大東亜帝国の序列を順位にすると!? ランキングにしてみた!

大東亜帝国と呼ばれる5つの大学群の序列を順位化すると「東海大学>亜細亜大学>大東文化大学>国士舘大学>帝京大学」の順番になる。ただし、偏差値のレベル、知名度、就職のしやすさの点でランキングにすると、総合判定とは異なる。

首都圏では、日東駒専のワンランク下、辛うじて「Fランク大学」には該当しないという立ち位置。関西地区の摂神追桃、愛知県の名名中日と同じランク帯。

世間一般ではいずれも同じ程度のレベルで、そこに所属する学生としての身分は同じと捉えられやすい。

各大学間の差はわずか。それでも詳細に見れば、若干ではあるが優劣の差は存在。


大東亜帝国の序列

大東亜帝国の序列

大東亜帝国の序列は以下のようになる。

  1. 東海大学
  2. 亜細亜大学
  3. 大東文化大学
  4. 国士舘大学
  5. 帝京大学

学部によっては順番が入れ替わることがあるものの、総合的に見るとこのようなランキングが出来上がる。

東海大学が首位、帝京大学が最下位なのはほぼ固定と考えてよい。

参考:私立大学の序列とは!? レベルごとの「階級」を順位化

東海大学

東海大学は大東亜帝国の中でもトップ。箱根駅伝や野球で有名。医学部でも有名。

大東亜帝国のすべてを言えない人でも、東海大学なら名前は最低でも知っている人がほとんど。

東洋大学と混同する人もいるようだが、近年は東洋大学の偏差値が上がっていることもあってか、2つの大学を間違える人が減少していると感じる。

交通の便はやや不便。湘南キャンパスには、小田急小田原線の東海大学前駅が最寄り駅だが、そこからバスに乗らないと厳しい。駅名が大学名だが、駅前に大学があるわけではない。

また、大東亜帝国では首位でも、日東駒専と比べると大幅に劣る。知名度が低い専修大学や駒澤大学と比べても同ランク帯には及ばない。

また、キャンパスもすべて首都圏にあるわけではない。静岡県の清水キャンパス、熊本県の阿蘇キャンパス、熊本キャンパス、北海道の札幌キャンパスもある。

亜細亜大学

亜細亜大学は東京都武蔵野市にある大学。文系専門でもある。

特色としては、語学学習に非常に力を入れている点。留学に行く人も多いようだ。

学校名の通り、アジア地域の言語にも力を入れている大学。

交通の利便性に関しては、都心部にあるわけではないが、JR中央線の武蔵境駅から徒歩圏内と比較的良好。

東海大学と同じく箱根駅伝でよく登場する。

新宿に近く、放課後はバイトする生徒が多いです。

大東文化大学

同じく大東文化大学も箱根駅伝をはじめスポーツの分野で登場することが多い。

東松山キャンパス、板橋キャンパスの2拠点がメインだが、特に前者は埼玉県東松山市で都心部からやや遠く離れている。

東武東上線高坂駅からスクールバスで7分程度ということで、鉄道のみでのアクセスは難しい。

立地がやや不便なこともあって大東亜帝国の中では真ん中の立ち位置。

国士舘大学

国士舘大学は大東亜帝国の中ではやや目立たない存在。

世田谷キャンパス、町田キャンパス、多摩キャンパスの3か所あるが、ほとんどは東京23区内にある世田谷キャンパス。立地そのものは良好。

一方で附属高校の暴力事件が以前にあってか、イメージは良いとは言えない。

剣道の名門校・国士舘高校で、高校3年生の剣道部主将が監督の執拗なスクールハラスメントで適応障害になってしまった事件がある。

監督を半年間の謹慎処分となったものの、その後再び剣道部の監督になったのが問題を大きくした。

大学の方とは無関係だが、同じ「国士舘」という名前がつくため、イメージは落ちる要因になっている。

これにより、大東亜帝国の各大学の中でも立ち位置が下位。

帝京大学

帝京大学は大東亜帝国の中では立ち位置が低い。総合大学であるものの、プラスのメリットに乏しい。

キャンパスは板橋、八王子、宇都宮、福岡の4か所。

板橋キャンパスは都心部の立地だが、八王子キャンパスは郊外にあるためやや不人気。

さらに、理工学部、医療技術学部柔道整復学科、経済学部地域経済学科は栃木県の宇都宮キャンパスで、立地は完全に不便。

福岡キャンパスの福岡医療技術学部も同様。いずれも学生からは大不評。

さらに、帝京大学そのものが大東亜帝国の中でも特に「勉強ができない」という印象を持っている人が少なくなく、序列で最下位の一因でもある。

難関国立大学の「旧帝大」に対して「現帝大」なんて言われることも。

なお、帝京大学は大東亜帝国の5大学では唯一医学部が設置されている。偏差値は、一般的な学部では40台が平均である中、医学部だけに限っては65前後という数値。

いずれも社会的なイメージは低め

社会的なイメージ

大東亜帝国の5つの大学の間でもレベルや評判による序列はあるものの、いずれも社会的なイメージは低いと言わざるを得ない。(帝京大学医学部は除く)

これら5つの大学の偏差値に満たないところは「Fランク大学」「ボーダーフリー」と言われる。

つまり、最下位クラスとまではいかないまでも、下位クラスに入るようなところ。

《必読:大東亜帝国の学歴フィルター事情! 就職で大手企業はNGか

スポーツで話題になるだけ

大東亜帝国のスポーツ

世間で大学が話題になる場面とは、スポーツに関連する内容ばかり。勉学で話になることはまずない。

箱根駅伝、野球、ラグビーなどの運動系の話題で注目されることは確かによくある。

しかし、学問の面で話題になることはない。「〇〇の研究で…」というニュースが登場することはない。

勉強ができない印象が強い

勉強ができない大東亜帝国

さらに、世間体では大東亜帝国の学生であるとことは「勉強ができない」と評価される可能性が大きい。

  • 頭が悪い
  • 高校時代に勉強を怠った
  • 大学に遊びに行っている

上記のようなの偏見が持たれやすい。

>>低学歴な大学の基準! どこからが対象に入る?

実際にところ、これらの5つの大学に進学する学生は日東駒専以上の私立大学、および国公立大学全般には合格できない学力であるためにやむを得ず大東亜帝国に進学するのが多数。

偏差値が上位の大学に合格できる学力があるのみわざわざランクが下がる大東亜帝国に入学する人はほぼゼロ。

このような現状から、社会的な評価としては「勉強ができない」となってしまう。

おすすめ記事

大学の序列
分類 対象の大学
大学群 旧帝大MARCH関関同立日東駒専産近甲龍大東亜帝国
学部 学部カースト
2者対決 MARCHと地方国立関関同立と地方国立
大学別学部間 早稲田大学慶応義塾大学東京大学京都大学同志社大学東京外国語大学阪大外国語学部
地域別 東北地方関東(首都圏)東海地方北陸地方関西(近畿地方)中国地方四国地方九州地方
定義 Fランク大学の定義底辺国公立34校
上記では大学間の序列や社会的ステータスの違いについて解説。