日立産機システムの採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

日立産機システム

日立産機システムの採用大学は、電気通信大、東京農工大、埼玉大、名古屋工業大、京都工芸繊維大、金沢大、岡山大、広島大、新潟大、信州大、静岡大、熊本大、室蘭工業大、山形大、福島大、茨城大、宇都宮大、長岡技術科学大、山梨大、豊橋技術科学大、福井大、鳥取大、山口大、九州工業大、佐賀大、大分大、宮崎大、鹿児島大、明治学院大、日本大、東洋大、近畿大、芝浦工業大、工学院大、東京都市大、東京都市大などが多め。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」はないと判断。偏差値が40以下の大学からも多数の採用がある。

新卒採用の倍率は、エンジニア系(技術系)は約10倍、マネジメント系(事務系)は約20倍になると予想。就職難易度はそれぞれ数ある企業のの中でも「やや易」「ふつう」に該当。


主な採用大学

日立産機システムの採用大学は下記の通り。

日立産機システムの採用大学院(院卒)
京都大学、東京工業大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、上智大学、青山学院大学、中央大学、法政大学、東京理科大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、横浜市立大学、電気通信大学、東京農工大学、埼玉大学、名古屋工業大学、京都工芸繊維大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、新潟大学、信州大学、静岡大学、熊本大学、室蘭工業大学、山形大学、福島大学、茨城大学、宇都宮大学、長岡技術科学大学、山梨大学、豊橋技術科学大学、福井大学、鳥取大学、山口大学、九州工業大学、佐賀大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、明治学院大学、日本大学、東洋大学、近畿大学、芝浦工業大学、工学院大学、東京都市大学、東京都市大学、東京電機大学、足利工業大学、岡山理科大学、神奈川大学、職業能力開発総合大学校、諏訪東京理科大学、洗足学園音楽大学、千葉工業大学、中部大学、東海大学、東邦大学、奈良先端科学技術大学院大学、福井工業大学
日立産機システムの採用大学(学部卒)
東京工業大学、名古屋大学、東北大学、北海道大学、早稲田大学、上智大学、明治大学、立教大学、中央大学、法政大学、東京理科大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、横浜市立大学、東京都立大学、東京外国語大学、電気通信大学、東京農工大学、埼玉大学、名古屋工業大学、広島大学、新潟大学、信州大学、静岡大学、滋賀大学、室蘭工業大学、山形大学、福島大学、長岡技術科学大学、山梨大学、豊橋技術科学大学、富山大学、福井大学、和歌山大学、鳥取大学、山口大学、佐賀大学、宮崎大学、高崎経済大学、前橋工科大学、兵庫県立大学、成城大学、明治学院大学、日本女子大学、東京女子大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、龍谷大学、芝浦工業大学、東京都市大学、東京電機大学、東北学院大学、国士舘大学、湘南工科大学、常磐大学、城西国際大学、職業能力開発総合大学校、諏訪東京理科大学、摂南大学、洗足学園音楽大学、拓殖大学、玉川大学、多摩大学、千葉工業大学、中部大学、鶴見大学、帝京大学、東海大学、東京国際大学、東京成徳大学、東北工業大学、名古屋外国語大学、日本工業大学、八戸工業大学、広島工業大学、広島国際大学、福岡工業大学、佛教大学、北陸職業能力開発大学校(応用課程)、明星大学、ものつくり大学、山梨学院大学、四日市大学、立正大学、流通経済大学

上記はマイナビ「日立産機システム」にて掲載されている採用実績校の大学。

採用人数は毎年50名にも上るが、全体的には難関大学ばかり。例外もいくつかあるとはいえ、主流派はある程度学力がないと入れないところばかり。

学歴フィルター無し

学歴フィルター無し

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」があると読み取れる。

国公立・私立それぞれ以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:特に制限なし
  • 私立大学:特に制限なし

国公立大学は地方立地のところからも採用例があり、特に制限はない。

私立大学も主流層は「中堅私大」に相当する日東駒専、産近甲龍、南愛名中、四工大などだが、偏差値の制約は特に見当たらない。

偏差値40に満たない、俗に言う「Fラン」と呼ばれる大学からの採用例もある。大手企業でよく見られる学歴フィルターならではの特徴とは対照的。

学歴フィルターの対象範囲

日立産機システムにおける大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍、四工大
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

偏差値ランク帯で採用実績が空白となっている大学群はない。

日立産機システムが属する日立グループの中核会社「日立製作所」と比較しても、学歴フィルターの傾向はない。

なぜ学歴は問われないのか?

