医学部の序列を大公開! 各大学のヒエラルキーを考察

大学の医学部の序列は「東大理科三類>旧帝大>慶応大、慈恵会医科大、日本医科大>地方国立>地方私立、新設私立」の順番になる。それぞれ偏差値のレベル、知名度、地理的な立地の点でランキングの順位は異なるものの、総合的に考慮するならこのような並びになる。

いずれも他の学部と比べて圧倒的に偏差値が高くて、入学難易度は極めて高いものの、各大学によって差は確かに存在。

詳細に見れば優劣の差は存在する。気にするほどでは決してないものの、気分的な問題として「勝ち組」「負け組」があることから、この序列は重要かもしれない。


医学部の序列

医学部の序列

医学部の序列(ヒエラルキー)

ランク 大学名
東京大学(理科三類)
貴族 京都大学、大阪大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、北海道大学、神戸大学、慶応大学、慈恵会医科大学、日本医科大学
上流階級 東京医科歯科大学、筑波大学、横浜市立大学、名古屋市立大学、大阪市立大学、千葉大学、新潟大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、熊本大学、京都府立医科大学
平民 秋田大学、旭川医科大学、山形大学、弘前大学、群馬大学、山梨大学、信州大学、富山大学、福井大学、岐阜大学、三重大学、鳥取大学、徳島大学、香川大学、高知大学、愛媛大学、浜松医科大学、滋賀医科大学、宮崎大学、島根大学、佐賀大学、大分大学、長崎大学、鹿児島大学、琉球大学、防衛医科大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学

順天堂大学、昭和大学、東京医科大学、北里大学、自治医科大学、福岡大学、日本大学、近畿大学

二級市民 札幌医科大学、福島県立医科大学、杏林大学、聖マリアンナ医科大学、東邦大学、藤田保健衛生大学
奴隷 川崎医科大学、帝京大学、埼玉医科大学、愛知医科大学、金沢医科大学、藤田保健衛生大学、兵庫医科大学、福岡大学、獨協医科大学、東海大学、産業医科大学、久留米大学、岩手医科大学、関西医科大学、東京女子医科大学、金沢医科大学、兵庫医科大学、東北医科薬科大学、国際医療福祉大学

医学部の序列は上記のようになる。(あくまでも個人的な私見)

微妙なラインとしては、国公立か私立かで異なるものの、基本的には上記のような感じになるだろう。ただ、総合的に見るとこのようなランキングが出来上がる。

東京大学(理科三類)が圧倒的首位。ここはいつの時代も揺るぎない。

その次に旧帝大の医学部、私立は慶応大学、慈恵会医科大学、日本医科大学の3つが並ぶ。

その次は非旧帝だが難関国公立大学と言われるところが多数ランクイン。ここから先は一般的な学部の並びと同じ。

神:東大

東京大学
神レベル
東京大学(理科三類)

医学部の中でも「神」というポジションになるのは、言うまでもなく東京大学。入試時には「理科三類」として選抜が実施。

一般的な学部でも企業の社長、政治家、官僚などの上級国民とも呼ばれる人達も出身大学であるが、医学の世界でも頂点に君臨。

貴族:旧帝大、私立御三家

旧帝大の一員である名古屋大学
貴族レベル
京都大学、大阪大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、北海道大学、神戸大学、慶応大学、慈恵会医科大学、日本医科大学

東京大学の次に来るのが、旧帝大、私立御三家と呼ばれるところの医学部。

具体的には、京都大学、大阪大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、北海道大学、神戸大学、慶応大学、慈恵会医科大学、日本医科大学が該当。

一般的な学部でも、東大の次に来るところ。旧帝大の場合は、京大とそれ以外の「地帝」と呼ばれるところでは一定の差があるものの、医学部の世界では比較的小さいと感じる。

大学名はいずれも世間一般で上位校と判断される。これらの医学部に所属しているだけで、学歴のトップ勢に入るのは間違いない。

上流階級:中堅上位私大

名古屋市立大学
上流階級
東京医科歯科大学、筑波大学、横浜市立大学、名古屋市立大学、大阪市立大学、千葉大学、新潟大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、熊本大学、京都府立医科大学

