日立金属の採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

日立金属

日立金属の採用大学は、東大、京大、東工大、一橋大、阪大、神戸大、名古、東北大、九大、北大、早大、慶大、上智、明治、青山学、立教、中央、法政、学習院、東京理科、関西、関学、同志社、立命館、筑波、横国、千葉、横市、東京都立、東京外大、電通、東京農工、埼玉、名工大、大阪府立、大阪市立、金沢、岡山、広島など。

事務系総合職、技術系総合職どちらでも出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」は存在し、その基準はかなり厳しい。

新卒採用の倍率および就職難易度は事務系で約20倍で「ふつう」、技術系で約5倍で「易」と予想。日立グループであるものの、子会社という立ち位置のため、比較的人気度は低め。


主な採用大学

日立金属の採用大学は公式に発表されている。今回は「マイナビ2021」に記載されている大学を引用。

日立金属の採用大学
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、横浜市立大学、東京都立大学、東京外国語大学、電気通信大学、東京農工大学、埼玉大学、名古屋工業大学、大阪府立大学、大阪市立大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、信州大学、滋賀大学、熊本大学、室蘭工業大学、岩手大学、秋田大学、山形大学、茨城大学、宇都宮大学、群馬大学、東京海洋大学、長岡技術科学大学、豊橋技術科学大学、三重大学、富山大学、鳥取大学、島根大学、山口大学、香川大学、徳島大学、愛媛大学、九州工業大学、佐賀大学、長崎大学、鹿児島大学、琉球大学、兵庫県立大学、成蹊大学、明治学院大学、日本大学、芝浦工業大学、東京都市大学、東京電機大学、金沢工業大学、関東学院大学、千葉工業大学、東京医科歯科大学

上記の大学一覧は2020年4月入社分の新入社員の出身大学。大卒・院卒どちらも含まれる。

職種はいずれも総合職の採用。製造現場の職種は含まれない。傾向と総評は後述。

参考:〈学歴調査〉鉄鋼業界へ就職した人たちの出身大学を一覧化

学歴フィルターは微妙

日立金属の出身大学のボリュームゾーンは国公立は全般から、私立は早慶上智からGMARCH・関関同立、成成明学、日東駒専・産近甲龍、四工大クラス。

偏差値で言えば、国公立は指定なし、私立は50以上のところが多い印象。

ある程度は学力が求められる大学が並んでいるものの、俗に言う「学歴フィルター」が明確に選考で問われるほどとは考えにくい。

各大学群ごとの採用の可否をまとめるなら、下記のようになる。

大学群/職種 技術系(理系) 事務系(文系)
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

なお、親会社の日立製作所、あるいは鉄鋼業界大手3社(日本製鉄、JFEスチール、神戸製鋼所)ほどは難関大学への偏りはない。

国公立は全て、私立は日東駒専・産近甲龍・四工大以上

採用大学別の偏差値の順番では、トップは東大、京大などの旧帝大クラス、早慶が入り、その次のランク帯に来る筑波、横国、大阪府立、大阪市立、広島などの難関国公立、あるいはMARCH、関関同立もある。

これらの大学は大手企業であればどこも多くの採用実績がある。

これらに加えて中堅私大に相当する日東駒専・産近甲龍などからも多数の採用がある。

四工大(芝浦工業大学、東京都市大学、東京電機大学、工学院大学)をはじめ、千葉工大、金沢工業大などの工業系私大も多数ある。

日東駒専、産近甲龍、四工大の各大学でも、日立金属の就職の際に在籍する大学名が選考に不利に導くことはないと考える。

大東亜帝国は東海大、帝京大で実績有り

東海大学

日立金属への就職実績がある東海大学。大東亜帝国クラスでは他に帝京大学のみ実績あり。

上記には掲載されていないものの、東海大学や帝京大学などの大東亜帝国に該当する大学からも採用がある。

ただ、偏差値が50以下の私立大学になると、基本的に理系の学部学科が強い大学ばかり。日立金属への就職も大部分は技術系、つまり理系であると考えられる。

また、「Fランク大学」と呼ばれるような偏差値40にも満たない大学からの採用は皆無。この点では、ほんの少しだけは学歴フィルターがあるとも判断できる。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系総合職 ★★★ 20倍、ふつう
技術系総合職 5倍、易

