インターンシップでも学歴フィルターがある!? 大手は大学名が重要

マイナビCMより

インターンシップでも学歴フィルターがあるかもしれない。本当にあるかないかは各会社によって大きく違ってくるものの、大手企業だと大学名で合否が決まることがある。

応募者が募集人数を超える企業だとそもそもインターンシップにも選考がある。面接を通して採用・不採用が決まる。これを「インターン選考」という。




ESの書類選考で学歴フィルター

面接の前には書類選考があるところも。志望動機や学生時代に頑張ったことなどを記載するエントリーシートを提出し、それをもとに合否が決まる。

このESによる書類選考の段階でインターンシップでも「学歴フィルター」の典型的なやり方が使われる。

インターンシップの選考と学歴フィルター

学歴フィルターの使われ方は次のようになる。

  • 偏差値が高い・ネームバリューがある大学:通過
  • 偏差値が低い・無名な大学:不採用

大手企業は早くもインターンシップの時点で倍率がかなり大きな数値になる。書類選考を行うにしても、採用人数に対して応募者が圧倒的に多いため、効率的な選考方法に困る。

そこで使うのが正規の新卒採用の時と同じ学歴フィルターになるというわけだ。




学歴フィルターの基準

ランク 主な大学
A+ 東大・京大
A 旧帝大クラス

早稲田・慶應・上智

B 上位国立大(千葉大・筑波大・横浜国大など)

MARCH、関関同立、東京理科大

C 地方国公立大学

日東駒専・産近甲龍

D その他

学歴フィルターの基準については、このような感じにランク分けされることが多いようだ。インターンシップのみならず、実際の新卒採用でもこのようになる。

参照:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

旧帝大、早慶上智なら完全にセーフ

A+とAランクの大学なら大抵の大手企業では学歴フィルターの基準を満たす。書類選考の段階で落とされたとしてから、その原因は大学名ではないはず。

旧帝大レベルに属する国立大学、早慶上智の最難関私立大学なら学歴フィルターの範囲に入る。

旧帝大レベルとは、具体的な大学名では、北海道大・東北大・東京大・名古屋大・京都大・大阪大・九州大と東工大・一橋大・神戸大を加えた学校が該当する。

MARCH・関関同立と上位国立はセーフ多数

Bランクからは超有名かつ人気企業となるとやや厳しくなってくるかもしれない。インターンシップであっても学歴フィルターから簡単に排除されてしまうことも考えられる。

しかし、ほとんどの会社ではBランクなら特に問題にはならない。大学名だけで不採用になる可能性は低い。インターン選考も例外ではない。

学歴フィルターが存在していても安心できるのはここまでといえる。就職先として人気が高い大手ではこの辺りボーダーラインとなってくる。

地方の国立大学でも「学歴フィルター」の基準をクリアするか!?

日東駒専・産近甲龍は微妙なラインに

Cランクとなるとやや厳しくなってくる。特に私立大学となると、学生数が多い割には大手企業へ就職する人の割合は少ない。

学歴フィルターのボーダーラインに到達していない可能性が考えられる。インターン選考も新卒採用も同じ傾向が見られる。

日東駒専は就職の「学歴フィルター」でOUT、それともセーフ!?

Dランクになると、学歴フィルターがあるとかなり厳しい状況になる。偏差値が低くて無名の学校となると、どうしても企業の採用担当者の印象が落ちやすい。

このような現状からインターン選考でもESでアウトになる確率が高い。

インターン選考も大学名がすべてではない

インターン選考での面接

ただし、自分が所属する大学の偏差値が高くて誰もが知っているようなところであっても、インターンシップに内定できるというわけではない。

あくまでも学歴フィルターは書類選考の段階で利用される選考手段にしか過ぎない。面接まで進むと今度は人物重視となる。

労働者として優秀な人材だと判断された人だけが実際に内定を獲得する。無能だとみられれば真っ先に不合格となる。

これはどの企業にも当てはまる共通点でもある。自分が企業側にとって有益であることをアピールする必要があり、それが認められた人こそが優秀な人物なのだ。

インターンシップという就労体験でもアルバイトのような簡易的な労働担い手の募集ではない。受け入れる企業側も気持ちは本気モードだろう。

おすすめ記事