ゴールドマンサックスの採用大学を公開! 学歴フィルターも

ゴールドマンサックスの採用大学は、東大、京大、東工大、一橋大、北大、東北大、名大、阪大、神戸大、九大、慶應義塾大、早稲田大、上智大、ICU、明治大、青山学院大、東京理科大、同志社大、筑波大、横浜国立大、千葉大、東京外大などに限られる。

出身大学名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」の流れが見られる。Webテスト(SBI)では高い学力が求められ、さらに外資系金融ということで高い英語力が必要。

勉強ができない学生は残念ながらゴールドマンサックスへの就職は完全に不可能だろう。


主な採用大学

ゴールドマンサックス

ゴールドマンサックスの採用大学は下記の通り。

ゴールドマンサックスの採用大学
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、国際基督教大学、明治大学、青山学院大学、東京理科大学、同志社大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京外国語大学、お茶の水女子大学、東京農工大学、滋賀大学、広島市立大学

ゴールドマンサックスでは新卒採用の募集要項などに採用実績校を掲載していない。代わりに、主な大学のホームページ等で公表されている就職先実績にてゴールドマンサックスが確認できた大学を掲載。

上記は過去5年間に最低1人以上の採用例がある大学を示す。

屈指の「学歴フィルター」有り

上記の採用実績校を見る限りでは、厳しい学歴フィルターがあると読み取れる。

各大学群ごとの採用の可否をまとめるなら、下記のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

採用実績がある大学の特徴は下記の通り。

  • 国公立大学は旧帝大クラス+筑波、横国、千葉
  • 私立大学は早慶、上智、ICU、MARCH・関関同立の一部

書類選考で落とされることはもちろんのこと、面接でも多くがバタバタと落とされているものと予想。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

旧帝大と早慶でほとんど

ゴールドマンサックスの採用大学の1つである早稲田大学

ゴールドマンサックスの採用大学は前述の通り、難関大学出身者しか採用されないと判断できるほど。

採用例が多いのは旧帝大と早慶、またはそれに準ずる偏差値の大学のみ。

具体的には、国公立であれば東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京外国語大学。

私立大学は早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、国際基督教大学、そしてMARCH、関関同立の一部のみ。

特にMARCH、関関同立は特に優秀な学生が集まりやすい明治大学、青山学院大学、同志社大学に偏る。それ以外の大学は過去には採用例があるようだが、近年の実績としては確認できなかった。

なお、日系の金融業界ではゴールドマンサックスほど高学歴への偏りが大きい企業はない。

メガバンク3行や大手証券会社でも、基本的には日東駒専・産近甲龍までの採用は必ずある。

職種別の採用対象の学部学科

ゴールドマンサックスでは、以下の10種類の職種が新卒採用で用意されている。

  • 投資調査部門
  • オペレーション(業務統括本部)
  • コントローラーズ部門
  • リスク・マネジメント部門
  • 法務部門
  • コンプライアンス部門
  • 内部監査部門
  • 人事部門
  • コーポレート・アンド・ワークプレース・ソリューション部門
  • 財務部門

一般的な日系大手企業とは違って、外資系金融では入社の時点である程度の専門的な知識を持っていることが要求されやすい。

また、「総合職」のように事業部門が特定されていない採用区分はない。

投資調査部門

投資調査部門

投資調査部門は、世界の主要な国々のマクロ経済調査、および数多くの企業を対象にした企業調査を行う職種。

新人証券アナリストに必要とされるスキルを確実に身につけることのできる3年間の研修カリキュラムが用意されているため、専門的な知識が完全に要求されるわけではない。

とはいえ、実際の志望動機などが問われることもあって、応募しやすい学部は経済学部。それ以外は難易度が追加で上昇すると考える。

オペレーション(業務統括本部)

オペレーション(業務統括本部)

オペレーションは、投資銀行業務やトレーディング業務、資産運用業務、リスクマネジメント、リスクコントロールを行う職種。

株式およびその派生金融商品の約定照合から決済、アセット・サービスなどを担当する証券業務部やデリバティブ商品開発を行うデリバティブ業務部もここに含まれる。

投資銀行業務やトレーディング業務、資産運用業務は主に文系、リスクマネジメント、リスクコントロールは主に理系。

具体的には、前者の「文系」こそは特に学部学科の明確な指定はないものの、経済学部がやや多い印象。後者の「理系」は金融工学に関する専攻分野。

リスクマネジメント、リスクコントロール業務は特に高度な金融工学に関する知識が求められるため、まったくの素人は敬遠されやすい。これは日系の銀行や証券会社でも同じ。

コントローラーズ部門

コントローラーズ部門

コントローラーズ部門自社およびファンドの財務・管理会計・報告や、金融商品の保有状況および収益管理と時価評価の検証を行う職種。

求められる専攻分野は特になく、基本的には文系の学部全般から採用される。

特に法学部、経済学部、経営学部、社会学部、商学部が多い印象。

リスク・マネジメント部門

リスク・マネジメント部門

リスク・マネジメント部門は、ゴールドマン・サックスの信用リスク、市場リスク、オペレーショナル・リスクなど様々なリスクの管理、評価、分析を行う部門。

公式ウェブサイトでも「数理的思考能力に加えて細部への鋭い注意力のある人、さらに周囲と協力しチームで働くことのできるコミュニケーション能力をもち、かつ金融市場に強い興味のある人材を求めています。」と記載。

つまり、高度な金融工学に関する知識を持つ金融工学系を卒業する学生が対象。さらに、大卒(学部卒)ではなく院卒が採用の対象となると見込まれる。

学部卒ではまだ高度な知識を持っているとはみなされないだろう。

法務部門

法務部門

法務部門はグローバルでの採用となる。したがって、日本国内の学生を対象とするだけでなく、全世界から採用する形を取っている。

求める人物像として、下記のように記載。

Who We Look For

We hire analysts, legal business services (LBS) professionals/paralegals and assistants. Our analyst program welcomes people from a variety of academic backgrounds and personal interests. Ideally, you should be interested in legal issues and the interaction of finance and the law, but a background in law and/or finance is not a prerequisite.

