法学部出身者の平均年収は476万円! 全体的な傾向も

法学部

法学部出身者の平均年収は476万円という調査結果が出ている。文系の中では経済学部・経営学部・商学部のグループに次いで高い数値。

この金額は30歳の時点での学部学科ごとの年収を示したもので、政治学部ともに同一グループに分類。

文系では惜しくも経済系の学部に劣るものの、その差はごくわずか。


経済学部出身者の30歳時点の平均年収

順位 学部 平均年収(30歳時点)
1位 医学部、歯学部、薬学部 506万円
2位 理学部、工学部 495万円
3位 経済学部、経営学部、商学部 480万円
4位 法学部、政治学部 476万円
5位 情報学部 471万円
6位 農学部、獣医学部、畜産学部 423万円
7位 教育学部 416万円
8位 スポーツ学部、健康科学部 407万円
9位 国際学部 402万円
10位 社会学部 394万円
11位 文学部、人文学部 389万円
12位 芸術学部 383万円
13位 環境学部 382万円
14位 外国語学部 376万円
15位 看護学部、保健学部、福祉学部 353万円
16位 観光学部 340万円
17位 家政学部、生活科学部 322万円
18位 心理学部 290万円

参考資料:まいにちDODA『あなたの出身学部は何位? 学部別の平均年収ランキング』より

上記の表は出身学部別の30歳時点での平均年収を表した表。今回の法学部・政治学部は全18学部の中では第4位。

こちらは上記の表を基に作成した出身学部別の平均年収を示したグラフ。

国内の様々な学部の中でも上位勢にランクインし、文系ではトップの経済学部・経営学部・商学部の次なのがわかる。

文学部、教育学部、外国語学部、国際学部などの大部分の文系よりも高い金額を出している。

参考:大学の「学部カースト」の全容! 序列の順位を付けると

文系では第2位

平均年収480万円

法学部は惜しくも経済学部などよりも平均年収は低い金額。しかし、その差はわずか4万円。実際のところはほぼ同水準だと考えてよい。

法学部は、総合大学でも設置されている大学はあまり多くはない。国公立大学は偏差値が高い上位校がほとんど。私立大学も、日東駒専・産近甲龍より偏差値が低い大学での設置例は少なめ。

残念ながら、国家資格取得に直結する医学部・歯学部・薬学部、あるいは大学で学んだ知識を仕事で活かしやすい理学部・工学部と比較すると平均年収は下がる。

社会的なイメージとしては、司法試験に合格して弁護士や検察官、裁判官になるといった内容だが、実際のところはこれらの法曹界を目指す学生は少ない。

一般的な公務員(一般行政職)、民間企業を目指す人が割合的には多い。専門的な知識を活用する場面も前述の医・歯・薬、理工系と比べると少ない。

その分、平均年収も一般人との差が縮まるため、結果として理工系や経済系の学部よりも低い数値が出ている。

一方、そうではない学部と比べると法学部の平均年収は高い金額。

同じ文系の文学部法育学部、国際学部と比較しても高く、文系ではトップ勢に君臨する。

年収が高いとの印象が強い理系と比べても、情報学部や農学部、畜産学部よりは高い。

法学部の年収が高い理由

理由

経済学部において年収が高い理由として、考えられる主な内容は以下の通り。

主な理由 詳細な内容
公務員が多い 世間的な平均年収は超える公務員に法学部出身者が多いため。安定していて、低所得者が少ない要因にも。
偏差値が高い大学ばかり 偏差値が高い大学を中心に法学部が設置されているため。高学歴ほど高年収。
学ぶ分野が実学 法学、法律学、基本六法、法哲学、経営法学、政治学、政治史、行政学、国際政治学、政策学など、就職後でも意外に活かせる実学を学ぶ。