日立金属の新卒採用の事務系総合職、技術系総合職それぞれの就職難易度と倍率の目安はこのような形になる。

事務系では多くても15人ほどに限られるため、最低でも10倍超になることが想定される。技術系では、募集人数は50人程度と多いことから、倍率は低い数値になる見込み。

応募者はそれぞれ200~300人程度にはなると思われる。正確なデータこそは公表されていないものの、会社規模や知名度、事業内容を考えると、それくらいの範囲に入ると思われる。

《参考:鉄鋼・非鉄金属業界の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

事務系の倍率は20倍、就職難易度は「ふつう」

倍率20倍と見込まれる事務系総合職

日立金属の事務系総合職の倍率はおよそ20倍と推定。上場企業の中での就職難易度は「ふつう」に相当。内定を獲得するのは上場企業ではふつうレベル。

会社規模や事業内容を考慮すると、200~300人のエントリーになると予想。一方の募集人員は毎年15人ほどと少ない。

会社の規模や知名度に関しても、鉄鋼業界では上位勢ではないものの、社名に「日立」が付くインパクトがあるため、やや人気が高めになりやすい。

したがって、誰でも簡単に入社できるわけではない。書類選考から面接まで企業側から「優秀な人材」と評価されるポイントがなければ内定は難しいだろう。

倍率は20倍が相場で、就職難易度は大手企業の中では「ふつう」という表現が妥当と判断。

技術系は倍率5倍、難易度は「易」

倍率5倍と見込まれる技術系総合職

日立金属の技術系の就職難易度は「易」。倍率は約5倍程度と推定。

採用人数は約50人程度になることが多く、人数では事務系よりも大幅に多い。対する応募者数は200人前後くらいになると推定。

技術系の募集対象の学部学科に関しては基本的に理工系学部。募集要項でも「材料、機械、電気、電子、情報、化学、物理など」と記載されている。

書類選考から面接まで、工学部や理学部などの理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。

ゆえに、文系の事務系ほどは応募者数が集まらなく、しかも募集人数が多いことで、倍率・就職難易度は大幅に下がる。

エントリーシート提出の時点でも、およそ5倍ほどが最大値と考える。就職難易度は「易」との表現が妥当と判断。

企業名に「日立」と付くインパクトは確かに大きく、大学生や大学院生にとってはエントリーしやすい会社であるものの、学部学科が理工系の一部に対象範囲が絞られていることで、内定獲得を巡る競争は緩やかだろう。

おすすめ記事

製造業の就職難易度と倍率の傾向
業種 会社名
自動車メーカー トヨタ自動車ホンダ日産自動車マツダスバルスズキいすゞ自動車三菱自動車ダイハツ工業
自動車関連サプライヤー トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織豊田中央研究所トヨタシステムズデンソーアイシン精機ヤマハ発動機住友電装ボッシュブリヂストン住友ゴム工業横浜ゴム日立Astemo
電機 日立製作所三菱電機パナソニックソニーキャノンキーエンス富士通オリンパスNECシャープ京セラ日本電産村田製作所東京エレクトロンセイコーエプソン富士電機オムロン
重機・工作機械 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHI新日鉄住金ファナック安川電機DMG森精機SMC川崎重工業シマノ
鉄鋼・非鉄金属 日本製鉄JFEスチール神戸製鋼所日立金属大同特殊鋼三菱製鋼住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ
(業界全体) 自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

上記では自動車・電機・工作機械などの製造業およびそれに関連する企業の就職難易度(新卒採用)と倍率の目安について解説。 《新卒3年以内の離職率》《学歴フィルター》に関して、各々のページにて取り上げる。