芝浦機械の採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

芝浦機械

芝浦機械の採用大学は京大、東工大、神戸大、名大、東北大、北大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、東京理科大、関西学院大、千葉大、電通大、都立大、金沢大、広島大、新潟大、信州大、静岡大、滋賀大、北見工大、室蘭工大、弘前大、岩手大、秋田大、山形大、茨城大、宇都宮大、群馬大、長岡技科大、山梨大、豊橋技科大、三重大、富山大、福井大、九工大、長崎大、大分大、秋田県立大、宮城大、静岡県立大、兵庫県立大、成蹊大、日本大、東洋大、駒澤大、専修大、近畿大、龍谷大、南山大、愛知大、芝浦工業大、工学院大、東京都市大、東京電機大、東京農業大等。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」はほとんどない模様。偏差値が50以下の大学からの採用もかなり多い。俗に言う「Fランク大学」からの採用も豊富。

新卒採用の倍率は、技術系は約10倍、事務系は約20倍になると予想。就職難易度はそれぞれ数ある企業の中でも「やや易」「ふつう」に該当。


主な採用大学

芝浦機械の採用大学は下記の通り。

芝浦機械の採用大学院(院卒-修士了)
京都大学、東京工業大学、神戸大学、北海道大学、早稲田大学、上智大学、明治大学、法政大学、東京理科大学、千葉大学、電気通信大学、首都大学東京、金沢大学、広島大学、信州大学、静岡大学、室蘭工業大学、弘前大学、岩手大学、秋田大学、山形大学、茨城大学、群馬大学、長岡技術科学大学、山梨大学、豊橋技術科学大学、三重大学、富山大学、福井大学、九州工業大学、長崎大学、大分大学、秋田県立大学、兵庫県立大学、日本大学、近畿大学、芝浦工業大学、工学院大学、東京都市大学、東京電機大学、大阪電気通信大学、神奈川大学、神奈川工科大学、金沢工業大学、埼玉工業大学、千葉工業大学、東海大学、東京工科大学、東京工芸大学、福岡工業大学、北陸先端科学技術大学院大学
芝浦機械の採用大学(学部卒)
神戸大学、名古屋大学、東北大学、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、東京理科大学、関西学院大学、首都大学東京、新潟大学、信州大学、静岡大学、滋賀大学、北見工業大学、茨城大学、宇都宮大学、山梨大学、豊橋技術科学大学、富山大学、宮城大学、静岡県立大学、成蹊大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、近畿大学、龍谷大学、南山大学、愛知大学、芝浦工業大学、工学院大学、東京都市大学、東京電機大学、東京農業大学、神奈川大学、神奈川工科大学、國學院大學、淑徳大学、昭和女子大学、実践女子大学、女子美術大学、拓殖大学、玉川大学、千葉工業大学、中部大学、東海大学、東京工芸大学、常葉大学、名古屋学院大学、武庫川女子大学

上記はマイナビ「芝浦機械」にて掲載されている採用実績校の大学。先輩社員の出身大学を示す。

採用人数は毎年30名くらいだが、出身大学は様々・旧帝大や早慶のような「最難関大学」から、偏差値が著しく低い「Fランク大学」まである。

学歴フィルターは無しか?

学歴フィルター無し

芝浦機械にて採用されやすい大学とそうではない大学を一覧化すると、下記のようになるだろう。

有利/不利 対象大学
優勢 旧帝大+3(東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学)
早慶上智(早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学)
筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、電気通信大学、大阪府立大学、大阪市立大学、名古屋市立大学
GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、東京理科大学
関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)
中立 上記以外
劣勢 なし

一部例外があるものの、原則として各大学群ごとの優劣はこのようになる。

日東駒専、産近甲龍以上はもちろん実績あり

まず、旧帝大、早慶などの最難関大学からの採用はある。

大都市圏の主要国公立やMARCH・関関同立からも採用はある。ここは他の東芝グループと同様に就職実績が豊富なところ。

「駅弁大学」と称される地方の国立大学、日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)・産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)、南愛名中(南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学)などの中堅私大も豊富。

世間一般の会社では「中立」となる大学だが、芝浦機械では確かに複数の入社があり、最初に登場した難関大学に比べて大幅に不利になることはないだろう。

下位私大からも採用あり

Fランク大学

一方、大東亜帝国(大東文化大学、東海大学、亜細亜大学、帝京大学、国士舘大学)、摂神追桃(摂南大学、神戸学院大学、追手門学院大学、桃山学院大学)もまた、採用は確かにある。