就職の募集の面では理工系に比べると学問の分野で優遇されないものの、他学部に比べて収入面で恵まれている事情は明確に存在。

経済学部・経営学部・商学部はビジネスで活かせる専門性を学ぶ。

一方の法学部は、どちらかというと就職試験で出題される分野を学ぶ。特に公務員試験での出題範囲と大きく被る。

公務員が多い

公務員試験

法学部出身者では、特に公務員になる人の割合が他の学部と比べてかなり多い。

国家一種試験(官僚候補)から地方公務員、都道府県警察や消防などですね。

公務員試験にも難易度は国家公務員と地方公務員では大きく違うものの、試験の出題範囲には法律関係が含まれる。

労働環境が安定している公務員を目指すというのは学部に関係なく一定数存在するものの、試験内容に対応しやすいという特徴が法学部にはある。

公務員の給与水準は官公庁によって異なるものの、全体的には労働者階級と比べて年収は遥かに高い。特に中小企業クラスよりは高い。

この点が法学部出身者の平均年収を押し上げている。

偏差値が高い大学ばかり

旧帝大

法学部が設置されているのは偏差値が高い大学が多く占める。

国公立大学の場合、法学部があるのは旧帝大、千金岡広などの上位勢に偏っている。地方国立大クラスでは、新潟大学と琉球大学くらいに限られる。

私立大学では、偏差値が低い大学(概ね日東駒専・産近甲龍未満)でも法学部の設置が多数あるが、経済学部や文学部など他の学部と比べると設置数が少ない。

そんな傾向のため、法学部の学生数では難関大学の割合が大きい。

個人差があるとはいえ、全体的に見れば、大学のレベルが高いほどOB・OGの平均年収は高い傾向。

こうしたことが収入に反映され、平均年収の面で法学部が上位に来る要因と考えられる。

就職後に役に立つ実学を学ぶ

学ぶ分野が実学であることも年収が高い理由の1つ。

  • 法律に関する知識を習得できるため
  • 就職試験に対応しやすいため
  • ほぼすべての業種の企業へ就職可能のため

どんな就職先であっても法律と無関係な分野はない。そんな法律関係を学ぶのが法学部。他の文系学部と比べると社会に出ても役に立つ勉強をする分野といえる。

民間企業は特にビジネスをする場所。官公庁もビジネスに関する知識がある程度が求められる。ビジネスに関連する分野を学ぶ経済学部とは関係性が大きい。

さらに、前述のように就職試験への対応がしやすい点も影響。公務員はもちろんのこと、給料水準が高い企業でも学科試験が課されるところが目立つ。

法律の専門的な知識は出題されなくても時事問題が出る。政治学、政治史、行政学、国際政治学、政策学は時事的な分野ということで、他学部よりも時事的な分野に関する知識が豊富。

実学ではない文学部や教育学部、外国語学部よりもこの点で優位な立ち位置。

それでも年収が低い人とは、こんな方々!

低所得者

一方で、法学部出身者だからといって100%全員が年収が平均以上というわけでない。

中には大卒どころか高卒の人達よりも低賃金で働いている人もいて、正規雇用ではなく非正規雇用で労働する事例もある。

高学歴なのに就職できない人の特徴! 致命的な理由はこの4つ

よくあつパターンが次の内容。

  • 人と話すのが苦手
  • マナーを守れていない
  • 表情が暗い
  • 協調性がない

いわゆる「社会不適合者」で、法学部のみならず、すべての学部学科に当てはまる内容。

司法試験・公務員試験で合格しても、面接で不採用も

公務員面接

法学部出身者で司法試験や公務員試験で合格できても、その後の選考試験である面接で落とされて不採用にあるパターンも珍しくない。

学科試験、つまり勉強ができたとしても、人物面で何か欠陥があると判断されれば評価されないのが世の中。

この点では大学受験までの学力一辺倒とは違う点。

人間性に重大な問題があれば、面接を通過することは不可能。結局は不人気の企業等にしか就職できず、年収が低い一生を過ごすことになる可能性もあるのは確か。


広告

おすすめ記事