日本政策金融公庫の採用倍率は30倍、就職難易度の目安も

日本政策公庫

日本政策金融公庫の新卒採用の倍率は総合職・地域総合職のどちらも約30倍くらいになると予想。就職難易度は政府系金融では比較的低いものの、金融機関の中では高い。

採用人数は毎年200〜300名。内訳は総合職が150~200人、地域総合職が30~60人。

応募者数が数千人には達するものの、採用人数も政府系金融では珍しくかなり多い。

ESの段階でもメガバンクの総合職並みの競争率になると思われる。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職 ★★★★ 30倍、やや難
地域総合職 ★★★★ 30倍、やや難

日本政策金融公庫の総合職・地域総合職の就職難易度はこのような形になる。

メガバンクである三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行とはほぼ同じ水準。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

総合職は50倍、難易度は「かなり難」

総合職

総合職の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍前後と推定。

勤務地は国内の本店及び支店または海外事務所。全国転勤があって海外への赴任もあり、将来的な幹部候補となる職種。

省庁や地方自治体などの公務員から民間の銀行などの金融業界を志望する学生が多くは応募。

大学生の間いでは、知名度こそはそれほど高くないものの、政府系金融という立ち位置から「公務員並みに安定している」とのことで大人気。

エントリーシートを提出したほとんどの応募者は第一志望とするだろう。内定辞退はほとんど考えられない。

採用人数が150~200人と多いとはいえ、倍率は30倍にはなると考えられる。就職難易度は「かなり難」。

内定を獲得するのは相当優秀な人材のみ。

>>日本政策金融公庫の平均年収は約800万円と推定、賞与は6ヶ月分ほど

地域総合職も約30倍、難易度は「やや難」

GPR職

地域総合職の就職難易度も「かなり難」。倍率は同じく約30倍程度と推定。

前述の総合職は全国および海外転勤がある一方、地域総合職は名前の通り、勤務地は完全にエリア限定という条件が付いている。転居を伴う異動はない。

募集要項では「集合研修終了後、10年間程度は本拠地勤務となり、その後はブロック内の本拠地以外の支店と本拠地内の支店とを交互に勤務することになります。」と記載。

旧来から女性社員の割合は大きいが、仕事内容そのものは総合職とほとんど同じ。

管理職への登用も、支店長級の役職未満であれば可能で、俗に言う「一般職」ではない。

ゆえに、就職難易度は「やや難」、倍率は約50倍と判断。

他社と比較して

日本政策金融公庫は、就職市場では日本政策金融公庫はメガバンクを上回る。

世間一般では「銀行=三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行…」と想像するかもしれない。

ただ、日本政策金融公庫は金融業界を目指している学生だけが応募するところではない。

特殊民間法人ということで、公務員や独立行政法人を目指している学生も多く応募。

政府系金融の中では容易だが

政府系金融

政府系金融またはそれに準ずる金融機関(特殊民間法人など)としては、他に以下が挙げられる。

  • 日本銀行
  • 国際協力銀行
  • 農林中央金庫
  • 商工組合中央金庫

商工中金だけは政府系金融機関の中では採用人数が毎年100~200名と多めだが、それ以外は50人未満。

日本政策金融公庫はこれらと比較すると最も採用人数が多い。ゆえに、就職難易度という点では最も容易と判断。

とはいえ、これはあくまでも政府系金融機関の中で比較した場合の話にほかならない。

民間企業や地方公務員と比較すれば遥かに難しい。

政府系金融を目指す学生はほぼ必ずと言っていいほど応募するのは確か。

民間の銀行と比較して

民間の銀行

「銀行」というと、代表に来るのは次のメガバンク3行ではないか。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

いずれも世間一般で誰もが知っているところ。当然ながら金融業界では就職難易度が高いところである。

とはいえ、日本政策金融公庫よりは遥かに低い。

まず、採用人数に大きな違いがある。メガバンク3行ではいずれも、総合職とエリア総合職・一般職と合計すると、新卒採用で毎年500名以上に到達。

さらに、安定していて仕事は比較的楽なイメージが持たれる公務員志望の学生は、民間の銀行はまず敬遠する。

公務員に近い日本政策金融公庫とは、就職を希望する学生の対象が異なる。

日本政策金融公庫が上記のようなメガバンクよりも入るのが難しいのは確実だろう。

おすすめ記事