疑問点

そもそも大手企業で「学歴フィルター」の基準が緩いところの理由として下記がよくある。

  • 知名度が低いBtoB企業
  • 事業内容は不人気(大学生にとって魅力がない)
  • 経営状況が悪い

日立産機システムは知名度という点では確かに低いと言える(就労経験がない大学生の間での話)。社名に「日立」という文字が付いているものの、「何を作っているのかわからない」という人は多いはず。

日立製作所の創業製品であるモータ事業を継承し、幅広い分野を持つ日立グループの中で産業電機分野を担当する会社として2002年4月に分社設立された会社。

モータ、ポンプ、制御機器、圧縮機、変圧器、インクジェットプリンタ、クリーンルーム関連機器を手掛けるが、大学生にとっては馴染みがない。

こうした背景により、難関大学の学生だけでは採用枠に対して優秀な人材と判断できる学生が十分に集まらないと考えられる。

これが、日立産機システムにて学歴(どこの大学に所属しているか?)が問われない主な理由ではないか。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
エンジニア系(技術系) ★★ 10倍、やや易
マネジメント系(事務系) ★★★ 20倍、ふつう

新卒採用を実施する職種は大卒・院卒向けの総合職。文系・理系ともに同時に選考が行われる。

採用人数は例年50名前後となっているが、正式なデータこそ公表されていないものの、上記の競争率になると予想。

会社の知名度や事業内容を考慮すると、応募者数は合計で約1,500人前後と思われる。

《参考:電機メーカー業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

エンジニア系(技術系)

エンジニア系(技術系)

技術系総合職の倍率は約10倍と推定。就職難易度は「やや易」と判断。

仕事内容は設計、研究開発などのため、募集対象の学部学科に関しては理工系学部。特に機械工学、電気工学、電子工学、情報工学などが主流。

理系でも理学部生物学科や農学部のような物理・化学以外の分野の学生もターゲットではない。

したがって、工学部や理学部などの理系の中でも特定の学部学科に所属する学生の中での競争になる。応募できる学生の対象範囲が限られている点から、就職難易度は低め。

マネジメント系(事務系)

マネジメント系(事務系)

マネジメント系(事務系)の倍率は約20倍と推定。就職難易度は「ふつう」と判断。

事務系へ応募するのは経済学部・法学部・文学部・教育学部・外国語学部などがほとんどだ。

専攻分野の指定は特にないが、応募できない学生がいないこともあって、不特定多数のエントリーがある。ゆえに、理系限定のエンジニア系よりも就職難易度は高め。


広告

おすすめ記事

製造業の就職難易度と倍率の傾向
業種 会社名
自動車メーカー トヨタ自動車ホンダ日産自動車マツダスバルスズキいすゞ自動車三菱自動車ダイハツ工業
自動車関連サプライヤー トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織豊田中央研究所トヨタシステムズデンソーアイシン精機ヤマハ発動機住友電装ボッシュブリヂストン住友ゴム工業横浜ゴム日立Astemo
電機 日立製作所三菱電機パナソニックソニーキャノンキーエンス富士通オリンパスNECシャープ京セラ日本電産村田製作所東京エレクトロンセイコーエプソン富士電機オムロン
重機・工作機械 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHI新日鉄住金ファナック安川電機DMG森精機SMC川崎重工業シマノ
鉄鋼・非鉄金属 日本製鉄JFEスチール神戸製鋼所日立金属大同特殊鋼三菱製鋼住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ
(業界全体) 自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

上記では自動車・電機・工作機械などの製造業およびそれに関連する企業の就職難易度(新卒採用)と倍率の目安について解説。 《新卒3年以内の離職率》《学歴フィルター》に関して、各々のページにて取り上げる。