日立コンサルティングの採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

日立コンサルティングで勤務する社員

日立コンサルティングの採用大学は、東大、京大、東工大、一橋大、阪大、神戸大、名大、東北大、北大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、筑波大、横浜国立大、千葉大、東京都立大、お茶の水女子大、横浜市立大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大等。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」は存在すると思われる。

新卒採用の倍率は約20倍になると予想。就職難易度は数ある企業の中では難しいものの、シンクタンク、コンサルティングファームの中では簡単。

募集要項がマイナビやリクナビ等で公開されていないのが理由。


主な採用大学

日立コンサルティングの採用大学は下記の通り。

日立コンサルティングの主な採用大学
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京都立大学、お茶の水女子大学、横浜市立大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学

日立コンサルティングでは新卒採用の募集要項などに採用実績校を掲載していない。代わりに、主な大学のホームページ等で公表されている就職先実績にてが確認できた大学を掲載。

上記は過去に最低1人以上の採用例が確認できた大学を示す。

採用人数は毎年「若干名」にとどまり、さらに採用そのものはない年度もある。少数のみ採用されていることもあって、ほぼ全員が難関大学ばかり。

《参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターはある

学歴フィルターの例

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」があると読み取れる。

国公立・私立ともに以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:旧帝大、筑横千
  • 私立大学:早慶上智、MARCH

国公立大学は旧帝大をはじめとする難関校のみ。私立大学もMARCH以上がほとんど。

大手企業でよく見られる学歴フィルターならではの特徴が見られ、さらにその基準はかなり厳しい。

学歴フィルターの対象範囲

日立コンサルティングの学歴フィルターの範囲

日立コンサルティングの学歴フィルターの範囲のイメージ

日立コンサルティングにおける大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

偏差値ランクを目安に採用大学の範囲を言うならば、「難関国公立またはMARCHまで」と言える。

MARCH以上の偏差値、つまり「難関大学」の各大学からは採用例が確認できた。

一方、中堅私大である日東駒専クラスの大学からの就職実績は確認できなかった。

なぜこんなに難関大学ばかり?

一橋大学

日立コンサルティングへの就職実績がある一橋大学

 

日立コンサルティングにて「学歴フィルター」の基準がかなり厳しい。これに関して、採用大学が旧帝大、早慶上智に限られている理由として下記が考えられる。

  • 採用人数が非常に少ない
  • シンクタンクという業界全体が就職市場で人気度が高い
  • 日立グループ傘下

日立コンサルティングでは新卒採用がある年度でも20名程度が条件。大手企業と比較して大幅に少ない人数。

一方、シンクタンクは全体的に就職したいと考える学生がかなり多い業界。日

応募者数が大幅に募集人員を超過していることから、どうしても絶対的に優秀な大学生が多く集まる難関大学に偏る。

さらに、社名に「日立」が付くことも影響。日立製作所傘下のグループ会社であることも、人気に拍車をかける。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職 ★★★★★+ 20倍、最難関

新卒採用を実施する年度でも採用人数は多くて約20人前後。

エントリー者数は最低でも数百人規模には到達すると思われる。

ただ、日立コンサルティングはマイナビやリクナビには掲載されていない。そのこともあって、「日立コンサルティング」を完全に狙って応募する学生ばかり。

とりあえずエントリーするといったケースがないため、その分他のシンクタンク・コンサルティングファームよりも応募者数が少ない。

よって、正式なデータこそ公表されていないものの、20倍程度が1つの目安ではないかと考える。

他社と比較して

シンクタンク

日立コンサルティングは「シンクタンク」という位置付け。民間シンクタンクの代表といえるのが次の企業。

  • 野村総合研究所
  • 三菱総合研究所
  • みずほ総合研究所
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
  • みずほ情報総研
  • 大和総研

応募者数という点では、上記のシンクタンクはいずれも似たような規模になるが、募集人員では大きな差が見られる。

日立コンサルティングは上記と比較しても特に採用人数が少ない。

ただ、前述の通り、マイナビやリクナビには掲載されていないため、就職難易度という面では低い方に入るだろう。


広告

おすすめ記事

コンサルティング、シンクタンクのの就職難易度について
業種 会社名
金融系 野村総合研究所三菱総合研究所みずほ総合研究所日本総研大和総研三菱UFJリサーチ&コンサルティング
情報通信系 NTTデータ経営研究所
信用調査 帝国データバンク東京商工リサーチ

上記ではコンサルティング、シンクタンク各社の就職難易度について解説。