デンソーテンの採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

デンソーテン

デンソーテンの採用大学は、東大、東工大、一橋大、阪大、東北大、北大、早大、慶大、明治大、青山学院大、中央大、法政大、東京理科大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、筑波大、横浜国立大、千葉大、電気通信大、東京農工大、埼玉大、首都大東京、名工大、大阪市立大、岡山大、新潟大、茨城大、宇都宮大、群馬大、長岡技術科学大、岐阜大、福井大、和歌山大、山口大、広島市立大、成蹊大、津田塾大、日本大、東洋大、芝浦工業大、東京都市大、東京電機大、大阪工業大、神奈川工科大等。

出身大学名は様々で、「学歴フィルター」は存在する傾向で、日東駒専・産近甲龍以上がほとんど。

倍率と就職難易度は、ソフトサービス系、ハード系が約10倍で「やや易」、営業系、コーポレート系が約30倍で「やや難」と推定。


主な採用大学

デンソーテンの採用大学は下記の通り。

デンソーテンの採用大学
東京大学、京都大学、一橋大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、国際基督教大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、東京理科大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、東京外国語大学、電気通信大学、名古屋工業大学、京都工芸繊維大学、大阪府立大学、大阪市立大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、新潟大学、信州大学、静岡大学、滋賀大学、熊本大学、岐阜大学、三重大学、富山大学、福井大学、奈良女子大学、和歌山大学、鳥取大学、島根大学、山口大学、香川大学、徳島大学、九州工業大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、滋賀県立大学、京都府立大学、兵庫県立大学、神戸市外国語大学、岡山県立大学、広島市立大学、北九州市立大学、大阪工業大学、奈良先端科学技術大学院大学、広島工業大学

上記は、デンソーテンへの就職実績が確認できた主な大学。マイナビの採用実績校に掲載されているもの。

採用人数は毎年60~90名前後。デンソーグループのみならず、大手企業として少なめではある。

《参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターは少しある

デンソーテンの学歴フィルターのイメージ

デンソーテンの採用大学の偏差値の傾向

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」は特にない模様。

国公立・私立ともに以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:すべて
  • 私立大学:大東亜帝国、摂神追桃以上

国公立大学・私立大学ともに偏差値はほとんど関係ないような範囲。

大手企業でよく見られる学歴フィルターのような傾向は確認できず。

See Also:デンソーの採用大学を調査! 学歴フィルターの事情も考察

学歴フィルターの対象範囲

デンソーテンにおける大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

出身大学そのものは多岐にわたるものの、偏差値ランクを目安に採用大学の範囲を言うならば、「国公立全般またはMARCH・関関同立まで」と言える。

中堅私大である日東駒専クラスでも、採用例があるのは大阪工大などの工業系のところばかり。

総合大学で文系が主流の日東駒専・産近甲龍の各校からの採用例がない。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系 5倍、易
事務系 ★★★ 20倍、ふつう

デンソーテンの技術系(理系)、事務系(文系)の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも大卒・院卒向けの「総合職」に該当する。

採用人数は例年60~90名となっているが、正式なデータこそ公表されていないものの、5~20倍程度が1つの目安ではないかと考える。

応募者数は500~1,000人前後と思われる。会社の知名度の割には募集人員が多いこともあって、大手企業ならではの高倍率というわけではない。

《参考:自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

事務系

事務系の採用倍率は約20倍と予想。就職難易度は高くも低くもない「ふつう」という表現が妥当だろう。

主に文系の学部学科の大学生を募集の対象とする職種。

不特定多数の学生たちが応募してくる傾向のあるコースだが、「デンソーテン」という会社名を知っている学生がそもそも少ないこともあって、応募者数が過剰状態とまではいかない模様。

自動車関係の企業に就職したいと考えている学生も、多くは社名に「デンソー」「豊田」「トヨタ」などと付くところを目指すため、デンソーテンもこの1社になりやすい。

こうした事情から、事務系の倍率は約20倍、就職難易度は「ふつう」と判断。

技術系

技術系の採用倍率は約5倍と予想。就職難易度は上場企業の中でも「易」という表現が妥当だろう。

理学部、工学部を中心とする理系の学部学科の大学生を募集の対象とする職種。機械系の専攻分野に携わる学生だけが実質的に応募できるコース。

親会社のデンソーこそは超有名だが、「デンソーテン」という会社名を知っている学生がそもそも少ないこともあって、応募者数が少ない。

自動車業界を目指す学生の場合、文系と同じように自動車メーカーを目指す学生の多くは社名に「豊田」「トヨタ」などと付くところをまずは目指す。

ただ、採用人数がデンソーグループの上位企業と比較して大幅に少ないため、技術系の倍率は約5倍、就職難易度は「易」と判断。

採用人数

過去3年間の採用人数は下記の通り。

  • 2020年4月入社:64名
  • 2019年4月入社:91名
  • 2018年4月入社:61名

いずれも30名程度で推移。会社の知名度の割にはやや多めという印象。

おすすめ記事

インフラ/資源/総合商社業界の就職難易度について
業種 会社名
高速道路 首都高阪神高速NEXCO東日本NEXCO中日本NEXCO西日本
電力会社 東京電力中部電力関西電力九州電力東北電力中国電力四国電力北海道電力、沖縄電力、北陸電力J-POWER(電源開発)日本原燃、日本原子力発電、ユーラスエナジーHD、SBエナジー、三菱日立パワーシステムズ、イーレックス
ガス 東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンクNTTデータNTT東日本TIS大塚商会伊藤忠テクノソリューションズ
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
石油 ENEOS出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石富士石油石油資源開発三井海洋開発

上記では総合商社、電力、ガス、鉄道、高速道路関連(インフラ、資源関連)の就職難易度について解説。