富士通エフサスの採用倍率は約10倍、就職難易度は「やや易」

富士通エフサス

富士通エフサスの新卒採用の倍率は約10倍、就職難易度は「やや易」に該当。文系・理系どちらもほぼ同じ模様。

採用人数はここ数年は100人前後。大手企業ではかなり多い人数。

会社名そのものを知っている人はかなり少ないが、社名に「富士通」と付くことで応募者は少なくはない。とはいえ、募集人員が多いため、大幅に入社が難しいわけではない。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
フィールドエンジニア ★★ 10倍、やや易
テクニカルサポート ★★ 10倍、やや易
コーポレートスタッフ ★★ 10倍、やや易

富士通エフサスの理系・文系の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも総合職に相当し、院卒、大学などを対象とする。.

各々を文系・理系に分けると、以下のようになる。

  • フィールドエンジニア(営業、設計・構築、運用、導入展開・保守)=文系、理系どちらも
  • テクニカルサポート=理系
  • コーポレートスタッフ(総務・人事・経理 等)=文系

フィールドエンジニアは文系でも理系でもあり得る。一般的な情報通信業の会社のように、技術系は理系限定という感じではない。

《参考:情報・通信業界の就職の難易度とは!? 偏差値の順位をランキング化

すべて倍率10倍、難易度は「やや易」

富士通エフサスの文系・理系どちらも就職難易度は「やや易」。倍率は約10倍程度と推定。

募集要項では「全学部全学科」との事。対象者が限定されているわけではない。

ただし、あくまでも富士通の子会社というポジションであること、採用人数がかなり多いこともあって、倍率は高くても10倍程度と考える。

もっとも、応募者の主流層は理系であるのは確か。文系も応募があるものの、営業でさえも職種に「エンジニア」という語句が付いているためか、理系が中心な模様。

「エンジニア=理系のみがなれる高度な領域」というイメージが付きやすいのかもしれない。

他社と比較して

富士通エフサスは、富士通の子会社というポジションから、そこまで就職先としては人気ではない。

併願先と比較しても、第一志望とする学生は少ない印象。

See Also:富士通エフサスの採用大学を公開、おそらく学歴フィルター有り

情報通信業と比較して

情報通信業界

富士通エフサスは、情報通信業に属するが、富士通系列であるため、総合電機メーカー各社と併願する学生も多い模様。

類似企業として、下記が併願先になりやすいだろう。

  • 富士通
  • NTTグループ各社
  • 日立製作所、パナソニック、三菱電機、NEC、東芝とその関連会社
  • 大塚商会、TIS

就職難易度は各社でやや異なる。ただ、富士通エフサスはいずれよりも就職難易度は低いと考える。

上記の各企業はいずれも超有名。大学生でも誰もが知っているような会社。ゆえに、富士通エフサスと比較しても大幅に応募者が多い。

日立製作所、三菱電機、NEC、東芝などは子会社に何かしらの情報通信関連の会社を持っているが、富士通エフサスはこれらの会社と就職難易度は類似するだろう。

採用人数(過去8年間)

富士通エフサスの過去8年間の採用人数は下記の通り。

  • 2021年4月入社:128名
  • 2020年4月入社:100名
  • 2019年4月入社:111名
  • 2018年4月入社:101名
  • 2017年4月入社:123名
  • 2016年4月入社:104名
  • 2015年4月入社:103名
  • 2014年4月入社:102名

各年度、平均すると100名程前後で推移。

大手企業の中では多くも少なくもない範囲。ただ、子会社勢としてはやや多い人数ではある。


広告

おすすめ記事

インフラ/資源/総合商社業界の就職難易度について
業種 会社名
高速道路 首都高阪神高速NEXCO東日本NEXCO中日本NEXCO西日本
電力会社 東京電力中部電力関西電力九州電力東北電力中国電力四国電力北海道電力、沖縄電力、北陸電力J-POWER(電源開発)日本原燃、日本原子力発電、ユーラスエナジーHD、SBエナジー、三菱日立パワーシステムズ、イーレックス
ガス 東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンクNTTデータNTT東日本TIS大塚商会伊藤忠テクノソリューションズ
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
石油 ENEOS出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石富士石油石油資源開発三井海洋開発

上記では総合商社、電力、ガス、鉄道、高速道路関連(インフラ、資源関連)の就職難易度について解説。