貴族レベルの次に来るのが「上流階級」と表現できるところ。こちらは旧帝大の次に来る難関国公立と呼ばれる大学が並ぶ。

大都市圏(政令指定都市)に立地する大学。少なくとも地方国立大学よりは偏差値が高い。

該当するのは東京医科歯科大学、筑波大学、横浜市立大学、名古屋市立大学、大阪市立大学、千葉大学、新潟大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、熊本大学、京都府立医科大学。

まだまだ医学部の中でも難易度が高いところで、在学しているだけで「かなり頭がいい人」と判断される。

一般的な学部だと、「旧帝大に行けなかったのでやむを得ず入学」と捉える人も一定数存在するようだが、医学部となればそんなことは一切ない。

何かコンプレックスを抱えることは全くない。

平民

地方の国公立大学
平民
秋田大学、旭川医科大学、山形大学、弘前大学、群馬大学、山梨大学、信州大学、富山大学、福井大学、岐阜大学、三重大学、鳥取大学、徳島大学、香川大学、高知大学、愛媛大学、浜松医科大学、滋賀医科大学、宮崎大学、島根大学、佐賀大学、大分大学、長崎大学、鹿児島大学、琉球大学、防衛医科大学、順天堂大学、昭和大学、東京医科大学、北里大学、自治医科大学、福岡大学、日本大学、近畿大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学

医学部の中でも「標準」、「平均」、「ふつう」と表現できる中堅レベルの大学がこのランク帯になる。階級は「平民」になる。

具体的には秋田大学、旭川医科大学、山形大学、弘前大学、群馬大学、山梨大学、信州大学、富山大学、福井大学、岐阜大学、三重大学、鳥取大学、徳島大学、香川大学、高知大学、愛媛大学、浜松医科大学、滋賀医科大学、宮崎大学、島根大学、佐賀大学、大分大学、長崎大学、鹿児島大学、琉球大学、防衛医科大学、順天堂大学、昭和大学、東京医科大学、北里大学、自治医科大学、福岡大学、日本大学、近畿大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学が相当。

地方国公立大学もしくは私立大学の上位勢がここに該当。

地方国公立の場合、大都市圏の難関医学部に比べると若干入りやすく、その分偏差値が低いものの、医学部である以上、偏差値は東大・京大の工学部、理学部並みの難易度。

私立大学は早慶の一般的な学部よりは一歩難しいところで、入るのは相当な学力が求められる。

>>日東駒専は就職の「学歴フィルター」でOUT、それともセーフ!?

二級市民

二級市民
札幌医科大学、福島県立医科大学、杏林大学、聖マリアンナ医科大学、東邦大学、藤田保健衛生大学

医学部の中では偏差値がやや低く、ブランド力で劣るところが上記の大学。序列内での階級は「二級市民」。

具体的には、札幌医科大学、福島県立医科大学、杏林大学、聖マリアンナ医科大学、東邦大学、藤田保健衛生大学。

公立大学もしくは名前が世間的にあまり知られていない私立大学がここにランクイン。医学部という世界の中で比較すると、大学入試の偏差値は低い。

学費が著しく高い、立地が不便といった何らかのデメリットが存在すると感じるところ。

奴隷

奴隷(底辺)
川崎医科大学、帝京大学、埼玉医科大学、愛知医科大学、金沢医科大学、藤田保健衛生大学、兵庫医科大学、福岡大学、獨協医科大学、東海大学、産業医科大学、久留米大学、岩手医科大学、関西医科大学、東京女子医科大学、金沢医科大学、兵庫医科大学、東北医科薬科大学、国際医療福祉大学

医学部の中では偏差値が最底辺で、偏差値が旧帝大の理学部や工学部とほぼ同じところが、上記の各大学。序列内での階級は「奴隷」。

具体的には、川崎医科大学、帝京大学、埼玉医科大学、愛知医科大学、金沢医科大学、藤田保健衛生大学、兵庫医科大学、福岡大学、獨協医科大学、東海大学、産業医科大学、久留米大学、岩手医科大学、関西医科大学、東京女子医科大学、金沢医科大学、兵庫医科大学、東北医科薬科大学、国際医療福祉大学が入る。

