電力会社への就職で「学歴フィルター」あり!? その基準とは?

学歴フィルターが厳しい電力会社

電力会社への就職では学歴フィルターが存在する可能性が大きい。インフラ業界を代表する業種でもあり、就職難易度は極めて高く、文系も理系も完全に買い手市場となっている。

採用選考においては大学名が少なからず重視されるとの見方が大きい。偏差値が高い難関大学に所属する学生の方がそうではない人よりも一歩リードしやすい構図となっている。




学歴フィルターのボーダーラインの目安

安全度 私立 国公立
余裕でクリア 早慶上智 旧帝大
概ねクリア MARCH、関関同立

東京理科大

大都市近郊の大学
微妙 日東駒専・産近甲龍 地方の国公立

学歴フィルターにおいてまったく問題といえる大学は非常に限られている。電力会社となると応募者が殺到する。数ある業界の中でもトップクラスの難易度になるため、採用ターゲット校は厳格になりやすい。

大学名のボーダーライン

私立大学だと早稲田・慶應・上智の3校が完全にクリアできる。これらの大学なら書類選考の段階で学校名が理由落とされるということはないだろう。

国公立大学であれば東大・京大をはじめとする「旧帝大」クラスなら同じく完全にクリアできる。

具体的には北海道・東北・名古屋・大阪・九州に加え、東工大・一橋大・神戸大がこのランクに入る。




MARCH・関関同立がボーダー?

私立大学で早慶上智の次のランクに来るとされるのがMARCH・関関同立とまとめられる学校群である。

通常の企業であれば大手であっても学歴フィルターに引っかかることはない。しかし、電力会社は倍率がかなり高くなるため、この辺りの偏差値ですら完全クリアとはいかない。

ESによる書類選考

書類選考でも通過できるのがエントリーシートの内容が極めて良いものであったり、学校での勉強内容が電力会社の事業内容と一致する一部の学生に留まる。

他とは一歩リードした人材だと評価されない限り、面接にまで進めない。大半はさっそくES審査の段階で落とされてしまうのが現実だ。

国公立大学であれば大都市圏に立地する上位レベルの学校がこれに該当する。首都圏では千葉大、埼玉大、首都大学東京(東京都立大)、横浜国立大、筑波大、関西圏だと大阪府立・大阪市立・京都府立などがこれに該当する。

文系と理系の差はある?

電力会社へ就職希望する文系・理系の大学生

通常だと理系の方は文系よりも就職難易度が低い。学歴フィルターの厳しさにおいても、理系の方が緩いケースが多い。

しかし電力会社に至ってはどちらも難易度がかなり高いため、学歴フィルターの強弱に差はほとんどないと考えてよい。

日本の大学生の人口比では文系が6~7割ほどを占め、理系は3~4割に留まっている。就職の世界でも理系学生の供給不足が起きていることが、文理の難易度の違いが生じる要因となっている。

電力会社はいずれの分野からも人気の就職先となっている。応募者数に多少の違いがあっても、買い手市場になっている就職の世界であることには変わりない。

おすすめ記事