女子大の就職で有利・不利のどっち!? 学歴フィルターの事情

女子大学の就職の事情

女子大の学生の就職の事情について考察する。知名度が高い大手企業を中心に「学歴フィルター」がある新卒採用の世界だが、そんな中で女子大出身者は有利になるのか、それとも不利になるのか。

学力の偏差値が高い難関大学の学生ほど就職では優勢に進み、逆に中堅以下だと不利になるというのが学卒向けの就活市場の特徴だが、男女別学である女子大のほうはちょっと違う。

もちろん、偏差値が高いほど有名な大手企業から内定を獲得しやすいことには変わりないものの、多少レベルが低い学校でもESで速攻不採用という感じにはなりにくい。




女子大の各大学の学歴フィルター

女子大学の就職での学歴フィルターの優劣については、下の表のような感じになることが多い。

女子大なら偏差値の割には大手企業に入りやすいものの、それでもあまり知られていない学校だと不利になる可能性が否定できない。

安全度 主な私立大学
 余裕でクリア お茶の水女子大
概ねクリア 日本女子大・東京女子大・津田塾大

群馬県立女子大・奈良女子大・福岡女子大

アウトかも(微妙) 上記以外

最高峰のお茶の水女子大学

学歴フィルターの世界において余裕でクリアできるのは、国立大学であり女子大の最高峰に君臨するお茶の水女子大学である。

ここなら、超大手企業でも通用するくらいのネームバリューがあり、書類選考の段階でも評価が高い。

旧帝大クラスに匹敵するくらいの大学力といっても過言ではないだろう。

大学受験の産業界では、お茶の水女子大学は偏差値上では上位国公立に分類される。

首都圏だと、千葉大・筑波大・・横浜国立大。横浜市立大・首都大(東京都立大)などと同じくらいになる。




その他国公立・有名女子大

就職で有利になる女子大

以下の女子大学もまた、「概ねクリア」できる圏内に入る。学力はそれなりに高くて、勉強ができるとして評価されやすい。

  • 群馬県立女子大(公立)
  • 奈良女子大(国立)
  • 福岡女子大(公立)
  • 日本女子大
  • 東京女子大
  • 津田塾大

参照:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

お茶の水女子大学のように完全な難関大学ではないため、誰もが知っているような超大手企業かつ就職先人気ランキングの上位にランクインするような会社だと多少不利になる。

しかし、それ以外の一般的な東証一部上場企業であれば、不利になることは考えにくい。学歴フィルターに引っかかるような学校ではないのは確か。

少なくとも自分が所属する大学名が理由で落とされることはない。書類選考の段階で不採用となったら、それは何か別の理由があると考えられる。

このあたりの女子大でも人によっては就職で劣勢になるというイメージを持って「学歴コンプレックス」を持っている人もいるが、この辺りでは実際にはそんな心配は無用と考えられる。

それ以外の女子大はOUT?

就職で不利になる女子大学

マイナビCMより

一方、上記の表に名前が出て来なかった女子大学に関しては、残念ながら学歴フィルターで引っかかってしまう可能性がある。

偏差値は低くて知名度もそれほど高くはない。企業の採用担当者でも把握していないことが多い。

そのため、応募者数が多くて書類選考の段階で多くのエントリーした学生を落とす大手企業となると、あっさり落とされてしまう対象になりやすい。

地域によっても多少が異なってくるものの、少なくとも首都圏の企業では、上で挙げた大学以外の女子大では就職の事情は大手に限れば悪くなる。

通常の男女共学の大学と就職の事情はあまり変わらない。あくまでも偏差値の割に良い傾向が見られるのは、「概ねクリア」で登場した6つの女子大学と考える。

おすすめ記事