富士通フロンテックの採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

富士通フロンテック

富士通フロンテックの採用大学は、東大、東工大、一橋大、阪大、東北大、北大、早大、慶大、明治大、青山学院大、中央大、法政大、東京理科大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、筑波大、横浜国立大、千葉大、電気通信大、東京農工大、埼玉大、首都大東京、名工大、大阪市立大、岡山大、新潟大、茨城大、宇都宮大、群馬大、長岡技術科学大、岐阜大、福井大、和歌山大、山口大、広島市立大、成蹊大、津田塾大、日本大、東洋大、芝浦工業大、東京都市大、東京電機大、大阪工業大、神奈川工科大等。

出身大学名は様々で、「学歴フィルター」は存在する傾向で、日東駒専・産近甲龍以上がほとんど。

倍率と就職難易度は、ソフトサービス系、ハード系が約10倍で「やや易」、営業系、コーポレート系が約30倍で「やや難」と推定。


主な採用大学

富士通フロンテックの採用大学は下記の通り。

富士通フロンテックの採用大学(大学院卒)
青山学院大学、茨城大学、宇都宮大学、大阪大学、大阪工業大学、大阪市立大学、岡山大学、神奈川工科大学、関西大学、関西学院大学、岐阜大学、群馬大学、慶應義塾大学、埼玉大学、芝浦工業大学、首都大学東京、成蹊大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、津田塾大学、電気通信大学、東京大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、同志社大学、長岡技術科学大学、名古屋工業大学、新潟大学、日本大学、一橋大学、広島市立大学、福井大学、法政大学、北海道大学、明治大学、山口大学、横浜国立大学、立命館大学、和歌山大学、早稲田大学
富士通フロンテックの採用大学(学部卒)
青山学院大学、大阪府立大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、学習院女子大学、近畿大学、熊本大学、群馬大学、慶應義塾大学、神戸大学、神戸市外国語大学、埼玉大学、佐賀大学、芝浦工業大学、首都大学東京、信州大学、上智大学、成蹊大学、千葉大学、中央大学、中京大学、電気通信大学、東海大学、東京大学、東京外国語大学、東京電機大学、東京都市大学、東洋大学、同志社大学、長岡技術科学大学、新潟大学、日本大学、法政大学、前橋工科大学、明治大学、名城大学、横浜市立大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学

上記は、富士通フロンテックへの就職実績が確認できた主な大学。マイナビの採用実績校に掲載されているもの。

採用人数は毎年30名前後。富士通グループのみならず、大手企業として少なめではある。

《参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターは少しある

富士通フロンテックの学歴フィルターのイメージ

富士通フロンテックの採用大学の偏差値の傾向

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」は特にない模様。

国公立・私立ともに以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:すべて
  • 私立大学:大東亜帝国、摂神追桃以上

国公立大学・私立大学ともに偏差値はほとんど関係ないような範囲。

大手企業でよく見られる学歴フィルターのような傾向は確認できず。

See Also:富士通の採用大学を調査! 学歴フィルターの事情も考察

学歴フィルターの対象範囲

富士通フロンテックにおける大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

出身大学そのものは多岐にわたるものの、偏差値ランクを目安に採用大学の範囲を言うならば、「国公立全般または日東駒専、産近甲龍まで」と言える。

中堅私大である日東駒専クラスまでの大学であれば採用事例が複数の大学から確認できた。

しかし、それ未満(偏差値50以下)の大学からの採用には乏しい。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
ソフトサービス系職種(フィールドSE、開発SE) ★★ 10倍、やや易
ハード系職種(機械設計、回路設計等) ★★ 10倍、やや易
営業系職種 ★★★★ 30倍、やや難
コーポレート系職種 ★★★★ 30倍、やや難

富士通フロンテックの新卒採用として採用がある総合職(ソフトサービス系、ハード系、営業系、コーポレート系)の就職難易度および倍率は上記のようになると考える。

採用人数は例年30名前後となっている。

対する応募者数は約500人ほどと推定。正式なデータこそ公表されていないものの、上記の競争率になると予想。

《参考:情報・通信業界の就職の難易度とは!? 偏差値の順位をランキング化

ソフトサービス系、ハード系

ソフトサービス系、ハード系

総合職のうち、理系が中心のソフトサービス系、ハード系の就職難易度は「やや易」。倍率は約10倍と推定。

ソフトサービス系職種(フィールドSE、開発SE)は募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。

募集要項では、多数派こそは理系だが、中には文系出身者もいると記載。

ハード系職種(機械設計、回路設計等)は機械工学系の理系のみを対象とする。

どちらも理系限定もしくは理系中心ということで、特定の専攻分野の学生のみが応募してくる職種の都合上、就職難易度および倍率は低めになりやすい。

営業系、コーポレート系

営業系、コーポレート系

一方の文系が中心の営業系、コーポレート系の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度になるのではないか。採用人数が若干名(5名程度)とかなり少ない点が影響。

応募する学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、社会学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部などの文系。

文系人口はかなり多く、専攻分野が問われない職種という関係から、応募者数は理系の方に比べると多くなりやすい。ゆえに、就職難易度と倍率も高めになる。

富士通グループで社名にも「富士通」という名前が付いているあることもあって、会社規模や知名度の割には入社が難しい。

採用人数

過去5年間の採用人数は下記の通り。

2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
————————————————————————–
大卒・院了  27名  39名  40名  28名  28名

いずれも30名程度で推移。会社の知名度の割にはやや多めという印象。

新卒入社後3年以内の離職率

なお、富士通フロンテックでは新卒入社後3年以内の離職率も公表されている。

具体的には、下記のように記載。

2015年入社   2016年入社   2017年入社
(2018年4月時点)(2019年4月時点)(2020年4月時点)
11.3%      13.0%     14.8%
退職人数 3名   退職人数 3名   退職人数 4名

10~15%ほどということで、大手企業の中では若干高めではある。

おすすめ記事

インフラ/資源/総合商社業界の就職難易度について
業種 会社名
高速道路 首都高阪神高速NEXCO東日本NEXCO中日本NEXCO西日本
電力会社 東京電力中部電力関西電力九州電力東北電力中国電力四国電力北海道電力、沖縄電力、北陸電力J-POWER(電源開発)日本原燃、日本原子力発電、ユーラスエナジーHD、SBエナジー、三菱日立パワーシステムズ、イーレックス
ガス 東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンクNTTデータNTT東日本TIS大塚商会伊藤忠テクノソリューションズ
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
石油 ENEOS出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石富士石油石油資源開発三井海洋開発

上記では総合商社、電力、ガス、鉄道、高速道路関連(インフラ、資源関連)の就職難易度について解説。