日本航空(JAL)にも学歴フィルターあり!? 採用される大学とは?

誰もが知っている大手企業になると倍率が高い数値になることから、出身校で選考の振るいにかける「学歴フィルター」を取り入れている会社が多い。

東証一部上場企業だと、採用人数に対して応募者数が圧倒的に多くなる傾向から、学生が所属する大学の偏差値で合否を判断するケースが少なくない。

日本航空についてもこの例外とは言い難い。特に地上職の総合職になると文系・理系問わず学歴フィルターが用いられる可能性が高い。




どこの大学が採用されやすい?

日本航空も基本的に採用されやすい人の出身大学は他の有名企業とほぼ同じである。

<採用が多い大学>
国公立 旧帝大、上位国立大
私立 早慶上智、MARCH、関関同立

したがって、偏差値が高い難関大学の所属する学生が内定を獲得しやすいと判断できる。国公立大学・私立大学の区別はない。

国公立大学

国公立大学だと東大・京大のような最高学府はもちろんのこと、旧帝大レベルの学校なら特に区別はない。

同じ国公立という分類でも地方の中堅レベルの大学だとこれらの難関大学と比べると不利になる可能性は否定できない。

大都市圏にある国公立大学は日本航空のような大企業の採用が多い。首都圏で言うと、千葉大、筑波大、埼玉大、首都大学東京、横浜国立大学などがこれに当たる。

私立大学

私立大学では早稲田・慶應・上智などの最難関レベルと呼ばれる学校、MARCH、関関同立、東京理科大などからの採用が多い。

特に早稲田・慶應・上智の3大学を出身とする社員が多く見られる。国公立と同じく偏差値が高い有名大学が有利と判断できる。

MARCH、関関同立クラスよりも偏差値が低い大学になると一気に採用数が少ない。学生数が多い日東駒専・産近甲龍についても採用人数がゼロではないが、学生総数と比べると少ない。




面接では人物重視に

学歴フィルターがない面接

学歴フィルターが就職の世界で存在するとはいえ、これはエントリーシートによる書類選考の時点だけに過ぎない。

日本航空のような大量の応募者が集まる会社において効率良く振るいにかけるためのやむを得ずの手法でしかなく、学校名がすべてではない。

参照:JAL(日本航空)の新卒採用の倍率はいくつになる!? 就職は難しい?

面接からは人物重視で選考が行われる。新卒採用では、面接で問われる質問の内容は企業による違いはそれほどないものの、より優秀な人材を求めていることには変わりない。

有名な大学に所属する学生が書類で通過できたとしても、その先の面接では多くが不採用となって落とされる。

中堅レベルの学生でもエントリーシートによる書類選考を通過できて、面接で人物面で高い評価を受けた学生は内定が取れる。

旧帝大・早慶上智でもES落ちする

ESが通らない旧帝大、早慶上智

学歴フィルターで問題がまったくないはずの旧帝大や早慶上智レベルの大学に所属する学生でもエントリーシートで必ず通過できるわけではない。

ESの内容も問われる。筋道の通った内容でないと簡単に不採用となってしまう。

志望動機やこれまでに頑張ったこと、入社後に挑戦したいことの記載内容に問題があると、あっという間に不採用となる。

これは日本航空だけでなく他の企業にも当てはまることだが、特に倍率が高く手就職難易度が高い航空業界では重要度が増す。

おすすめ記事