グリーン車の子供がうるさい!? よって乗車禁止にするべき?

うるさい子供

新幹線やJR東日本の在来線で提供されているグリーン車では、子供が騒いでいてうるさいという苦情は少なくない。保護者と他の乗客とのトラブルの元になるケースもある。

「子供の声=騒音」ととらえる人も少なくない中で、グリーン車では子供の乗車は禁止にするべきとの意見も出る。

子供がうるさいという光景は許されることなのか、それともあってはならないことなのか。




過半数は許容できるレベルだが

子供は年齢的にどうしても騒いでしまうことがある。これは、すべての人に当てはまる共通点でもある。

こうした原理から、電車内でもある程度ならうるさくしても問題はないと考える人もいる。これを許容できる人も、おそらく全体の過半数になるのではないか。

本当は静かにしてもらった方がよいことには越したことはないものの、「仕方がない」として許す姿勢の人が多いのは確か。こうした寛容な考えはとても重要なのは間違いない。

しかし、中には子供がうるさいところに対して罵声を浴びせたり、キレるという人がいる。電車内では何が何でも静かにしないといけないと捉えられることもあるのは確か。

このような傾向は、普通車よりもグリーン車の方が強まる傾向が見られる。

グリーン車は特にうるさい子供には厳しい!?

グリーン車

  • 普通車(自由席・指定席):ある程度子供に寛容
  • グリーン車:子供には厳しいかも

グリーン車は新幹線でも在来線でも普通車よりも運賃が高い。したがって、乗っている乗客も子供連れよりも大人単独で乗る人の割合が大きくなる。

お金に余裕がある人が乗りやすいことから、どうしても出費が多くなって家計が苦しくなりやすい子供のいる家庭だとグリーン車は乗りにくい。

子供の乗車率が低いという性質から、グリーン車は特に「うるさい子供」には厳しい姿勢を示す人が出てくる。

ちょっとでも大声を出したりはしゃいだりすると、それに対して怒る乗客が出てきやすい。

「グリーン車=子供は乗車禁止」と思っている人も中にはいる。こういう人だと、余計に子供に対する姿勢は厳しくなる。普通車よりも寛容さがないのは間違いない。




グリーン車では子供の乗車は禁止にするべき?

グリーン車への子供禁止の賛否

インターネット上でのコミュニケーションでも、度々「グリーン車への子供の乗車は禁止にするべき」という内容の文章が目立つ。

たいていの場合は、実際にグリーン車に乗って騒がしい子供がいる状態に遭遇した人たちだと考えられる。

私の個人的な意見としては、JR側が制度的に禁止にするべきではないと考える。公共交通機関ということで、子供を強制的に排除するのは好ましくない。

ただし、もし自分の子供が騒がしいことをする場面が多いのであれば、間違いなくグリーン車は避けた方がよい。

他の乗客への迷惑のみならず、思わぬ口論などのトラブルが生じるリスクがあるからだ。できるだけ他にも同じような子供がいる自由席・指定席を選ぶのが理想的ではある。

おすすめ記事