ガス会社への就職に「学歴フィルター」はやはり存在するのか!?

学歴フィルターのあるガス会社

ガス会社の就職において学歴フィルターはどれくらい重視されるのか。人気の大手企業だと採用ターゲット校というのがあり、有利になる大学と不利になる学校があることが多い。

全国的に知られているガス会社から地方の地場の企業まで幅広く、実際には各社によって多少違ってくる。

とはいえ、全体的な傾向としては難関大学になるほど内定に有利になる傾向が見られる。偏差値が高くない無名な大学に所属している学生にとっては不利になる可能性があるのは否定できない。




大学ランクのボーダーライン

大学ごとの就職難易度

ガス会社における学歴フィルターの基準としては以下のようになると考える。

私立大学の目安

安全度 主な学校
余裕でクリア 早稲田、慶應義塾、上智、東京理科
概ねクリア 明治、青山学院、立教、中央、法政

関西、関西学院、同志社、立命館

やや困難 日東駒専・産近甲龍の各校

私立大学の場合、学歴フィルターでは間違いなくクリアできるのは早稲田・慶應・上智の3大学だろう。東京理科大も理系としては上位に入るため、ここもクリアとなるだろう。

概ねクリアの水準としてはMARCH、関関同立に該当する学校になる。学歴フィルターで不利になる理由はないものの、学生数の割には採用数が少ない。

参照:MARCHは就職の学歴フィルターでセーフ、それともアウト!?

日東駒専、産近甲龍クラスになると若干不利になってくるように感じる。ガス会社のような人気のインフラ業界になると内定をもらえる人が少ないようだ。




国公立大学の目安

国公立大学でも学歴フィルターの傾向がないわけではない。

安全度 主な学校
余裕でクリア 東京・京都・北海道・東北・名古屋・大阪・九州

東京工業・一橋・神戸

概ねクリア 千葉・筑波・埼玉・横浜国立・横浜市立・首都大学東京

大阪府立・大阪市立・京都府立など

微妙 地方の国公立大学

国公立大学の場合は私立大学と比べると学歴フィルターが強いわけではない。

地方の国公立の採用人数は少ないものの、学生数や応募者数で見ると大都市とその周辺に立地する学校の学生が多いため、相対的に地方部の学生数が少ない。

エントリーしても書類選考で落とされてしまう可能性が初めから高いとは言えない。

ただし、確率的にはどうしても偏差値が高い学校に所属する学生の方が高く、レベルの高い旧帝大クラスやそのあたりのランクの大学の人が有利になるのも確か。

ガス会社は他の業界よりも顕著

ガス会社と大学名の重要性

誰もが知っている大手企業では少なからず学歴フィルターがあるといわれている。応募者数が巨大な数値にのぼるため、優秀な人材だと評価されやすい難関大学に所属する学生が有利になりやすい。

ただし、大手という点では同じでも業界によって異なってくる。中でもインフラ業界は全体的に学歴重視社会という見方が大きい。

そして、インフラ業界に分類されるガス会社もこれに該当する。

経営が安定していて、固定客が多くてノルマなどのイメージが薄いガス業界は就職先としてどこの会社も人気度が高い。

学歴フィルターの強弱は就職人気度と比例すると考えてよい。

ガス会社でもテレビCMを放映している東京ガス、大阪ガス、東邦ガスなどは全国的にもよく知られていて、特にESによる書類選考の段階で大学名が重要になると考えられる。

おすすめ記事