GMOとくとくBBの光回線が遅い! でもV6プラスは例外!?

【GMOとくとくBB】ドコモ光

GMOとくとくBBというプロバイダが提供しているドコモ光及びNTTフレッツ光の回線速度が遅いという評判が多い。

夜の21時頃になると極端に悪化して、YouTubeなどの動画サイトやオンラインゲームに支障が出る。

光コラボであるドコモ光でもNTTフレッツ光で直接契約している場合でも、GMOとくとくBBを介すため、回線速度には違いがない。

  • V6プラスは例外で速い
  • プロバイダによる回線速度の違いがない
  • 遅いのはあくまでも従来のIPv4・IPv4接続の場合

V6プラス接続なら例外で非常に速い

ただし、V6プラスでの接続ができている場合はGMOとくとくBBでも回線速度が安定して速い。

実測値は各地域や家庭の配線によって違ってくるものの、ほとんどの利用者は100Mbpsを超えていることが多い。

Speedtest By Ooklaで回線速度を測定すると、下りも上りも安定して最低でも100~200Mbpsは出ている。

GMOとくとくBBの「V6プラス」、回線速度の実測はいくつに!?

ダウンロードもアップロードも速いという証といえるだろう。もちろん、有線LANでも無線LAN(Wi-Fi接続)でも安定したスピードが出ている。

V6プラスはプロバイダを経由しない

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6

V6プラスの仕組みの正式名称は「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」となっている。これを提供しているプロバイダはGMOとくとくBBのほかにも複数ある。

V6プラスは日本ネットワークイネイブラー商標である。宅急便がヤマト運輸の商標であるのと同じ感じだ。

V6プラスではIPv4で接続する通信をIPv6に変換するためにVNE事業者を経由して通信する。その一方でプロバイダは経由しない。

したがって、プロバイダごとの回線速度の遅い・速いの影響を受けない。そして、GMOとくとくBBのドコモ光もフレッツ光もとくとくBBを経由しない。

もしV6プラスでもGMOとくとくBBだけ回線速度が遅いという口コミがあったとしたら、それは嘘で完全な誤りである。

遅いのはあくまでも普通のインターネット接続

遅いGMOとくとくBBのネット回線

GMOとくとくBBで遅いという評判は、渋滞のIPv4またはIPv6接続でインターネットを利用している人である。

また、V6プラスに申し込んでいてもそれに対応したルーターを使用していない可能性も考えられる。

V6プラスに対応しているのは一部の機種に限られている。値段がまあまあ高いWi-Fiルーターがそれに該当する。

値段が安いルーターは残念ながらV6プラスには対応してない。何をしても従来の通信方式となる。

夜の21時頃のようにインターネットの回線が混雑する時間帯では悪い影響を受け、デメリットとなってしまうのが避けられない。

【GMOとくとくBB】ドコモ光