Goldman Sachs | Legal – Who We Look For

法律的な知識や対応策に強い興味関心を持つ人が求められるとの事。

したがって、基本的には法学部の学生が採用の中心になると考える。

コンプライアンス部門

コンプライアンス部門

コンプライアンス部門はゴールドマンサックスのあらゆる業務において規制要件を解釈・確認を行うところ。

こちらも法律に関する知識が求められるとこから、法学部の学生が採用の中心になると考える。

内部監査部門

内部監査部門もグローバルでの採用となる。したがって、日本国内の学生を対象とするだけでなく、全世界から採用する形を取っている。

Who We Look For

We welcome people from a variety of academic, cultural and professional backgrounds who are interested in the financial markets.

Goldman Sachs | Internal Audit – Who We Look For

内部監査部門では、様々な学歴、文化、職業的背景を問わず金融市場に対する興味関心がある人を求めているとの事。

要するに、特定の専門的な知識は必要としないという意味。学部学科不問で、経済学部、法学部、商学部、社会学部、さらには文学部、外国語学部などからも採用される。

人事部門

人事部門は日系企業でも必ずと言っていいほど設置されている部門。

ゴールドマンサックスでは「多様かつ優秀な人材の採用、成長につながる人材登用、トレーニング・プログラムの提供、適正な人事評価制度など、人事部ではこのミッションを実現するために必要な様々な業務」を行うとの事。

求められるスキルは特に指定はなく、文系のあらゆる学部から採用されると考える。

コーポレート・アンド・ワークプレース・ソリューション部門

コーポレート・アンド・ワークプレース・ソリューション部門

コーポレート・アンド・ワークプレース・ソリューション部門は「総務」に相当する。

こちらも求められるスキルは特に指定はなく、文系のあらゆる学部から採用されると考える。

法学部、経済学部、商学部などは大学で学んだ知識がある程度は行かせる部門を選択する傾向があるため、ここでは文学部、外国語学部、教育学部など、人文系の学部学科の学生たちが多いと考えられる。

財務部門

財務部門

財務部門は、金調達や流動性リスクの管理、資本政策の策定を行う部門。

ファイナンスに関する知識が求められやすいため、経済学部、経営学部、商学部からの学生が採用されやすいと考える。

文学部、外国語学部、教育学部などは応募が難しいと判断。

おすすめ記事

業界別の各企業の採用大学(学歴事情)
業種 会社名
自動車 トヨタ自動車本田技研工業日産自動車マツダSUBARU三菱自動車工業スズキダイハツいすゞ自動車デンソーアイシン精機豊田自動織機ボッシュブリヂストン日立Astemo
電機、重機、工作機械 日立製作所ソニーパナソニック三菱電機ファナック安川電機三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタ富士通東芝シャープ京セラリコー日本電産村田製作所東京エレクトロンオムロンキーエンスロームコニカミノルタミネベアミツミシマノ
鉄道 JR東日本JR東海JR西日本JR九州JR北海道西武鉄道東武鉄道東急京王電鉄小田急電鉄京浜急行電鉄東京メトロ近鉄大阪メトロ、<鉄道車両メーカー>、<信号機メーカー
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
電力ガス 東京電力中部電力関西電力東京ガス大阪ガス
石油(資源エネルギー) ENEOS(旧JXTG)、出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石
製薬 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬
化学 三菱ケミカル住友化学旭化成積水化学三井化学富士フイルム信越化学工業東レ東ソーDIC帝人日東電工花王日本ペイント昭和電工マテリアルズ宇部興産関西ペイントJSR三菱ガス化学住友ベークライト東洋インキクラレ日亜化学資生堂コーセーカネカダイセルユニ・チャームデンカアース製薬
IT ヤフーLINEZOZO
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンク日立ソリューションズ日本電信電話NTT東日本NTTデータ大塚商会TIS伊藤忠テクノソリューションズ日立システムズNTTコミュニケーションズNTTコムウェアNTTファシリティーズ
コンサル・シンクタンク 野村総合研究所三菱総合研究所みずほ総合研究所日本総研大和総研三菱UFJリサーチ&コンサルティングみずほ情報総研富士通総研帝国データバンク東京商工リサーチ
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行ゆうちょ銀行三井住友信託銀行新生銀行三菱UFJ信託銀行横浜銀行千葉銀行福岡銀行静岡銀行京都銀行
保険 損保ジャパン東京海上日動三井住友海上あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券
信販 JCB三菱UFJニコス三井住友カード
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本取引所グループ日本証券金融農林中央金庫商工中金日本政策金融公庫住宅金融支援機構

上記では業界別に各企業の採用大学または出身者が多い大学について解説。学歴フィルターの傾向は濃いところと薄いところがある。