ファナックの採用大学を調査! 学歴フィルターは完全に存在

ファナックの採用大学は、北海道大、室蘭工業大、北見工業大、弘前大、岩手大、東北大、秋田大、山形大、茨城大、筑波大、宇都宮大、群馬大、埼玉大、千葉大、東京大、東京農工大、東京工業大、電気通信大、一橋大、東京外国語大、横浜国立大、新潟大、長岡技術科学大、山梨大、信州大、富山大、金沢大、福井大、静岡大、岐阜大、名古屋大、名古屋工業大、豊橋技術科学大、三重大、京都大、京都工芸繊維大、大阪大、神戸大、和歌山大、岡山大、鳥取大、広島大、山口大、徳島大、愛媛大、九州大、九州工業大、佐賀大、長崎大、熊本大、大分大、宮崎大、鹿児島大、都留文科大、山梨県立大、首都大東京、大阪府立大、大阪市立大、兵庫県立大、慶應義塾大、早稲田大、東京理科大、上智大、明治大、青山学院大、中央大、法政大、関西大、同志社大、立命館大、芝浦工業大。

全体的に見ると、旧帝大をはじめとする国公立大学全般から早慶上智、MARCHまでが多い。日東駒専・産近甲龍以下が少ない。

製造業の中でも特に難関大学への偏りが大きい印象。学名だけでES審査や面接で有利になったり不利になるだろう(学歴フィルターの存在の可能性大)。


主な採用大学

学歴フィルターが強いファナック

ファナックの主な採用大学は以下の通り。

<大学院>
北海道大学、室蘭工業大学、北見工業大学、弘前大学、岩手大学、東北大学、秋田大学、山形大学、茨城大学、筑波大学、宇都宮大学、群馬大学、埼玉大学、千葉大学、東京大学、東京農工大学、東京工業大学、電気通信大学、横浜国立大学、新潟大学、長岡技術科学大学、山梨大学、信州大学、富山大学、金沢大学、福井大学、岐阜大学、静岡大学、名古屋大学、名古屋工業大学、豊橋技術科学大学、三重大学、京都大学、京都工芸繊維大学、大阪大学、神戸大学、和歌山大学、鳥取大学、島根大学、岡山大学、広島大学、山口大学、徳島大学、愛媛大学、九州大学、九州工業大学、佐賀大学、長崎大学、熊本大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京理科大学、明治大学、青山学院大学、中央大学、法政大学、芝浦工業大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、首都大学東京、大阪府立大学、大阪市立大学

<大学>
北海道大学、室蘭工業大学、北見工業大学、岩手大学、東北大学、秋田大学、山形大学、茨城大学、筑波大学、宇都宮大学、群馬大学、埼玉大学、千葉大学、東京大学、東京農工大学、東京工業大学、電気通信大学、横浜国立大学、新潟大学、山梨大学、信州大学、富山大学、金沢大学、福井大学、岐阜大学、静岡大学、名古屋大学、名古屋工業大学、豊橋技術科学大学、京都大学、京都工芸繊維大学、大阪大学、神戸大学、和歌山大学、鳥取大学、岡山大学、広島大学、山口大学、徳島大学、愛媛大学、九州大学、九州工業大学、佐賀大学、長崎大学、熊本大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京理科大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、中央大学、法政大学、芝浦工業大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、関西学院大学、首都大学東京、大阪府立大学、大阪市立大学、一橋大学、東京外国語大学

出典:マイナビ2021「ファナック(株)」

上記の採用実績校はマイナビにて公開。

100%学歴フィルターがある!

学歴フィルターの仕組み

上記の大学名からファナックでは学歴フィルターの傾向がある。

採用されやすい大学

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学(旧帝大+3)
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、東京理科大学
  • MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)
  • 千葉大学、横浜国立大学、筑波大学、東京外国語大学、東京都立大学、名古屋工業大学、名古屋市立大学、大阪府立大学、大阪市立大学(上位国公立)

事業所の拠点は山梨県や茨城県、鹿児島県などだが、全国的に会社名が知られていることで、大学生が多い首都圏と関西圏どちらからも多くの応募者が殺到。

ゆえに、採用大学も特定の地域への偏りはなく、それよりも偏差値の偏りの方が大きい。

>>就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターで無敵の東京大学

ファナックで最も偏差値が低い大学は、上記の実績表では芝浦工業大学。ここがボーダーライン。日東駒専・産近甲龍のいずれも採用実績がない。

大学名で有利・不利が決まる「学歴フィルター」が完全にあると考えられる。

MARCH、関関同立クラスに満たない大学は在籍する大学名だけで落とされる可能性が大いにある。

職種ごとの採用大学の傾向

事務系・技術系職種の採用大学

次に各職種ごとの採用大学の傾向について。

特に書類選考の段階で広く使われている手法が学歴フィルター。

原則として学歴フィルターは事務系>技術系の構図。文系が中心の事務の方がより高学歴であることが求められやすい。

事務系

事務系職種

事務系は、文系の学部学科の出身者かつ国公立大学全般またはMARCH、関関同立クラスの大学出身者が中心。

法学部、経済学部、文学部、外国語学部、社会学部、商学部などのいわゆる「文系」全般。

「全学部全学科」のため理系学部でも応募は可能だが、実際にはほとんどが文系出身者。この点では大学名は関係ない。

もちろん、日東駒専・産近甲龍の合計8校から応募者がいないとは考えられない。多数の応募があるものの、エントリーシートまたは面接で不採用になっているものと考えるのが合理的。

よって、大学名で有利・不利が決まる「学歴フィルター」があると推測できる。

参考:ファナックの平均年収は1,200万円! 職種・年齢ごとでも算出

技術系

技術系職種

技術系は理系の中でも工学部、理学部(物理系)、情報学部がほとんど。

ファナックの技術系職種の出身大学もMARCH、関関同立クラス以上の大学がほとんどで、ここがボーダーと判断。。文系と同じく理系でも難関校に集中。

製造業ではどこの会社でも芝浦工業大学、東京都市大学、工学院大学、東京電機大学、大阪工業大学、九州工業大学などのランクの工業系中堅私大の採用もある。

しかし、ファナックではこれらの大学すらかなり少ない。ほとんどはMARCH、関関同立以上の私大、もしくは駅弁大学以上の国公立大学。

>>【理系編】学歴フィルターの基準! 就職で問われる出身大学

ゆえに、学歴フィルターが大きいといえる。いずれの大学も毎年採用例があるわけではない。

おすすめ記事