いずれも私立大学で、歴史が浅かったり、学費が著しく高い点があげられる。

大学受験の世界では「医学部の最後の砦」とも言われているところ。

勉強はあまりできないが、何があってもとにかく医学に行きたいと考える人たちが目指すところという意見もある模様。

ただし、普通の学部のような「Fランク大学」というわけではない。偏差値が低いというのが、あくまでも医学部という括りの中で比較した場合の話に過ぎない。

普通の学部で換算すると、旧帝大(地帝)もしくは早慶並みと言われている。

各グループごとの傾向

入試難易度が高い医学部

医学部は、全体的には設立が早いほど偏差値が高い傾向がある。しかし、この法則が必ずしも一致するというわけではない。

ヒエラルキーでは、下記のようになる傾向は確かにある。

グループ 大学名
旧帝大 東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、北海道大学
私立旧制医科大学
(私立御三家)
慶応大学、慈恵会医科大学、日本医科大学
旧制医科大学(旧六) 千葉大学、新潟大学、金沢大学、岡山大学、長崎大学、熊本大学、京都府立医科大学
新制八医科大学(新八) 東京医科歯科大学、弘前大学、群馬大学、信州大学、鳥取大学、徳島大学、広島大学、鹿児島大学
旧設公立医科大学(旧設) 神戸大学、横浜市立大学、名古屋市立大学、岐阜大学、三重大学、札幌医科大学、福島県立医科大学、山口大学、大阪市立大学、奈良県立医科大学、和歌山県立医科大学
旧設私立医科大学(旧設) 順天堂大学、昭和大学、東京医科大学、大阪医科大学、久留米大学、岩手医科大学、関西医科大学、東京女子医科大学、東邦大学
新設医科大学(新設) 秋田大学、旭川医科大学、山形大学、筑波大学、愛媛大学、浜松医科大学、滋賀医科大学、宮崎大学、富山大学、島根大学、佐賀大学、大分大学、高知大学、福井大学、山梨大学、香川大学、琉球大学

自治医科大学、杏林大学、北里大学、川崎医科大学、帝京大学、聖マリアンナ医科大学、愛知医科大学、埼玉医科大学、金沢医科大学、藤田保健衛生大学、兵庫医科大学、福岡大学、獨協医科大学、東海大学、近畿大学、産業医科大学、防衛医科大学

新興大学 東北医科薬科大学、国際医療福祉大学

しかし、前述の通り、このような並びにはなっていない。

例えば、鳥取大学医学部は神戸大学医学部より偏差値が高いわけではない。あるいは、川崎医科大学と防衛医科大学が偏差値の面で同じクラスというわけではない。

歴史と立地、運営母体の違いが影響

医学部の大学の偏差値を決める要素は下記の通り。

  • 歴史がどれくらい長いか?
  • 立地は大都市圏か、それとも地方か?
  • 運営母体は国公立か、それとも私立か?

基本的に歴史は長いほど偏差値は高い傾向。新しく設立されたところは概ね偏差値が低めに出る。

立地に関しては、東京都内のような大都市部の立地ほど偏差値が高い。逆に、東京から遠く離れた地方部の立地ほど偏差値は低め。普通の学部と同じ。

そして、運営母体による影響は大きい。国公立はどこも偏差値が高め。私立大学は、慶応義塾大学のような超難関なところもあるが、平均すると低め。

おすすめ記事

大学の序列
分類 対象の大学
大学群 旧帝大MARCH関関同立日東駒専産近甲龍大東亜帝国
学部 学部カースト
2者対決 MARCHと地方国立関関同立と地方国立
大学別学部間 早稲田大学慶応義塾大学東京大学京都大学同志社大学東京外国語大学阪大外国語学部
地域別 東北地方関東(首都圏)東海地方北陸地方関西(近畿地方)中国地方四国地方九州地方
定義 Fランク大学の定義底辺国公立34校
上記では大学間の序列や社会的ステータスの違いについて解説。