株式会社IHIの新卒採用の倍率は約30倍!? 文系と理系ではどう?

株式会社IHIの大卒及び院卒の新卒採用の倍率は全体では20~30倍程度と推定。職種別では総合職のうち、事務系(文系)が約30倍、技術系(理系)が約20倍くらいと推定。

就職難易度に関しては、事務系が「やや難」、技術系が「ふつう」に該当。

採用人数はここ数年は200人前後で推移している。製造業の大手企業では標準的ではあるが、数百人単位で募集を行っていることでは、全国の数ある会社の中では多い方に入る。

大手企業ということで、決して簡単に内定がもらえるとは言い難い。

株式会社IHI

技術系も事務系も、世間では総合職と呼ばれる職種に部類される。対象としている最終学歴は大卒と院卒で、リクナビなどのナビサイトからエントリーして応募する形となる。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系総合職(文系が主流) ★★★ 30倍、ふつう
技術系総合職(理系が対象) 10倍、易

IHIの事務系・技術系総合職の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも総合職だが、分野ごとに分かれての採用選考。

圧倒的に理系対象の技術系の募集人数が多いことに加え、日本国内の大学を見ると文系に分類される学部学科に所属する人の割合が高いため、倍率は圧倒的に事務系総合職で高くなる。

技術系は採用人数に対して応募者数はそこまでは過剰にはなりにくい。応募する学生が理学部・工学部などに限られるため、事務系と比べて倍率が下がる。

IHIはテレビCMを放映しているわけではなく、社名からも「どんな会社なのか?」というのが想像しにくいこともあって、大学生の間では知名度が低く、就職先としては企業規模の割には不人気。

とはいえ、大前提としていずれの職種も倍率が高くて競争が激しいのは確か。

技術系の倍率は10倍くらいか

理系向けの技術系

理系を対象とする技術系の職種の場合、新卒採用の倍率は約10倍ほどと考えられる。就職難易度では「易」と表現できる。

仕事内容は主に機械製品の研究開発、設計、品質管理、生産技術、システム開発などである。いわゆる「モノを作る」業務に携わるぼが技術系というわけだ。

IHIにて募集の対象としている学部学科には制限があり、主に工学部などに所属する学生しか応募できない。

マイナビでは「機械、航空、電気、制御、土木、化学、原子力、材料、情報 など」と記載されている。この点から、IHIの技術職では理系限定なのは間違いない。

応募できる学生は特定の分野に携わっている人に限られている一方、募集人数は200人前後とかなり多い。そのため、倍率は比較的低い数値となっている。

IHIという企業はネームバリューが高く、多くの人が知っている会社である一方で、工学部系統の学部で勉強している人だけの競争となるというわけで、10倍ほどの倍率となっている。

事務系は30倍ほどに

倍率が約30倍の事務系総合職

事務系総合職の倍率は30倍くらいと推定。就職難易度では「ふつう」という表現が妥当ではないか。

技術系とは違って事務系の場合は、基本的には大学生または大学院生であればだれでも応募できる。内定がもらえる・もらえないは別として、どんな学部学科に所属していても選考には必ず進める。

学部学科が原因で不採用になるということは原則ないと考えてよい。したがって、文系所属の学生が多く応募している職種となっている。

IHIは大手企業ということもあって、事務系では不特定多数の学生が毎年多く集まる。それに伴って、倍率は30倍程度になると考えられる。

このくらいの水準の競争となると、簡単に内定を獲得するのはかなり難しい。優秀な学生であったとしても、運が悪ければあっという間に不採用となって落とされる世界。

IHIの事務系の新卒採用の人数は、大体50人前後で推移している。理系限定の技術系の職種と比べると大幅に少ない。

同じ株式会社IHIという会社でも、文系と理系では入社しやすさという点では大きな違いが見られるのは否定できない。

採用大学

採用大学

IHIでは採用大学は公式には非公開だが、主流派は東大、東工大、一橋大、京大、阪大、神戸大などの旧帝大、早稲田大、慶応義塾大、上智大、MARCH、関関同立などの難関大学。

これに加えて、首都圏であれば千葉大、横浜国立大、筑波大、東京都立大、埼玉大、関西は大阪市立大、大阪府立大、京都工芸繊維大などの上位国公立大学が入る。

一方、在籍する学生数が多い割には採用数が少ないのは日東駒専・産近甲龍の中堅私大。

地方国公立大学はそもそも就活を大都市圏で行う人が少ないこと、学生数そのものが少ないこともあって、採用人数自体は少ない。(学歴フィルターに引っかかるわけではない)

学歴フィルターはある

学歴フィルターの仕組み

「学歴フィルター」とは、出身大学で選考での有利・不利が決まる制度を指す。膨大なESを効率よく振るいにかける手段として使われる。

IHIへの採用実績がある大学を見てみると、学校名を偏差値別で見てみると以下のような感じになっている。

内定者の出身大学
採用の有無 主な大学
採用例あり 旧帝大:東京大・京都大・北海道大・東北大・名古屋大・大阪大・九州大・東大工・一橋大・神戸大

早慶上智:早稲田大・慶應義塾大・上智大

MARCH:明治大・青学大・立教大・中央大・法政大

関関同立:関西大・関西学院大・同志社大・立命館大

上位ランクの国公立大:千葉大・横浜国立大・筑波大・東京都立大・埼玉大・大阪府立大・大阪市立大・京都工芸繊維大・名古屋市大・名古屋工大など

地方国公立(駅弁大学等)
少ない/皆無 上記以外の私立大学

※各大学の就職実績を参考にして作成。

>>就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

世間一般で「難関大学」に該当するところが多め。

中でも事務系は厳しい競争のため、難関大学出身者が多くなると予想。

国公立大なら旧帝大クラス、私立なら早慶上智クラス限定ということはないが、中堅私大以下だとハードルになるかもしれない。

おすすめ記事