ディスコの採用倍率は10~30倍、就職難易度は職種別で異なる

ディスコ

ディスコの大卒及び院卒、高専卒の新卒採用の倍率は全体では10~30倍程度と推定。職種別では総合職のうち、総合職が約30倍、技能職が約10倍、事務職が約20倍くらいと推定。

就職難易度に関しては、総合職が「やや難」、技能職が「やや易」、事務職が「ふつう」に該当。

採用人数はここ数年は総合職と技能職はそれぞれ30~60人、事務職が10~20人。大手製造業としては少ない人数。ゆえに、その年度の応募者数の状況で競争率が大きく変動するのは確か。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職(本社採用) ★★★★ 30倍、かなり難
技能職(広島事業所) ★★ 10倍、やや易
事務職(本社採用) ★★★ 20倍、ふつう
技能職(長野事業所) ★★ 10倍、やや易

ディスコの事務系・技術系新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも総合職である。

総合職は事務・技術ともに応募者が多いこともあって、採用難易度は非常に高い。

一方、技能職は生産現場での業務が多いこともあってか、大学生では敬遠する人が少なくない。採用難易度もその分低下。

もっとも、ディスコは特に年収が高い企業として知られているため、全体的に就職先としての人気度が高い。

《参考:電機メーカー業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

総合職(本社採用)は30倍、難易度は「やや難」

本社採用の総合職

本社採用の総合職の就職難易度は全社採用で「やや難」レベル。倍率は約30倍と推定。

その年の内定者の数や世の中の景気によって変わってくるものの、平均するとこれくらいになると考える。

仕事内容は以下の通り。

  • 技術開発
    -新規装置開発(メカ/エレキ/ソフト)
    -精密加工ツール(ダイヤモンド砥石)開発
    -アプリケーション開発(加工方法・加工プロセスの開発など)
    -新規技術開発(レーザ/超音波/プラズマほか)
  • カスタマーサポート(カスタマーエンジニア/海外技術サポート)
  • 営業(国内営業・海外営業)
  • 管理系スタッフ(総務/経理/人事/情報システム/法務/広報/購買)
  • 事務サポート

平均年収が1,000万円近くのため、本社のある首都圏を中心に学生が集まる。

倍率は大手企業ならではの高い水準。

ゆえに、就職難易度は「やや難」という表現が妥当ではないか。

技能職は倍率10倍、難易度が「やや易」

技能職

技能職の就職難易度は「やや易」。倍率は約10倍と推定。

広島事業所と長野事業所それぞれ別々で採用選考を実施。

採用人数はディスコの中でも非常に多い。

生産現場での業務が多いこともあってか、大学生では敬遠する人が少なくない。工学部などに在籍する学生でも、研究開発に携わりたいと考える人は多いが、生産技術は敬遠する人が多い印象。

「技能職は高卒の仕事」と考えている学生も結構多いのではないか。

そんな背景もあって採用難易度もその分低下。就職難易度は「やや易」と表現する。

なお、広島採用・長野採用それぞれの違いは比較的少ない。長野事業所は周辺に大学が少なく、その分応募者数が少ないものの、採用人数も少ないため、倍率が大きく下がるとは考えにくい。

事務職は倍率20倍、難易度が「ふつう」

本社採用の事務職

ディスコの事務職のほとんどは本社採用。総合職を補完する仕事がメインの業務。

倍率は約20倍と推定、就職難易度は「ふつう」。

難関大学に所属する学生は総合職に必然的に応募する一方、そうではない大学かつ女子学生は事務職を選択しやすい。

ただ、事務職の対象者は文系がメイン。その文系の人口は非常に高く、首都圏に立地する私大の大半は文系。

ゆえに、採用人数に対して多くの学生がエントリーしてくる。同一企業でも内定までの難易度は比較的高い。

よって、ディスコの事務職の就職難易度は「ふつう」との表現。

おすすめ記事