富士通総研の採用大学を公開! 学歴フィルターは厳格

富士通総研で勤務する社員

富士通総研の採用大学は、東大、東工大、神戸大、北大、早稲田大、慶應義塾大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、関西学院大、筑波大、横浜国立大、共立女子大。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」は存在すると思われる。


主な採用大学

富士通総研の採用大学は下記の通り。

富士通総研の主な採用大学
東京大学、東京工業大学、神戸大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、関西学院大学、筑波大学、横浜国立大学、共立女子大学

出典:東洋経済新報社「就活四季報2020」

富士通総研の採用実績校は東洋経済新報社「就活四季報2020」にて掲載されている。

採用人数は毎年「若干名」にとどまり、さらに採用そのものはない年度もある。少数のみ採用されていることもあって、ほぼ全員が難関大学ばかり。

《参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターはある

学歴フィルターの例

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」があると読み取れる。

国公立・私立ともに以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:旧帝大、筑横千
  • 私立大学:早慶、上智、MARCH、関関同立

国公立大学は旧帝大をはじめとする難関校のみ。私立大学も早慶上智、MARCH、関関同立のみ。例外的に共立女子大学があるだけ。

大手企業でよく見られる学歴フィルターならではの特徴が見られ、さらにその基準はかなり厳しい。

電機メーカーである親会社の富士通と比較しても大幅に高学歴へ偏っている。

学歴フィルターの対象範囲

富士通総研における大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

偏差値ランクを目安に採用大学の範囲を言うならば、「MARCH・関関同立まで」と言える。

なぜこんなに難関大学ばかり?

難関大学に該当する大学

富士通総研にて「学歴フィルター」の基準がかなり厳しく、採用大学が旧帝大、早慶上智、MARCH、関関同立の一部に限られている理由として下記が考えられる。

  • 採用人数が非常に少ない
  • シンクタンクという業界全体が就職市場で人気度が高い

富士通総研では新卒採用がある年度でも5名程度が条件。大手企業と比較して大幅に少ない人数。

一方、シンクタンクは全体的に就職したいと考える学生がかなり多い業界。富士通総研もその中の1社。

応募者数が大幅に募集人員を超過していることから、どうしても絶対的に優秀な大学生が多く集まる難関大学に偏る。

おすすめ記事

金融業界の就職難易度
業種 会社名
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行新生銀行ゆうちょ銀行
信託銀行 三井住友信託銀行SMBC信託銀行みずほ信託銀行
地銀 横浜銀行千葉銀行関西みらい銀行福岡銀行京都銀行
損害保険 損保ジャパン三井住友海上東京海上日動あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険
生命保険 日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券岡三証券
クレジット JCB三菱UFJニコス三井住友カードオリエントコーポレーションイオンフィナンシャルサービスクレディセゾン
外資系金融 ゴールドマンサックスドイツ銀行モルガンスタンレーUBSJPモルガンシティグループクレディスイスBNPパリババークレイズ
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本政策金融公庫商工中金農林中央金庫日本証券金融日本取引所グループ住宅金融支援機構

上記では金融業界(銀行・保険・証券等)の就職難易度について解説。就職偏差値は「金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化」にて取り上げる。