超大手企業となると「学歴フィルター」ではじかれる可能性ところだが、前述のように、芝浦機械では確かに実績がある。

さらに、俗に言う「Fランク大学」からの採用もある。こちらも、芝浦機械では複数の大学からの採用実績がある。

全国的に知名度が全くない大学からも採用例が多数存在することで、芝浦機械では学歴フィルターが存在しないと判断。

就職難易度と倍率

芝浦機械の選考を受ける学生たち
職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系 ★★ 10倍、やや易
事務系 ★★★ 20倍、ふつう

新卒採用を実施する職種は大卒・院卒向けの総合職。文系(事務系)・理系(技術系)ともに同時に選考が行われる。

採用人数は例年30~35名前後(技術系:30名、事務系:5名)となっているが、正式なデータこそ公表されていないものの、上記の競争率になると予想。

会社の知名度や事業内容を考慮すると、応募者数は合計で約500人前後と思われる。

《参考:電機メーカー業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

なお、事務系・技術系それぞれの仕事内容は下記のように募集要項では記載。

<技術系>機械設計、電気回路設計、ソフトウェア設計、開発技術、製造技術、電装技術、IoT、AI開発、情報システムなど

<事務系>国内営業、輸出営業、情報システム、経理、広報、法務、購買など

引用:マイナビ2022「芝浦機械(株)」

社名は、以前は「東芝機械」という名称だったが、現在は「芝浦」という名称を使用。そのためか、東芝グループに属するというイメージが下がり、学生たちからの人気度は以前よりも下がったかもしれない。

技術系

理系を対象とする技術系総合職

技術系は他社で言うと技術系総合職に該当するが、倍率は約10倍と推定。就職難易度は「やや易」と判断。

募集対象の学部学科に関しては理工系学部。特に電子工学、情報工学などが主流。

理系でも理学部生物学科や農学部のような物理・化学以外の分野の学生もターゲットではない。

したがって、工学部や理学部などの理系の中でも特定の学部学科に所属する学生の中での競争になる。応募できる学生の対象範囲が限られている点から、就職難易度は低め。

もちろん、事務系と比較しても就職難易度は大幅に低い。

事務系(事務系)

事務系総合職(文系が主流)

事務系(事務系)の倍率は約20倍と推定。就職難易度は「ふつう」と判断。

事務系の募集対象の専攻分野は「全学部全学科」とされている。つまり、「誰でも大卒以上であれば応募可能」な職種という事。

実際に応募するのは商、法、経済、社会、文学、外国語、教育系などがほとんど。

応募できない学生がいないこともあって、不特定多数のエントリーがある。

しかも、技術系よりも大幅に採用人数が少ない。毎年5~10名程度とかなり少ない。

ゆえに、同じ総合職であっても、理系限定の技術系よりも就職難易度は高め。

採用人数

芝浦機械における過去3年間の採用人数は下記の通り。

2019年 2020年 2021年(予)
———————————————————-
大学院了     18名   16名    9名
大卒       31名   39名   7名
高専卒・短大卒   3名    3名    3名
専門卒       5名    4名    2名
高卒       16名   14名   9名

大卒は、例年は50名近くあったが、最近は業績の低迷もあってか、採用人数が少なめ。東芝グループの中でも少ない募集人員。

おすすめ記事

製造業の就職難易度と倍率の傾向
業種 会社名
自動車メーカー トヨタ自動車ホンダ日産自動車マツダスバルスズキいすゞ自動車三菱自動車ダイハツ工業
自動車関連サプライヤー トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織豊田中央研究所トヨタシステムズデンソーアイシン精機ヤマハ発動機住友電装ボッシュブリヂストン住友ゴム工業横浜ゴム豊田合成ジェイテクト大同メタル工業プライムアースEVエナジートヨタ九州愛知製鋼日立Astemo
電機 日立製作所三菱電機パナソニックソニーキャノンキーエンス富士通オリンパスNECシャープ京セラ日本電産村田製作所東京エレクトロンセイコーエプソン富士電機オムロン芝浦機械キオクシア
重機・工作機械 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHIファナック安川電機DMG森精機SMC川崎重工業ミネベアミツミコニカミノルタロームシマノ
鉄鋼・非鉄金属 日本製鉄JFEスチール神戸製鋼所日立金属大同特殊鋼三菱製鋼住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ
(業界全体) 自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

上記では自動車・電機・工作機械などの製造業およびそれに関連する企業の就職難易度(新卒採用)と倍率の目安について解説。 《新卒3年以内の離職率》《学歴フィルター》に関して、各々のページにて取り上げる。