幹業務職(A型)の倍率は20倍、難易度は「ふつう」

基幹業務職(A型)

基幹業務職(A型)の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍程度と推定。

基幹総合職(G型・R型)とは違い、仕事内容は事務関連が中心。

営業ノルマ等は個人向け・法人向けのいずれもなく、大学生の間でも「保険会社の中では最も楽な職種」というイメージがある。

また、自宅から通勤することが前提に考えられている。(勤務地は自宅からの通勤時間が片道1時間30分以内)

こうした条件から、第一生命の中では人気のある職種。

就職難易度は「ふつう」、倍率は20倍が目安。社内では高レベルと言える。

まとめ

第一生命の新卒採用では、倍率はどれくらいになるのかと言えば、基幹総合職(G型)と基幹業務職(A型)が約20倍、基幹総合職(R型)が約10倍。

実際のところは公式のデータは公表されていない。ただ、会社の規模や知名度、仕事内容、給料水準、そして会社説明会への学生たちの参加状況等を考慮すると、これくらいの数値に収まると考える。

生命保険業界としてはかなり大手であり就活中の学生からは人気が高い会社であるのは間違いない。

生命保険業界の大手としては、他にかんぽ生命、日本生命、明治安田生命、住友生命などがあるが、第一生命も含めていずれも人気が大幅に低いわけではない。

G型とR型の就職事情の違い

第一生命への就職を検討する大学生たち

第一生命では総合職という点では同じでも、「G型」と「R型」の2つに分けて新卒採用が実施。

それぞれ、以前は「基幹職グローバルコース」と「基幹職エリアコース」という名称だった。

ともに「基幹職」という名称になっているが、2つでは勤務地に大きな違いがある。

グローバルコースの場合、勤務地は国内全域及び海外となっている。世界中のどこにでも転勤する可能性がある職種であり、幅広い学生から人気のコースとなっている。

内向きの学生が近年は増えていると世間ではいわれることがあるが、就活の市場ではその傾向はそれほど顕著ではない。

《参考:第一生命の採用大学を公開、学歴フィルターは一部で存在

年収が高いグローバルコース、だから人気

また、年収も平均するとエリアコースよりグローバルコースの方が高い。全国・海外への転居を伴う異動があるということで、基本給がまず高い。さらに、出世のスピードも速い。

グローバルコースは転勤を繰り返しながらざまざまな業務に携わり、会社の広いビジネスに挑戦しながらステップアップしていく。それにより、一部の地域で勤務する場合よりもテンポよく階級が上がっていく。

給料の面で待遇が良いこともまた、就活をしている学生の中では人気になる理由となっていると思われる。

なお、グローバルコースでは社内向けの業務とお客さん向けの営業などの業務があるが、どちらかに偏るということはない。あらゆる分野に携わるため、必ずしも営業のみということもない。

書類選考から面接まで

書類選考

第一生命では、ESを提出した段階で正式に応募したという形になる。マイページを作った段階ではまだプレエントリーという形になり、応募が完了したというわけではない。

ESを提出するといよいよ書類選考の段階へと入っていくが、ここでほとんどの学生が落とされる。書類選考では全応募者の半分も通過できないと思ってよい。

1次面接へと進むのは少数派ということになる。

そして、全部で5回ほどある面接を進んでいく中で、最終面接まで進んで内定を獲得できるのはほんのわずかな優秀な人材に限られる。

おすすめ記事

金融業界の就職難易度
業種 会社名
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行新生銀行ゆうちょ銀行
信託銀行 三井住友信託銀行SMBC信託銀行みずほ信託銀行
地銀 横浜銀行千葉銀行関西みらい銀行福岡銀行京都銀行
損害保険 損保ジャパン三井住友海上東京海上日動あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険
生命保険 日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券岡三証券
クレジット JCB三菱UFJニコス三井住友カードオリエントコーポレーションイオンフィナンシャルサービスクレディセゾン
外資系金融 ゴールドマンサックスドイツ銀行モルガンスタンレーUBSJPモルガンシティグループクレディスイスBNPパリババークレイズ
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本政策金融公庫商工中金農林中央金庫日本証券金融日本取引所グループ住宅金融支援機構

上記では金融業界(銀行・保険・証券等)の就職難易度について解説。就職偏差値は「金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化」にて取り上げる。